2009年10月01日

●脈圧の推移は重要な指標になる

 「脈圧」とは何でしょうか。
 脈圧とは心臓が血液を送り出すときに生まれます。送り出す血液の量
が増えると大きくなりますが、脈圧が大きくなる原因は、太い血管の老
化なのです。
 脈圧はどのようにして求めるのでしょうか。脈圧の計算は次のように
きわめて簡単です。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      「上の血圧」 − 「下の血圧」 = 脈圧
      150 − 85 = 65 ← 脈圧
――――――――――――――――――――――――――――――――
 一般論として次のことを知っておくべきです。年をとると共に「平均
血圧」は上昇し、「脈圧」はどんどん大きくなっていきます。具体的な
例を示すと、「上の血圧」、「下の血圧」、「脈圧」の関係は、次のよ
うになるケースが多いのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
         上の血圧  下の血圧  脈 圧
          150   100   50
          160    90   70
          180    80  100
――――――――――――――――――――――――――――――――
 このケースで注目すべきことは、上の血圧は上がっているのに、下の
血圧は下がっていることです。今までの常識では上の血圧は上がっても
下の血圧が下がれば高血圧が改善されていると考えたのです。
 高沢謙二先生は、これは間違った解釈であるとして、次のように述べ
ているのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「下の血圧」が下がっていくように見えるのは、「平均血圧」も「脈
 圧」も上昇した状態で、大きくなった「脈圧」で「下の血圧」が下の
 位置におかれた状態なのです。つまり「血管が詰まる・破れる」危険
 性が一段と増した状態と読み取るのが正しい理解のしかたなのです。
 先ほどの解釈とは百八十度逆のこと、危険が差し迫っていることを示
 しているというわけです。
     ――高沢謙二著、『「若返り血管」をつくる生き方』より
                  講談社+α新書258−2B
――――――――――――――――――――――――――――――――
 下の血圧は上の血圧の状況を見て判断すべきなのです。例えば、下の
血圧が70のとき、上の血圧が140の場合と180の場合では判断が
大きく異なるのです。それは脈圧を見て判断すべきです。上の血圧が1
40は正常範囲よりも少し高めではありますが、脈圧は70と低いのに
対し、上の血圧が180のときは脈圧は110であり、非常に高いから
です。何はともあれ、上の血圧を下げることが大事なのです。

●「善玉血圧」と「悪玉血圧」から測定するAI値

 少し難しい説明になるかも知れませんが、血圧には2つの種類があり
ます。そのひとつは、心臓が血液を左心室から大動脈の入口に送り出す
ときの血圧と全身の血管からの反発を反映した血圧です。
 前者は、全身に血液を送り届けるための血圧ですから、必要不可欠な
ものといえますが、後者の血圧は全身の血管の老化が原因で起こるので
す。高沢先生は、前者を「善玉血圧」、後者を「悪玉血圧」と名付けて
います。
 この善玉血圧と悪玉血圧から「AI/エー・アイ」という指標が計算
できるのです。「AI」の「A」は、過剰なとか余分なということを表
す言葉の頭文字であり、「I」は指標という意味です。「AI」につい
て、少し専門的な説明を次に示します。
――――――――――――――――――――――――――――――――
  現在、「血管の状態」は、脈波を測ることで把握することができま
 す。「脈波」を測る主な指標には心臓の収縮とともに発生する「駆出
 波」と、駆出波が末梢血管や動脈の分岐部で反射することにより発生
 する「反射波」の比率で求めた「AI」値と、腕から足首までなど、
 2つの部位間での脈波の伝播速度である
「PWV(Pulse Wave Velocity)」があります。しかし、脈波の重要性
  にもかかわらず、既存の脈波計測機器ではその計測方法が難しく、
 なかなか普及しませんでした。
       http://www.omron.co.jp/press/2005/09/h0901.html
――――――――――――――――――――――――――――――――
 具体的なAIの計測装置としては、オムロン血圧脈波検査装置AI
『HEM-9000AI』というマシンがあるのです。測定方法は、左手首を手首
台に置き、橈骨動脈上に脈波センサユニットを手首に装着し、本体のス
タートボタンを押すだけです。計測時間は約1分で、同時に右手で血圧
測定も可能です。AI値の計測と同時に心拍数75に換算したAI値脈
波波形、脈拍、血圧値、血圧測定時の脈拍数、反射波の最高血圧値、駆出波の最高血圧値を計測でき、その結果は本体表示画面に表示され印刷することができるそうです。血管の状態把握はこのように重要になってきているのです。        ―― [血管の話/06]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 血管の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

●「AI」値を改善する7つの実施事項

 「AI」値が高くなるということは、血管の老化が進んで、悪玉血圧
の値が高くなっていることを示しています。この「AI」値が改善する
と、「若返り血管」がつくられていることを示しています。
 「AI」値を改善すること――すなわち、若返り血管をつくるには、
次の7つのことを心がける必要があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
         1.肥満を避けスリムになろう
         2.塩分を取り過ぎないように
         3.食事のリズムは規則正しく
         4.十分睡眠をとるようにする
         5.毎日運動する習慣をつける
         6.ストレスは発散させること
         7.禁煙――タバコはやめよう
――――――――――――――――――――――――――――――――

●高血糖をそのままにしておくとどうなるか

 糖尿病とはどういう病気でしょうか。
 ごく簡単にいうと、糖尿病とは食べ物から得た糖分が利用されずに余
ってしまい、血液中にあふれ出す病気です。いったい何が原因でそうい
う状態になるのでしょうか。
 食べ物から摂取した糖分を分解してエネルギーに変換するのは膵臓に
分泌されるインスリンというホルモンです。このインスリンの量が少な
かったり、量は足りてもインスリンの効きがよくないときは糖分が余っ
てしまい、その糖分が血液中にあふれ出してくるのです。
 この余った糖分――ブドウ糖がどのくらい血液の中にあふれているか
を示す値が「血糖値」です。血糖値の正常範囲は、空腹時の採血検査で
110mg/dl未満とされています。
 血液の中のブドウ糖が多くなった状態を「高血糖」というのですが、
高血糖のまま放っておくとどうなるのでしょうか。
 高血糖の状態が続くと、血管が傷められて、血管の老化が進行するの
です。とくに細い血管ほど傷められる度合いが高いのです。その結果、
血管が詰まったり、破れたりする危険性があります。
 高沢謙二先生は、高血糖の状態を次のようにわかりやすく説明してい
るのでご紹介しておきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 高血糖の状態をイメージしてみますと、血管の中を砂糖が溶け込んだ
 状態のベトベトの血液が流れていることにたとえられるでしょう。赤
 血球も硬く変化して細い血管を通り抜けることができなくなってきま
 す。赤血球には変形能という特技があり、毛細血管の中を通り抜ける
 ことができるのは変形能のおかげなのですが、その能力が衰えるので
 酸素が体のすみずみの細胞まで届きにくくなります。
      ――高沢謙二著、『「若返り血管」をつくる生き方』より
                   講談社+α新書258−2B
――――――――――――――――――――――――――――――――

●血液の中の4つの脂質

 血液の中には、次の4種類の脂質があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
         1.コレステロール
         2.中性脂肪/トリグリセライド
         3.リン脂質
         4.遊離脂肪酸
――――――――――――――――――――――――――――――――
 この4つの脂質の中で、コレステロールと中性脂肪は「水と油」とい
う言葉があるように、水分が90%の血液の中にはそのままのかたちで
は存在することができないのです。
 そこで、コレステロールや中性脂肪をタンパク質と水と相性の良いリ
ン脂質や遊離脂肪酸が取り囲み、饅頭のようなものを作り出します。ち
ょうど、饅頭のアンコの部分がコレステロールや中性脂肪ということに
なります。
 アンコの部分が大きくなると饅頭は大きくなって比重は低くなり、ア
ンコの部分が小さくなると、饅頭は小さくなり、比重は高くなります。
この饅頭に付けられた名前が「リポたんぱく」なのです。
 「リポたんぱく」には、次の2つの種類があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      1.低比重リポたんぱく ・・・ LDL
      2.高比重リポたんぱく ・・・ HDL
――――――――――――――――――――――――――――――――
LDLとHDLについては次回にお話しします。―[血管の話/07]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 血管の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

●「血清脂質」は血液のドロドロ度をあらわす

 前回説明した2種類の「リポたんぱく」を再現して説明を続けます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      1.低比重リポたんぱく ・・・ LDL
      2.高比重リポたんぱく ・・・ HDL
――――――――――――――――――――――――――――――――
 LDLは、動脈の壁にコレステロールや中性脂肪を運び込む性質があ
り、この状態が進行すると、血管の老化を促進します。そのため、LD
Lのことを「悪玉コレステロール」と呼んでいます。
 これに対してHDLは、動脈の壁からコレステロールや中性脂肪を運
び出す性質を持っています。これは血管にとって良いことであるので、
HDLのことを「善玉コレステロール」と呼ぶのです。
 血液中の脂肪を調べる検査があります。その検査では「血清脂質」と
いうものを調べるのです。「血清脂質」とは次の4つです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
          1.総コレステロール
          2.LDL
          3.HDL
          4.中性脂肪
――――――――――――――――――――――――――――――――
 これら4つのいずれが高くても血液のドロドロ度は高くなります。上
記の「血清脂質」に異常がある人は血管の老化が進行しているので、改
善をすることが必要になります。また、血液中の血漿成分と血球成分の
割合を示すものを「ヘマトクリット値」といいますが、この数値が高く
なると、ドロドロ血に傾いているといえるのです。
 しかし、ドロドロ状態というと血液が水あめのような状態になること
を想像してしまいそうですが、けっしてそういうことではないのです。
数値的に見ればごくわずかの変化なのです。
 血液の密度は水とほとんど変わらない1.05 ですが、密度が濃くな
るといっても、1.052 とか1.053 といった程度の微細な変化に
過ぎないのです。実際に見た目がドロドロしているわけではないのです。

●一週間禁煙しても血管は若返る

 喫煙と血管の老化には深い関係があります。タバコを1本吸うと、血
管の収縮した状態が30分続くそうです。タバコを吸ったときの「加速
度脈波」の波形は「尻下がり型」になることがわかっています。これは、
血管の老化が進行したときの波形と同じなのです。
 1回の喫煙で「尻下がり型」の波形が30分も続くので、喫煙本数の
多い人は、自分で血管の老化を促進しているようなものです。血管を老
化させたくないならば、喫煙はやめるべきです。
 タバコには多くの有害物質を含んでいます。体の中ではこの有害物質
を排除しようとして、活性酸素が多くつくられるのです。その一環とし
てLDL――悪玉コレステロールは酸化悪玉コレステロールに変身し、
血管の老化のスピードを上げる働きをするのです。
 あなたはそれでも喫煙を続けますか。最近医療機関には「禁煙外来」
というもができてきています。禁煙に役立つ「ニコチンパッチ」という
貼り薬が健康保険の適用になっています。ニコチンパッチは、血液中の
ニコチン濃度を一定程度保つことで、タバコを吸いたくなるニコチン依
存を断ち切ることができるとされています。
 「ニッケイBP」の健康記事に「喫煙と血管/わずか一週間の禁煙で
も血管はよくなる」という記事があるので、ご紹介しましょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 習慣的な喫煙は、血管にさまざまな問題を引き起こすことが知られて
 いる。その中心となるのが、たばこに含まれる「ニコチン」と「一酸
 化炭素」である。ニコチンには血管を収縮させたり、血中のコレステ
 ロールを増やしたり血小板の粘着性を高めるといった作用がある。一
 酸化炭素は、全身に酸素を運ぶのに重要な役割を果たす血液中の「ヘ
 モグロビン」と結合してその働きを抑えたり、血管の壁を傷つける作
 用がある。このため喫煙を続けると、血管の壁が厚く硬くなり、血液
 も固まりやすくなって血管が詰まりやすい「動脈硬化」と呼ばれる状
 態になる。しかし、たばこを吸うのをやめればこうした危険性を軽減
 できることは以前から知られている。最近では、2004年に報告さ
 れた英国の男性医師の約3万5000人を対象にした大規模な追跡研
 究の最終結果により、75歳で禁煙しても禁煙しない場合に比べて、
 85歳まで生きられる確率が高くなることが明らかにされた。とはい
 え「今から禁煙したって、病気になる危険性がすぐに減るわけでもあ
 るまい」と投げやりな気持ちの人も少なくないのではないだろうか。
 だが、安心してほしい。わずか1週間の禁煙でも、血管の機能は驚く
 ほど回復するという研究データが最近発表されたばかりだからだ。
 http://www.nikkeibp.co.jp/archives/398/398232.html
―――――――――――――――――――――――[血管の話/08]

posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 血管の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

●「加速度脈波」というものがある

 復習です。心臓から送り出された血液は、大動脈から「太い血管」を
経て、体のすみずみまで届けられます。このとき、ドックンドックンと
心臓は拍動しますが、このリズムは「脈波」と呼ばれます。
 脈波は、手首、首の頸動脈、上腕部の動脈などで指先でとらえること
ができます。このように指先でとらえた脈波のことを「指尖(しせん)
脈波」というのですが、この指尖脈波を記録できる計器があるのです。
それが「加速度脈波計」という計器です。
 どのような仕組みで指尖脈波をとらえるのでしょうか。高沢謙二先生
の説明を読んでください。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 血液の中にはいろいろな成分が流れていますが、そのひとつに酸素を
運ぶ赤血球があります。赤血球は酸素をヘモグロビンの形で運んでい
ます。私たちの血液が赤いのは、ヘモグロビンが赤い色をしているか
らです。さて、血液に光を当てると、ヘモグロビンの量が多いほど、
吸収される光の量が多くなります。拍動と血管の状態で刻々変化する
ヘモグロビンの量を、吸収される光の量の変化として波形で措くこと
を可能にしたのが「光電脈波計」という機器でした。「光電脈波計」
の登場で「脈波」を記録することが可能になったのです。
――高沢謙二著、『「若返り血管」をつくる生き方』より
講談社+α新書258−2B
――――――――――――――――――――――――――――――――
 このようにしてとらえた脈波を数学的に処理して見やすく改良を施し
たものが「加速度脈波」というのです。加速度脈波には次の5つの波が
あるのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      a波 ・・・ 脈波の立ち上がりでできる波
      b波 ・・・ 深いほど血管に柔軟性がある
      c波 ・・・ 深くなると血管の老化が進む
      d波 ・・・ 全身の血管の反発力あらわす
      e波 ・・・ 加齢により波が下がってくる
――――――――――――――――――――――――――――――――
 これら5波の波形を観察することにより、加齢の進行による変化が見
られるのです。そこで、高沢先生は、加速度脈波の波形を数値化し、世
界に先駆けて「加速度脈波加齢指数」というものを考案したのです。横
軸に年齢をとり、縦軸に加速度脈波加齢指数をとってグラフを書くと、
加齢の進行によって数値が右肩上がりになるのです。(添付ファイル参
照――詳細は高沢謙二著『「若返り血管」をつくる生き方』を参照)
 自分の加速度脈波の数値がグラフ上のどの位置にあるかを読み取るこ
とにより、自分の血管年齢を知ることができるのです。
 高沢謙二先生が考案の基礎データになったのは、東京医大の健診セン
ターを受診された20〜70代の男性・女性それぞれ50人、合計60
0人の人たちの指先で測った加速度脈波を記録して、加齢によって波形
がどのように変化するかを観察したデータです。

●自分の血管年齢をどのようにして知るか

 血管は年をとるにつれて基本的には老化します。しかし、年齢が若い
からといって、必ずしも血管年齢が実年齢に近いとは限らないのです。
実際の年齢よりも老けている人はたくさんいるのです。血管年齢が実年
齢よりも30歳以上老けている人は少なくないのです。
 血管年齢が数値でわかると、いろいろな診断ができます。血管の年齢
を実際の年齢にプラスすることによって、次のようにおおまかな診断を
下すことができます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
   血管年齢 ・・・・・ 実年齢プラス   10歳以内
      ――→ 年齢相応の血管の状態
   血管年齢 ・・・・・ 実年齢プラス11〜19歳以内
      ――→ 生活習慣病が疑われる
   血管年齢 ・・・・・ 実年齢プラス   20歳以上
      ――→ 生活習慣病化している
――――――――――――――――――――――――――――――――
 血管の老化とは、血管が硬く、厚く、そして血液を通す内腔が狭く変
化することをいうのです。したがって、血管が老化すると、血液の通り
が悪くなるのです。その通りが悪くなった血管に多くの血液を通すには
高い血圧で押し出すことになるので、血管自体や心臓、脳などの臓器に
大きな負担がかかることになるのです。
 それでは自分の血管年齢をどうして知るのでしょうか。
 血管年齢の測定は医療機関で受けることは可能です。現在では、血管
年齢を測定する機器が普及してきているからです。
 しかし、実際に血管年齢を測定してもらえるかどうかを事前に医療機
関に電話で問い合わせることをお勧めします。
―――――――――――――――――――――― [血管の話/09]

加齢とともに上昇する加速度脈波指数.jpg
加齢とともに上昇する加速度脈波指数
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 血管の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

●血管年齢判定チェックリスト

 血管年齢の正確な測定は医療機関でないとできませんが、大体の年齢
を知るには、次の12のチェックリストで十分です。これは高沢謙二先
生の作成されたものです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
  □階段を上がると胸が圧迫されたような感じがする
  □インスタント食品や脂っこい食べ物が好きでよく食べる
  □電話が鳴ったら、すぐとらないと気がすまない
  □責任感が強く、仕事で手を抜くことができない
  □いつも時間に追われている感じがする
  □ー日の喫煙本数×喫煙年数が400以上である
  □血圧が高い
  □運動らしい運動をしていない
  □最近、物忘れが激しい
  □手足が冷たく、しびれた感じがする
  □コレステロール値、あるいは血糖値が高い
  □親・兄弟に心筋梗塞や脳卒中で倒れた人がいる
      ――高沢謙二著、『「若返り血管」をつくる生き方』より
                   講談社+α新書258−2B
――――――――――――――――――――――――――――――――
 判定はチェックの入った数を基準として、次のように判定します。チ
ェックの数が8以上のときは医療機関での血管年齢測定をお勧めします。
――――――――――――――――――――――――――――――――
    0〜 4 ・・・・・ 実際の年齢と同じ
    5〜 8 ・・・・・ 実際の年齢 + 10
    9〜12 ・・・・・ 実際の年齢 + 20以上
――――――――――――――――――――――――――――――――

●4ポイント/3倍の法則

 「血管が詰まる・破れる」危険性を判断するための重要ポイントは次
の4つがあります。それぞれに該当すると、健康な人の3倍の危険度が
あります。それらを複合して持っていると、危険度は急増します。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      1.高血圧  ・・・・・ 健康な人の3倍
      2.高脂血症 ・・・・・ 健康な人の3倍
      3.糖尿病  ・・・・・ 健康な人の3倍
      4.喫煙   ・・・・・ 健康な人の3倍
――――――――――――――――――――――――――――――――
 例えば、高血圧と高脂血症の両方を持っていると、「3×3」で9倍
になります。これに加えて、喫煙をしていると「3×3×3」で危険度
は27倍ということになります。
 倍率が高いということは改善される率も高いということになります。
例えば、高血圧と高脂血症を持っていてタバコも吸っている人がいたと
します。このケースの危険度は27倍ですが、タバコをやめるだけで、
その危険度は9倍に減少することになります。
 このケースの人の場合、きちんと医療機関に通い、血圧降下剤を処方
してもらい、血圧が正常範囲にコントロールできた場合は、危険度は一
挙に3倍まで減少します。そのままに放置しておくのが一番いけないの
です。

●血管の若返りに貢献するちょっとした運動の提案

 「血管が詰まる・破れる」危険性を防ぐ誰でもできることが簡単な運
動をすることです。高沢謙二先生によると、運動を含めて次の5つのこ
とを実行すれば、血管の若返りに貢献するということです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
         1.早足歩きを週2回実施する
         2.食事は「腹八分目」を守る
         3.睡眠は意識して十分にとる
         4.何が何でも喫煙を実行する
         5.ストレスを貯めないように
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「早足歩き」は一回につき20分、週に2回は実施することが必要で
す。会社への行き帰りには一駅歩きを実行するのもよいでしよう。一駅
歩くと、ちょうど20分程度はかかるものです。
 よく歩くことはふくらはぎの運動を行うことになります。ふくらはぎ
は「第2の心臓」といわれるように血管の老化の鍵を握る重要な場所な
のです。ふくらはぎが硬くなる「ふくらはぎ硬化」は、動脈硬化のサイ
ンであり、早急な予防と改善が何よりも必要なのです。そのためには意
識してひたすら歩くことが必要です。人間は歩けなくなったら終わりな
のです。                ―― [血管の話/10]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 血管の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。