2009年07月02日

●生野菜は「毒性の食べ物」である

 「野菜は身体に良い。野菜を食べないと病気になる」――これは常識
であると思っている人が多いと思います。確かに野菜は食物繊維が豊富
で大腸がんなどの予防によいと誰でも考えます。しかし、丁 宗鐡先生
によると、これは完全に間違った考え方であるというのです。
 丁 宗鐡先生は、その理由を次のように述べています。いわゆる「生
き物」は、本能的に種を残そうとします。それは動物だけでなく、植物
も同様なのです。したがって、植物は人間や動物に食べられてしまった
ら、種を後世に残していくことができなくなります。
 それではどうして植物は種を後世に残しているのでしょうか。
 人間や動物に食べられてしまったら、種を後世に残せなくなってしま
うので食べられないようにしようとします。その結果、毒を身につけて
食べられないようにしています。
 「人に飼われていた猿を野生に戻すと3日で死ぬ」――よくこのよう
に言われますが、なぜかわかるでしょうか。
 それは、飼われていた猿は毒草などを見分けることができないので、
訳もわからずお腹が空くと、毒草や毒の実を食べてしまうのです。その
結果、3日で死んでしまうのです。これに対して野生の猿は本能的にそ
ういう毒草や毒の実を食べないのです。
 昔の人はどうしたのでしょうか。昔の人は生野菜を食べるとき、身の
回りにいた牛や馬やヤギなどに野菜を食べさせて、動物がどういう食べ
方をするか観察をし、食べられる野菜とそうでない野菜を判断していた
のです。
 ひとつ例を上げると、野生に近い馬はほうれん草を食べないのです。
どうしてかというと、ほうれん草にはシュウ酸を多く含むので、無理に
食べると結石ができてしまうのです。それを見ていた昔の日本人はほう
れん草を食べなかったのです。
 現在では、ほうれん草はおひたしにしたり、和えたりして食べるのが
当たり前になっています。おひたしにするとか、和えたりするのは「毒
消し」をしているのです。もちろん煮たり、焼いたりすれば毒は抜けま
す。このように、丁 宗鐡先生は自分の身体の健康を考えるうえで、野
菜について次のことを理解すべきだとしています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
   食べられる植物というのはあくまでも例外的な存在である
――――――――――――――――――――――――――――――――
 人間の身体に100%よい植物は存在しないのです。野菜の中には、
アレルギーを引き起こすもの、体の消化器系を痛めてしまうものなど、
体にとっていろいろなものが入っているのです。

●野菜を安全に摂取するにはどうするか

 したがって、代謝が活発な若い世代は多少毒を含む野菜を摂っても大
丈夫ですが、消化液の分泌が少なくなっているお年寄りは、野菜を食べ
ることによって、体がだるくなったり、胃腸障害を引き起こしたりする
ことがあるのです。
 それでは、お年寄りや胃腸の弱い人は、どうやって野菜を摂ったらよ
いのでしょうか。
 丁 宗鐡先生によると、温野菜や漬物にするとよいそうです。野菜に
火を通して温野菜にすると、体に悪い影響を与える毒素の働きを弱める
ことができるからです。しかし、火を通すことによって、野菜の中に含
まれているビタミンは、30%に減ってしまいます。
 野菜のビタミンは硬いセルロースの膜で覆われているのですが、火を
通すことでその膜が壊されビタミンの70%が流出してしまうのです。
この硬い膜は、胃腸の強い人でないと消化できないので、お年寄りや胃
腸の弱い人には温野菜がお勧めなのです。
 それでは、野菜を漬物にするとなぜよいのでしょうか。
 「漬ける」ということは「発酵させる」と同意義です。野菜は発酵さ
せると繊維が分解されるのです。そうすることで、温野菜同様に栄養素
が吸収しやすくなるのです。しかし、日本式の漬物は少し塩分が高すぎ
るので、高血圧の人には勧められないのです。
 しかし、キムチはよいと丁 宗鐡先生はいいます。その理由について
次のように述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 キムチはまず最初に酵母菌で発酵させます。ここでセルロースが分解
されます。そして一度塩抜きをした後、今度はヤンミョというトウガラ
シなどを混ぜて再度漬け込むのです。キムチはこの二段発酵という手順
を踏んでつくられていますから、塩分も日本式の漬物の30%〜50%
ほどです。韓流ブームの波に乗り、最近ではインチキなキムチもたくさ
ん出回っているので一概には言えませんが、ちゃんとつくられたキムチ
ほど体にいい野菜はないのです。
                  丁 宗鐡著/講談社+α新書
      『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
――――――――――――――――――――――――――――――――
                    ―― [漢方医学/07]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

●世間常識とは真逆の丁 宗鐡先生の健康法

 「キーヘルス/健康情報」で現在取り上げている丁 宗鐡先生は最近
よくテレビで独特の健康論を展開しています。何しろ、丁先生の主張し
ていることは世間常識とはまるで逆です。しかし、丁先生のいっている
ことをよく聞くと、納得することが多いのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
        1.生野菜はもともと毒物である
        2.野菜ジュースは健康にわるい
        3.旬の山菜は身体を壊すこと大
        4.肉より野菜の方が太りやすい
        5.玄米食にはいろいろ問題あり
        6.納豆は賞味期限間近かを買え
        7.和牛よりも米国牛の方が安心
        8.冷やして飲む健康茶は逆効果
        9.冷たいヨーグルトは意味なし
――――――――――――――――――――――――――――――――
 この中で、既に1については前回取り上げていますが、ひとつずつ取
り上げてご紹介していきます。

●野菜ジュースや山菜は身体に良くない

 最近テレビで野菜ジュースのCMが多くなっています。いかにも健康
に良いように見えるので、かなり売れているようです。しかし、丁先生
は、これに疑問を唱えています。
 昔の野菜ジュースは、とても青臭く、鼻をつままなければ飲めないも
のが多かったのです。しかし、現在の野菜ジュースは、甘くておいしい
し、ラクに飲むことができます。
 丁先生にいわせると、野菜ジュースが飲み易くなったのは品質改良の
結果であり、品種改悪であるというのです。甘くしているというのは、
糖度を高くしているからであり、これは身体に良くないのです。遺伝子
組み換えで野菜はどんどん甘くなっているのです。それは本来あるべき
野菜の姿ではないのです。そんなものを長期間飲み続けたら、どうなる
かと丁先生はいっています。
 山菜は身体に良い――そう考えてワラビやゼンマイ、フキなどアクの
強い山菜を好んで食べている人が多いです。しかし、丁先生は、山菜に
はアクという毒があり、アク抜きをしないで食べると、確実に身体を壊
すといっています。
 そもそも山菜は食べるものがなかったから、食べられていたのです。
当時の農家は貧乏で、秋に収穫したものを春先には食べ尽くし、食べる
ものがなかったので、やむを得ず山菜を食べたのです。灰汁(あく)を
使ってアクを抜いて山菜を食べたのです。
 しかし、現在では、山菜をアク抜きをせず、そのまま天ぷらにして食
べたりしています。しかし、このような食べ方はとても危険です。ワラ
ビやゼンマイのアクの成分である「プタキロサイド」は膀胱がんやその
ほかの血液疾患につながるのです。タケノコのアクにも、このプタキロ
サイドは含まれています。
 したがって、山菜を食べるのなら、必ずアク抜きをして、しかも食べ
過ぎないことが肝要です。

●肉には太らない食べ方がある

 「肉を食べる太る」と思っている人は多いです。しかし、これも丁先
生によると違うというのです。丁先生は次のようにいっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「肉を食べると太るのでは?」とお思いの方も多いと思います。しか
 しそれは大きな誤解です。肉しか食べないトラやライオンは太ってい
 ません。逆に太っているのは植物しか食べない草食獣です。植物にも
 糖分があります。糖の分子が3つくつつくと中性脂肪になります。そ
 の中性脂肪が蓄積脂肪となり、草食獣を太らせるのです。肉を食べる
 と太るという誤解は、肉食中心の欧米人が太っているから言われ出し
 たのでしょう。      
  丁 宗鐡著『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
  /講談社+α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
 肉を多く食べる欧米人は胃腸が短くできています。肉の消化は雑穀や
野菜ほど手間を取らないため、腸が短くても大丈夫なのです。そのよう
な欧米人が肉を食べ過ぎたくらいで太るとは思えないのです。しかし、
日本人は逆に長い腸のために肉の栄養分をくまなく吸収してしまうとい
えます。
 牛肉や豚肉は、内蔵系、いわゆるホルモンと呼ばれる部分に豊富なビ
タミンが含まれています。野生のトラやライオンは、食料になる動物を
倒すと、内臓を食べていますが、そこが栄養豊富であることをよく知っ
ているのです。
 したがって、焼き肉屋さんに行ったとき、カルビやロースばかりを食
べるのではなく、ホルモンもしっかりと食べるべきです。何事もバラン
スというものが必要なのです。肉を食べる民族ほど動物の全体を食べる
ようにしているのに対し、肉をあまり食べない民族は肉の美味しいとこ
ろだけを食べている傾向が多いのです。 ―― [漢方医学/08]

                  
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

●玄米食には問題がある

 粗食は身体に良いということで、「粗食ブーム」が起こっています。
ここで大切なことは、粗食が良いのは若者や身体が元気な人、それに中
年を過ぎた肥満気味の人です。痩せていて、病気がちの人が粗食をする
ことは身体にとってマイナスなのです。
 有機米とか無農薬米というお米が出回っていますが、日本では完璧な
無農薬米はあり得ないのです。なぜなら、日本で使われている農薬はす
べて水溶性であるからです。自分の田んぼで農薬を使っていなくても、
上流の田んぼで使えば下流の田んぼに流れ込んでくるし、空中で農薬を
散布すればどこの田んぼにも農薬は混入してしまうからです。
 しかし、農薬は水溶性ですから、普通に精米したお米なら、お湯で3
回洗えば農薬の95%以上は取れるのです。ところが、玄米を研ぐと、
玄米には米の油が残っているので、油があると水が浸透しにくいため、
農薬が完全に落とせないのです。玄米を食べるうえで一番問題なのは、
この残留農薬なのです。丁 宗鐡先生は、健康に良い食事は玄米食など
ではなくて、次のようにアドバイスをしているのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
私のすすめる食事は普通の和食です。無理に気張って粗食にする必要
はありません。和食で火を通した料理を中心にする。塩分もできる限
り抑える。それだけで十分だと思います。食事というのは服と同じで
す。「あの人が着ててすごくよかったから」と言って、同じ服を買っ
てきてどうするんだという話なのです。食事に限らず健康法すべてに
言えることですが自分にあったものを選ぶ≠アとが大切です。それ
をみんな勘違いして、すぐに流行に飛びついてしまう。その結果、自
分にあわない服(自分にあっていない健康法)を選んで実践してしま
っているのです。           
丁 宗鐡著『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
/講談社+α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――

●納豆は賞味期限間近かが最適である

 「納豆は健康に良い」というのは常識化しています。豆はすべて健康
に良いと考えている人もいます。しかし、これは大きな間違いです。と
いうのは、次の2つの事実を知らないからです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
     1.豆というのは腸に負担をかける食材である
     2.腸にとって良くないのは豆の皮部分である
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1は、「豆というのは腸に負担をかける食材である」ということで
す。
 コーヒーを飲むと、便通が良くなるという人がいます。この現象は腸
がコーヒーによって刺激されて、異常運動を起こした結果なのです。コ
ーヒーのこの働きを利用して最近便秘にはコーヒー浣腸が行われること
が多いのです。
 第2は、「腸にとって良くないのは豆の皮部分である」ということで
す。
 豆には、免疫を乱すペクチンという物質が含まれています。ペクチン
は実よりも皮の部分に多く含まれています。そのため、皮の部分まで調
理してしまう加工食品は食べ過ぎないことが大切です。
 豆を使った加工食品の代表格は何といっても「豆腐」です。豆腐は火
を通し豆の皮を取ってから作られていますので安全な食品です。昔から
豆腐は、これを精進料理として食していた僧侶や、多く摂っていた地方に長寿者が多いことから、長寿食といわれてきました。近年に至り栄養学等の確立によって、極めて高い良質タンパク食品であることが科学的に立証され、栄養面ですぐれた食品といわれています。
 ところが、豆腐を作るさいに搾りかすとして残るおからは食物繊維や
ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、健康食品としてとても
人気があります。しかし、おからは皮の部分も一緒になっているので、
食べ過ぎないよう注意するべきです。加えて、最近では豆腐の製法に変
化が起きているのです。大豆を皮を含めてすべて使って、おからを出さ
ないで作る豆腐もあることを知っておくべきです。
 それでは、納豆はどうなのでしょうか。納豆について丁 宗鐡先生は、次のようにいっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
納豆も豆を聾しと食べる食品ですから、食べすぎは腸に負担をかける
ことになってしまいます。しかも最近の納豆は発酵が十分に進んでい
ません。発酵食品というのは発酵が進むほど腸での吸収もよくなりま
す。生産メーカーが賞味期限を早めに設定している昨今の納豆は、実
は賞味期限が切れた頃に食べるのが本当は体にいちばんよいのです。
私などはスーパーなどで賞味期限が迫り値引きになっている納豆を見
ると、迷わず買っています。納豆に限らず発酵食品は賞味期限が過ぎ
てから食べる。これが上手な食べ方なのです。
  丁 宗鐡著『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
/講談社+α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
                    ―― [漢方医学/09]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

●野生に近い環境で育った牛が安全である

 一般的には、「米国牛は危険である」と考える人が多いです。そのた
め、価格が高いことを承知で国産牛を買う人がいます。しかし、丁 宗
鐡先生はまったく逆の説を唱えています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 数年前にBSE(牛海綿状脳症)が社会問題となりましたが、私に言
 わせれば日本の牛などより野生に近い環境で育ったアメリカの牛のほ
 うがよっぽど安全です。BSEが怖いのなら牛肉を食べなければいい
 だけなのに、なんでそんなに騒ぎ立てるのか。余談になりますが、戦
 前の日本人より戦後の日本人、とくに男性が大型化したのは食品に含
 まれるホルモンや環境ホルモンの影響とも考えられているのです。
 ―丁 宗鐡著『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
 /講談社+α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
 丁 宗鐡先生は、霜降り肉のような肉には注意が肝心であるといいま
す。自然の霜降り肉ならいいのですが、人工的に霜降り肉にしているケ
ースがあるからです。霜降り肉にするには、高い栄養価のエサを与える
必要があり、さまざまな化学物質をエサに混入している可能性があるか
らです。
 諸説がありますが、霜降り肉を作るにはビタミンAを与えないことと
いう説があるのです。なぜかというと、ビタミンAは筋肉に脂肪が付く
のを抑える働きがあるからです。したがって、ビタミンAを与えないと
脂肪がついて霜降りになりやすいというわけです。しかし、ビタミンA
を与えないと牛は失明して最悪の場合死んでしまう恐れがあるのです。
このように自然の営みを狂わせることは良いことではないのです。それ
にビタミンAを減らすさじ加減も難しいのです。
 この考え方に立つと、要するに霜降り高級和牛というのは、正常な生
育を阻害された牛ということになります。運動不足で肥満体、ビタミン
A不足で病気一歩手前のあるいはすでに夜盲症にかかっているかもしれ
ない不健康な牛、それが霜降り肉であるという説もあるのです。

●冷たいお茶は代謝を下げるので要注意

 現在日本では「冷たいお茶」が流行っています。スーパーに行くと、
さまざまな種類の冷たいお茶が並んでいます。また、近頃はダイエット
で冷たいお茶を飲む人も多いようです。
 しかし、冷たいお茶を飲むことはダイエットにはなりませんし、それ
どころか身体に良くないのです。冷えたものを飲めば、当然のことなが
ら、体温が下がります。体温が下がるということは代謝が落ちることで
あり、ダイエットにはならないのです。
 ダイエットをしたのであれば、温かいものを飲んで、代謝を上げるこ
とが必要なのです。温かいお茶を飲んで、代謝が上がれば、じっとして
いても使われるエネルギーの量は増えていくのです。とくにお茶自体に
は身体を冷やす機能があり、温かくして飲むものと昔から決められてい
るのです。
 夏場でお茶を飲みすぎると結石ができるといわれていますが、冷たい
お茶を飲みすぎると本当に結石ができる恐れがあるのです。37度の体
温で通常なら溶けているものが冷たい飲み物を摂りすぎると結晶化し、
尿管結石となってしまうのです。お茶に限らず冷たい飲み物はなるべく
控えるべきです。

●ヨーグルトは温めて飲むべし

 ヨーグルトを定期的に摂取することはとても良いことです。なぜ、ヨ
ーグルトが身体に良いかというと、ヨーグルトの中に含まれるカルシウ
ムやタンパク質が高血圧を防ぎ、免疫力を高めるからです。
 しかし、これもお茶と同様に冷たくして飲んではダメなのです。ブル
ガリア人はヨーグルトを40度ぐらいに温めて飲んでいるのです。なぜ
かというと、温めて飲む方がヨーグルトに含まれる菌が活性化するから
です。
 しかし、日本人は、ヨーグルトを冷蔵庫に入れて冷やして飲んだり、
食べたりしていますが、その飲み方、食べ方は間違っているのです。丁
 宗鐡先生はその理由を次のように述べているのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 基本的に乳製品というのは、消化する際に胃腸にとても負担をかける
 食材です。ただでさえ負担のかかるものを冷やして飲んだら、さらに
 体に負担をかけることになってしまいます。ヨーグルトを飲むなら、
 最低でも室温まで戻してから飲むようにしてください。その際、電子
 レンジなどは間違っても使わないように。電子レンジでヨーグルトを
 温めたら菌が全部死んでしまいます。ヨーグルトは自然な状態で室温
 に戻してから飲む。これがヨーグルトを飲む上での基本条件です。
 ―丁 宗鐡著『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
 /講談社+α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
 丁 宗鐡先生のいっていることは世間の健康常識とはまるで逆です。
漢方医学の考え方はきちんとした理論に基づいており、理由がわかると
ナットクできることが多いといえます。  ―― [漢方医学/10]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

●エアコンをつけたり切ったりするとカビを撒き散らす

 ここ何年かにわたって、日本の夏は異常な暑さが続いています。まる
で亜熱帯そのもの、日によっては熱帯地域よりも日本の方が暑い日もあ
るようです。したがって、エアコンがないと夏は過ごせなくなっていま
す。
 温度が高い中で生活していると、どうしても活動性が落ちますし、健
康障害も引き起こします。熱中症にならないよう注意が必要です。その
ため、日本の夏にはエアコンは欠かせなくなっています。
 問題はエアコンの使い方なのです。人間の体温調節をつかさどる自律
神経は5℃以上の急激な気温変化に対処できないのです。エアコンを使
うと、温度の違う中と外を行き来し、それが繰り返されると、体温を下
げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスに異常をきたし、自
律神経失調症類似の症状になってしまうのです。
 エアコンの使い方でもうひとつ気をつけるべきことがあります。最近
はエコな時代ということで、エアコンをこまめに切ったり、つけたりす
る家庭が多いようですが、これはエアコンの使い方としては最悪なので
す。
 夏場にエアコンをつけたり、切ったりすると、ダクトの中に結露が生
じ、これがカビの発生源になるのです。カビはわずかな時間でもすぐ生
えるので、エアコンをつけたり、切ったりするたびにカビが室内に撒き
散らされてしまうのです。これではたちまち健康障害を起こすことにな
ります。
 そうかといって、エアコンをつけっぱなしにすると、それによる弊害
も大きいのです。とくに寝るときは注意が肝要です。丁 宗鐡先生は、
温度設定を高めにした弱いドライ状態でつけっぱなしにするのがよいと
して、夜寝るときの注意事項を次のように述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
気をつけてほしいのは夜寝ているとき。エアコンをつけたまま寝る場
合は、必ずパジャマを着て寝るようにしてください。それも長袖、長
ズボンの冬用のパジャマです。寝ている最中というのは人間の体はと
ても熟を発します。副交感神経が活発になり、毛穴も開くからです。
つまり夜寝ているときというのは体温も下がりやすいのです。男性の
中には上半身裸で寝る人などもいるようですが、そんな寝方は論外で
す。お年寄りやお腹の手術を受けた方、胃腸の弱い方などはさらに腹
巻をして寝るといいでしょう。
丁 宗鐡著『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
/講談社+α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――

●家の中にいても熱中症にかかるときがある

 熱中症についても述べておきましょう。熱中症は、外気においての高
温多湿などが原因となって起こる症状の総称です。熱中症には、その病
態によって、次の4つの種類があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
            1.熱失神
            2.熱疲労
            3.熱痙攣
            4.日射病
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1は「熱失神」です。
 「熱失神」は、直射日光の下での長時間行動や高温多湿の室内で起き
ることが多いのです。発汗による脱水と末端血管の拡張によって、体全
体の血液の循環量が減少した時に発生します。突然の意識消失が起きる
ことがあります。
 第2は「熱疲労」です。
 多量の発汗に水分・塩分の補給が追いつかず、脱水症状になったとき
に発生します。症状は様々で、直腸温は39℃程度まで上昇しますが、
皮膚は冷たく発汗が見られます。暑いときは家にいても水分は切らさな
いことです。
 第3は「熱痙攣」です。
 大量の発汗後に水分だけを補給して、塩分やミネラルが不足した場合
に発生します。症状としては、突然の不随意性有痛性麻痺と硬直が生じ
ます。体温は正常であることが多く、発汗が見られるときがあります。
 第4は「日射病」です。
 言葉としては一番怖そうではありませんが、実は一番怖いのはこの日
射病なのです。視床下部の温熱中枢まで障害されたときに、体温調節機
能が失われることにより生じる病気です。高度の意識障害が生じ、体温
が40℃以上まで上昇し、発汗は見られず、皮膚は乾燥しています。緊
急入院で速やかに冷却療法を行う必要があります。
 熱中症になったときは、霧吹きで水を浴びせて気化熱によって冷やす
とよいでしょう。そして、食塩水またはスポーツドリンクの経口投与を
行います。冷たい缶ジュースや氷枕などを腋の下、股などの動脈が集中
する部分にあてて冷やすと効果的です。
 自覚症状で熱中症を感ずることはまずありません。そのため、何とな
くおかしいと思ったらその時点で医師の診断を受けることが必要です。
体温調整ができなくなっている可能性があります。
―― [漢方医学/11]    

posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。