2009年08月06日

●朝食は摂るべきか否か

 漢方の立場から説く丁 宗鐡先生の健康法について、ご紹介してきていますが、ほぼ世間の常識とは逆の主張が多いようです。日本では「朝食を摂る」という行為は健康に欠かせないということがほぼ常識化していますが、これについては丁 宗鐡先生も同じ意見のようです。
 重要なポイントは、人間は、夜の就寝中は副交感神経、日中は交感神経が活発に働いているということです。朝食は副交感神経を交感神経に切り替えるために必要であるというのです。
 朝起きたばかりのときは、副交感神経が優位に働いています。つまり身体は半分寝ているのです。そういうときに朝食を摂り、副交感神経優位な状況を交感神経優位な状況に切り替えていくのですが、人によっては――とくに虚証の人は、午前中は調子が出ないという人がいます。そういう人はなるべく早い時間に朝食を摂り、仕事にかかるまでの時間を十分とることが必要です。
 これに真っ向から異を唱える医師もいるのです。それは、四谷メディカルサロン(東京・新宿)の風本真吾院長です。風本院長は、朝食にこだわるよりも夕食の方が重要であるとして、次のようにいっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 これだけ栄養の過剰摂取が問題になる時代では、朝食に執着するより
 も、体重管理のほうがはるかに重要。デスクワークが中心の人なら、
 朝食を抜くことはむしろ合理的な選択だ。一日3食をきちんと取って
 も、肥満のままでは生活習慣病にかかりやすい。本来なら、食後の活
 動量が最も少ない夕食の量を減らすのが理想だが、現実には夕食をお
 いしく食べることがストレス解消になっていたり、付き合いや接待で
 減らせない人が多い。それなら朝食を抜いて1日400−500キロ
 カロリー減らせばよい。これで一ヶ月に2、3キロ落とすことが可能
 になる。       ――オーガニックヘルシーレストランより
――――――――――――――――――――――――――――――――
 この他にも、『朝食有害説』(情報センター出版局)なる著書を上梓した渡辺医院(東京・中野)の院長の渡辺正氏がいます。渡辺正先生は「朝食抜きは体重管理だけでなく、実は人間の生理にもかなった行動である」という主張の持ち主であり、朝食を抜くことがむしろ健康につながるとして、次のように述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 朝は排せつに適した時間帯という。前日摂取した食べ物のカスを午前
 中に掃除しておくことが健康につながる。排せつ前に食事を取ると消
 化活動が本格化し、排せつが中途半端に終わってしまう。「朝は水か
 お茶を飲むのにとどめるべきである。       
            ――オーガニックヘルシーレストランより
――――――――――――――――――――――――――――――――

●朝食は脳活動に良い影響を与える

 一体どちらが正しいのでしょうか。
 朝食を重視する背景に、朝食を抜くと血糖値が低下して、脳にエネルギー源のぶどう糖が行き渡らなくなり思考能力や活動に影響が出るという考え方があるのです。1980年に自治医科大学の教授だった香川靖雄教授(現在は女子栄養大学副学長)たちが、「朝食抜きの学生ほど成績が悪かった」という論文を発表したのを受けて、“朝食信仰”が完全に定着したというのです。
 このように、脳の研究者の間では、朝食を重視する考えが根強いのです。大阪大学の中川八郎名誉教授は、「一定以上の血糖値を維持しないと脳がぶどう糖を摂取しにくい構造になっている」と指摘しています。食後の血糖値が上昇したときに、脳によるぶどう糖摂取が最も効率的になるというのです。
 実は、これについても反対意見はあるのです。浜松医科大学の甲田勝康医師は、朝食の有無が体に与える影響を検証するため、男女の学生8人を対象に生活条件を同一にして、朝食を抜いた時の血糖値などを比較したのです。そうすると、全員が朝食抜きでも低血糖状態にならなかったばかりか、昼食直前の血糖値は朝食を食べた時とほとんど差がなかったというのです。血中のぶどう糖がなくなっても、体脂肪からの合成などで賄っていると考えられます。
 このように、専門家の間で大きく意見が分かれるのが、朝食抜きが血糖値の推移を通じて脳などの活動にどう影響するかという点なのです。したがって、現状ではどちらに分があるとの結論は見いだしにくいのです。
 しかし、朝起きたら朝食を摂るというのは、日本に長くから伝わっている習慣です。朝食を食べなければ、お腹が空いてイライラするでしょうし、そういう状態では仕事に影響します。
 朝食の主な役割としては、次の3つが考えられます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
   @睡眠中に低下した体温を回復し、身体活動を活発にする
   A脳のエネルギーの糖質を補給し、知的活動を盛んにする
   Bホルモンや酵素の分泌を促して、生体のリズムを整える
――――――――――――――――――――――――――――――――
 学問的には、異説はいろいろありますが、長い間の習慣として朝食を摂るようにした方が無難であることは確かです。あなたはどちらを選びますか。                ―― [漢方医学/12]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

●胆嚢がオーバーワークにならないように

 油っこいものを食べると、胃の調子を崩す人やすぐ下痢をする人がい
ます。こういう状況が起きると、素人は胃や腸の具合が悪いのではと考
えます。しかし、多くの場合、それは違うのです。それは胆嚢の具合が
よくないのです。
 胆嚢は肝臓の下に張り付くようにある袋状の臓器です。形はちょうど
ナスのような形をしています。胆嚢は胆臓で作られた胆汁を蓄える働き
があります。油を分解して消化するには、この胆汁が必要なのです。胆
汁は特に脂肪分の消化を助ける働きがあり、胆嚢は必要に応じて収縮し
て、この胆汁の流れ道(総胆管)を通して十二指腸へ送り出し食物の消
化を助けるのです。
 胆嚢の働きが悪くなると、胆汁の分泌が少なくなり、油っこいものを
食べると胃がもたれたり、下痢をしたりするのです。冷たいものの摂り
過ぎや油っこいもの中心の食事は控えるべきです。
 既に述べているように人間には虚証の人と実証の人がいます。酸化し
た油を食べると、調子が悪くなるタイプには虚証の人が多いのです。実
証の人は油っこいものを好む人が多いのですが、実証の人でも油っこい
ものを食べ続けると胆嚢の働きが鈍って胃腸の調子を崩す人がいます。
 油っこいものを食べ過ぎると、胆嚢がオーバーワークになって、正常
に機能しなくなるのです。実証の人で胆嚢の働きが鈍るのは、中高年齢
になってからです。したがって、若い人で、油によって胃腸の調子の悪
くなる人は、ほとんどが虚証の人と考えてよいと思います。
 頻繁に便秘になったり、下痢をしたりする人は「過敏性腸症候群」の
可能性があります。「過敏性腸症候群」は、自律神経の変調が原因で起
こります。女性よりも男性に多い病気です。
 重要な会議ある、大切な商談がある、人前でスピーチをするなど緊張
する場面になると、下痢の症状を訴える人がいますが、これなどは過敏
性腸症候群であり、男性の虚証の人に多く見られます。
 漢方医学では、過敏性腸症候群を病気ではなく、体質としてとらえま
す。同じ薬を使う場合でも、病気として治そうするのではなく、コント
ロールするという考え方で対処します。そのため、胃腸の症状に対応す
るには漢方薬が適しているのです。
 最近の研究でわかったことですが、人間の小腸と大腸は免疫機能の中
心なのです。人間の身体の中にあるリンパ球などの免疫機能のうち、半
分以上は腸にあることがわかってきたのです。したがって、胃腸が強く
なるということは、健康の向上につながるのです。

●食物アレルギーは「脱感作」をして治す

 食物アレルギーのある人が多くなっています。食物アレルギーとは、
特定の食品を飲食することで体内に取り込まれ、アレルギー状態が発生
する免疫反応をいうのです。
 食品によっては、アナフィラキシーショックを発生して命にかかわる
こともあります。蕎麦アレルギーがとくに有名です。日本では食品衛生
法施行規則などにより特定原材料等として、表示の義務付けや推奨が規
定されています。
 それでは、食物アレルギーは何によって起こるのでしょうか。
 乳幼児から幼児期にかけては食物アレルギーの主要な原因として、鶏
卵と牛乳がその半数以上を占めます。青年期になるにつれて甲殻類が原
因の事例が増え、牛乳が減ります。成人期以降では、甲殻類、小麦、果
物、魚類といったものが主要なアレルギーの原因食品となっています。
 問題は、食物アレルギーがあるからといってそれを治療しない人が多
いことです。食物アレルギーになったら未来永劫治らないのではなく、
十分直すことができるからです。
 そのためには「脱感作(だつかんさ)」をする必要があります。「脱
感作」とは、過敏性の原因になる食べ物を少しずつ体内に取り入れなが
ら、体の反応――過敏性を減弱させていくことをいうのです。
 蕎麦アレルギーの場合はどうでしょうか。
 過敏性の強い人であると、蕎麦を含んだ食べ物を食べただけで体に発
疹が出てきます。そして大量に食べると全身が真っ赤になります。そう
であるからといって、脱感作をしないと、いつまで経っても体質は改善
しないのです。
 丁 宗鐡先生によると、蕎麦アレルギーの場合は、蕎麦を300度ぐ
らいの高温で揚げて食べるとよいそうです。高温で揚げることにより、
蕎麦のタンパク質は変性し、抗原性はほとんどなくなるのですが、わず
かに残った抗原性が体内に入って脱感作を進めていくのです。
 なお、蕎麦に限らず、ほとんどの食材は揚げることで、タンパク質は
変性するのです。もち米のグルテンでアレルギーを起こす人も、もち米
を焼きおにぎりのようにして食べれば大丈夫なのです。
 食物アレルギーの対処法として大切なことは、腸を丈夫にすることで
す。腸が丈夫の場合、アレルギーを起こすタンパク質が体内に入ってき
ても、それを消化吸収できれば別に問題はないのです。
 腸を強くするには、子供の頃からの規則的な食事の習慣が大事なので
す。そして極力間食を避けることです。食べる時に一挙に消化酵素が出
るようにしておくことが大切なのです。  ―― [漢方医学/13]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

●インフルエンザとは何か

 今年の冬は通常の冬とは違ってインフルエンザのハンデミック(大流
行)が心配です。最も危険な時期は11月〜12月と考えられます。2
009年8月15日には、国内で新型インフルエンザの患者がはじめて
死亡してしており、危険な兆候であるといえます。
 ところで、意外に知られていないのがインフルエンザの正体です。イ
ンフルエンザとは、一体何なのでしょうか。
 インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる急性感染症の一
種で、流行性感冒、略して流感ともいいます。2008年頃から「イン
フル」という略称が主にテレビ・新聞などのメディアによって使用され
始めています。発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪のような症状
があらわれます。急性脳症や二次感染により死亡することもあります。
 インフルエンザといえば、1918年から1919年にかけて発生し
たスペインかぜ(スペインインフルエンザ)の世界的な大流行です。感
染者数は6億人、死亡者数4000万〜5000万人にのぼり、第一次
世界大戦終結の遠因ともいわれています。さらに数年から数十年ごとに
新型のヒトインフルエンザの出現とその新型ウイルスのハンデミックが
起こっており、毒性の強い場合は多数の死者が出る可能性があります。
 インフルエンザに備えて予防接種を受けるべきかどうかが議論になり
ます。予防接種に使われるインフルエンザワクチンというのは、その年
に流行しそうな4種類のウイルスの抗原が入っているだけで、それ以外
のインフルエンザウイルスや新型インフルエンザにはまったく効き目は
ないのです。
 現在新インフルエンザに効くワクチンを早期に実用化するために、世
界中で研究が行われています。現在のところ新型インフルエンザの治療
には、抗インフルエンザ薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)が有効であると
考えられています。このため、国や一部の自治体では、新型ウイルスの
出現に備えて、抗インフルエンザ薬の備蓄を行っています。
 したがって、インフルエンザを防ぐためには、きわめて基本的な対策
しか現在ないのですが、その基本的な対策をきちんとやることがインフ
ルエンザを防ぐ一番確かな方法なのです。その予防法と、帰宅後うがい
や手洗いを徹底するマスクをつける、人混みを避けるなど、通常のイン
フルエンザと同じです。そして、インフルエンザにかかったと疑われる
場合は、すぐ医療機関にかかることが必要です。

●インフルエンザワクチンはけっして安全ではない

 丁 宗鐡先生によると、虚証の人はインフルエンザの予防接種はしな
い方が良いといわれます。人間の体内にウイルスなどの抗原が侵入して
くると、その被害を最小限に抑えるために抗体がつくられます。抗体が
増えることで抗原の増殖は抑えられ、やがて体内から抗原はなくなりま
す。
 予防接種をするということは、4種類の抗原が一気に体内に入ってく
ることを意味します。これに対して体の免疫力はその抗体づくりをはじ
めるのですが虚証の人は抗体をつくる能力が限られているのです。した
がって、虚証の人は予防接種をすることはかえって危険なのです。
 これに対して実証の人は、免疫力は強く、抗体もできやすいのです。
しかし予防接種をして注射したところが腫れたり、熱が出た経験を持つ
人は注意が必要です。こういう人の場合、病原菌の増殖を抑えるため、
抗体は抗原と結合することが多いのです。これを「抗原抗体反応」とい
うのですが、これによって全身にいろいろな異常が起きることがありま
す。
 抗原抗体反応によってつくられた抗原抗体複合物によって、腎臓病、
肝臓病皮膚病が誘発されることもあり、注意が肝要です。予防接種を受
けて熱が出たことがある人は2回タイプの予防接種は1回に止めるべき
であると丁 宗鐡先生はいっています。
 インフルエンザワクチンには次の2つの問題点があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
   1.ワクチンは鶏の卵に接種してつくられるということ
   2.ワクチンには、防腐剤が混入されているということ
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ワクチンの抗原は鶏の卵の中でウイルスを増やし、それを弱毒化して
つくられているのです。このプロセスにおいて、ごく稀に抗原に鶏のタ
ンパク質が少し残ることがあるのです。この抗原に残ったタンパク質が
アレルギーを引き起こすことがあるのです。日本でアレルギーが流行し
た原因はインフルエンザの予防接種であるという説もあるのです。 
 ワクチンにも多くの加工食品と同じように、ワクチンも傷まないよう
に防腐剤が使われています。防腐剤の種類はワクチンを製造する会社に
よって異なりますが、一番多く使われているのは水銀化合物なのです。
水銀も摂取するとこれもアレルギーの原因になりますし、水銀化合物は
臓器や脳にも影響があります。したがって、少なくともアレルギーのあ
る人は、インフルエンザの予防接種は控えるべきであると思います。ワ
クチンはけっして万能薬ではないということを知るべきです。
―― [漢方医学/14]  
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

●「血管」とは何か

 一般的に「沈黙の臓器」といえば肝臓のことです。これに対して「口
の固い臓器」といわれるものがあります。それが血管です。沈黙を破る
ときは、次の2つの事故が起きます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
           1.血管が詰まる
           2.血管が破れる
――――――――――――――――――――――――――――――――
 血管に事故が起きると、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血という、たちまち
命にかかわる事態に陥るのです。人間は「血管から老いる」といわれて
います。血管が老いることは「血管の老化」といわれますが、これにつ
いて知っておくべきことは、自分の身を守ることにつながるのです。
 「血管」とは何でしょうか。
 ごく簡単にいうと、血管とは血液の通り道です。ウィキペディアには
血管について、次のような解説があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 血管は、血液を身体の各所に送るための通路となる管。全身へ酸素や
 栄養分、老廃物、体温(恒温動物の場合)、水分を運ぶ。血管中の血
 液を規則的に送るための筋肉に富む構造がある場合、これを心臓とい
 う。血管中の血液の流れる方向は普通一定しており、血管には心臓か
 ら出る血液を送る動脈と心臓へ戻る血液を送る静脈がある。
                      ――ウィキペディア
――――――――――――――――――――――――――――――――

●「心臓」はどこにあるか

 ところで、あなたは心臓がどこにあるか正確にわかりますか。
 ほとんどの人は「心臓は左の胸にある」と思っています。これはけっ
して間違いではないのですが、正確とはいえないのです。それでは、本
当はどこにあるのでしょうか。
 心臓は胸の真ん中のやや左寄りのところになるのです。それはほとん
ど胸の真ん中といってよいと思います。救命処置として心臓マッサージ
をするときも胸の真ん中の胸骨の真上から強く下方に押すのが正しい方
法です。
 心臓の位置を正確に知る方法があります。誰でもできるので、ぜひや
ってみてください。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      @親指を中に入れ右手でこぶしをつくる
      Aその握りこぶしを真っ直ぐ前に伸ばす
      B肘を曲げて握りこぶしを胸に近付ける
――――――――――――――――――――――――――――――――
 これによって、いろいろなことがわかります。親指を中に入れた握り
こぶしがちょうど心臓の大きさになります。真っ直ぐ前に伸ばした握り
こぶしを肘を水平に折り曲げて胸に近付けると、こぶしはちょうど胸の
中央にきます。その位置に心臓があるのです。

●心臓の働きについて知る

 心臓はどのような仕事を行っていますか。
 この質問に対してはほとんどの人が次のように答えます。「心臓の仕
事は血液を送り出して、全身に酸素と栄養素を届けること」である、と
しかし、心臓の仕事はそれだけではないのです。心臓には次の2つの仕
事があるのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 1.心臓の仕事は血液を送り出して、体全身に酸素と栄養素を届ける
 2.心臓に戻ってきた血液を肺に送り出して肺で酸素の供給を受ける
――――――――――――――――――――――――――――――――
 心臓は血液を全身に送り出して酸素と栄養素を届けるのですが、もう
ひとつ心臓に戻ってきた血液を肺に送り出して酸素をもらう仕事がある
のです。
 さて、心臓には4つの部屋があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
       1.左心房     3.右心房
       2.左心室     4.右心室
――――――――――――――――――――――――――――――――
 心臓の2つの仕事のうち、全身に血液を送り出す仕事をしているのは
「左心室」であり、肺に血液を送り出しているのは「右心室」です。左
心室から送り出された血液は、大動脈に入り、だんだん枝分かれして細
い血管を通り、毛細血管にいたり、全身を巡ります。細胞は届いた酸素
と栄養素により、細胞活動を行い、出たゴミ(一酸化炭素と老廃物)は
静脈を経て回収されるのです。
 静脈は心臓に戻る途中、腎臓で老廃物の一部である尿素窒素やクレア
チニンを濾してきれいな状態になり、肝臓でさらに解毒され、右心房に
戻ってくるのです。そして右心室から肺に送り出されます。そして、肺
で酸素をもらうと、左心房に戻ってくるのです。そして、戻ってきた血
液は、左心室から全身に送り出されるのです。――[血管の話/01]
               
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 血管の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。