2009年09月03日

●2つの循環――「体循環」と「肺循環」

 心臓の働きを整理しておきましょう。
 心臓が一回ギュッと縮むと左心室から全身に血液が送り出され、それ
と同時に全身をめぐって右心房に戻ってきている血液が右心室から肺に
送り出されるのです。心臓が縮むごとにこの2つのことが同時に行われ
るのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
  左心室 → 全身を循環する → 右心房 ・・・ 体循環
  右心室 → 肺で酸素を補給 → 左心房 ・・・ 肺循環
――――――――――――――――――――――――――――――――
 左心室から全身に送り出された血液は全身をめぐって右心房に戻って
くるのですが、この循環を「体循環」と呼んでいます。そして、右心室
から肺に送り出される血液は肺で酸素を補給されると左心房に戻ってき
ますが、これを「肺循環」と呼ぶのです。
 つまり、心臓が一回ギュッと縮むごとに血液は2つの複雑な循環――
体循環と肺循環――を行うのですが、これがスムーズに行われるのは、
心臓に「弁」がついているからです。心臓には左側と右側に2つずつ、
合計4つの弁がついていますが、この4つの弁が血液の流れをコントロ
ールしているのです。

●「冠動脈」とは何か

 心臓は血液を送り出すポンプの役割をしています。身体のすみずみま
で、血液に乗せて酸素や栄養を運ぶポンプの役割ですが、肝心の心臓自
体の酸素や栄養はどのようにして供給されているのでしょうか。
 心臓への酸素や栄養の補給は、心臓の外側――つまり、心臓の表面を
走る3本の血管によって行われているのです。この血管は、冠をかぶせ
たようなかたちをしているので、「冠状動脈」という名前がついていま
す。
 この冠状動脈がどういうかたちをしているのかを理解するために、東
京医科大学の高沢謙二先生は、講演のさい、両手の握りこぶしを使って
次のように説明しています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 右手で親指を中に入れて握りこぶしをつくります。これが心臓の大き
さとほぼ同じです。今度は左手で、親指、人差し指、中指を3本の血
管に見立てます。薬指と小指は折り曲げておくとわかりやすいでしょ
う。その左手の3本の指を右手の握りこぶしでつくった心臓にかぶせ
るようにおきます。親指はこぶしのくぼみに、人差し指はこぶしの指
の付け根の線に並ぶように、中指はこぶしの指の2番目の関節が並ぶ
線にあたるようにすると、より実際の血管の形に似るでしょう。
     ――高沢謙二著、『「若返り血管」をつくる生き方』より
                  講談社+α新書258−2B
――――――――――――――――――――――――――――――――

●心筋梗塞は血管が原因で起こる

 心筋梗塞という病気は心臓の病気であることは誰でも知っています。
これはけっして間違いではありませんが、心臓そのものが悪いので、心
筋梗塞が起こるわけではないのです。心筋梗塞が起こる原因は血管に問
題があるからです。
 高沢謙二先生が患者さんに心筋梗塞について説明するときは次のよう
にいうそうです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 心筋梗塞は心臓が悪いから起こるのではありません。心臓に酸素と栄
養を送る血管が原因で起こるのです。そして、脳卒中は脳に酸素と栄
養を送る血管が原因で起こるのです。けっして頭が悪いから起こるの
ではありません。
     ――高沢謙二著、『「若返り血管」をつくる生き方』より
                  講談社+α新書258−2B
――――――――――――――――――――――――――――――――
 心臓には4つの弁がありそれぞれが重要な働きをしているのですが、
心臓のほかに弁が大切な働きをしているところがあります。それはどこ
だかわかるでしょうか。
 それは「静脈」なのです。心臓の働きによって身体のすみずみまで届
けられた血液をもとに細胞は活動を行いますが、そうした細胞の活動で
出たゴミを回収して心臓に戻す帰り道が静脈なのです。
 心臓より下に位置する足からも血液(静脈血)が心臓に戻ってくるこ
とができるのは、実は弁の働きのおかげなのです。足の静脈にはカタカ
ナの「ハ」の形をしたたくさんの弁がついていて、血液を逆流させない
ようにしているのです。「ハ」の形をした弁は、心臓の方へ通過した静
脈血が下に戻りにくい構造になっているのです。
 足を使うこと――つまり、歩くことは心臓に良いといわれますが、足
を使うと足の筋肉がよく収縮するからです。足の筋肉が収縮すると、足
の静脈にある弁も一緒に収縮するので、弁の下から上へと血液がよく通
り、心臓に戻る働きが活発になるのです。このような足から血液が心臓
に戻りやすくする運動のことを「ミルキングアクション」といいます。
―― [血管の話/02]
 
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 血管の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。