2009年10月15日

●「血清脂質」は血液のドロドロ度をあらわす

 前回説明した2種類の「リポたんぱく」を再現して説明を続けます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      1.低比重リポたんぱく ・・・ LDL
      2.高比重リポたんぱく ・・・ HDL
――――――――――――――――――――――――――――――――
 LDLは、動脈の壁にコレステロールや中性脂肪を運び込む性質があ
り、この状態が進行すると、血管の老化を促進します。そのため、LD
Lのことを「悪玉コレステロール」と呼んでいます。
 これに対してHDLは、動脈の壁からコレステロールや中性脂肪を運
び出す性質を持っています。これは血管にとって良いことであるので、
HDLのことを「善玉コレステロール」と呼ぶのです。
 血液中の脂肪を調べる検査があります。その検査では「血清脂質」と
いうものを調べるのです。「血清脂質」とは次の4つです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
          1.総コレステロール
          2.LDL
          3.HDL
          4.中性脂肪
――――――――――――――――――――――――――――――――
 これら4つのいずれが高くても血液のドロドロ度は高くなります。上
記の「血清脂質」に異常がある人は血管の老化が進行しているので、改
善をすることが必要になります。また、血液中の血漿成分と血球成分の
割合を示すものを「ヘマトクリット値」といいますが、この数値が高く
なると、ドロドロ血に傾いているといえるのです。
 しかし、ドロドロ状態というと血液が水あめのような状態になること
を想像してしまいそうですが、けっしてそういうことではないのです。
数値的に見ればごくわずかの変化なのです。
 血液の密度は水とほとんど変わらない1.05 ですが、密度が濃くな
るといっても、1.052 とか1.053 といった程度の微細な変化に
過ぎないのです。実際に見た目がドロドロしているわけではないのです。

●一週間禁煙しても血管は若返る

 喫煙と血管の老化には深い関係があります。タバコを1本吸うと、血
管の収縮した状態が30分続くそうです。タバコを吸ったときの「加速
度脈波」の波形は「尻下がり型」になることがわかっています。これは、
血管の老化が進行したときの波形と同じなのです。
 1回の喫煙で「尻下がり型」の波形が30分も続くので、喫煙本数の
多い人は、自分で血管の老化を促進しているようなものです。血管を老
化させたくないならば、喫煙はやめるべきです。
 タバコには多くの有害物質を含んでいます。体の中ではこの有害物質
を排除しようとして、活性酸素が多くつくられるのです。その一環とし
てLDL――悪玉コレステロールは酸化悪玉コレステロールに変身し、
血管の老化のスピードを上げる働きをするのです。
 あなたはそれでも喫煙を続けますか。最近医療機関には「禁煙外来」
というもができてきています。禁煙に役立つ「ニコチンパッチ」という
貼り薬が健康保険の適用になっています。ニコチンパッチは、血液中の
ニコチン濃度を一定程度保つことで、タバコを吸いたくなるニコチン依
存を断ち切ることができるとされています。
 「ニッケイBP」の健康記事に「喫煙と血管/わずか一週間の禁煙で
も血管はよくなる」という記事があるので、ご紹介しましょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 習慣的な喫煙は、血管にさまざまな問題を引き起こすことが知られて
 いる。その中心となるのが、たばこに含まれる「ニコチン」と「一酸
 化炭素」である。ニコチンには血管を収縮させたり、血中のコレステ
 ロールを増やしたり血小板の粘着性を高めるといった作用がある。一
 酸化炭素は、全身に酸素を運ぶのに重要な役割を果たす血液中の「ヘ
 モグロビン」と結合してその働きを抑えたり、血管の壁を傷つける作
 用がある。このため喫煙を続けると、血管の壁が厚く硬くなり、血液
 も固まりやすくなって血管が詰まりやすい「動脈硬化」と呼ばれる状
 態になる。しかし、たばこを吸うのをやめればこうした危険性を軽減
 できることは以前から知られている。最近では、2004年に報告さ
 れた英国の男性医師の約3万5000人を対象にした大規模な追跡研
 究の最終結果により、75歳で禁煙しても禁煙しない場合に比べて、
 85歳まで生きられる確率が高くなることが明らかにされた。とはい
 え「今から禁煙したって、病気になる危険性がすぐに減るわけでもあ
 るまい」と投げやりな気持ちの人も少なくないのではないだろうか。
 だが、安心してほしい。わずか1週間の禁煙でも、血管の機能は驚く
 ほど回復するという研究データが最近発表されたばかりだからだ。
 http://www.nikkeibp.co.jp/archives/398/398232.html
―――――――――――――――――――――――[血管の話/08]

posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 血管の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。