2009年12月03日

●ご存知ですか──「フレンチ・パラドックス」

 フランスのボルドー大学の科学者セルジュ・レヌーが、「フランス、
ベルギー、スイスに住む人たちは、他の西欧諸国の人々よりも、チーズ
やバターなどの乳脂肪、肉類、フォアグラなどの動物性脂肪を大量に摂
取しているにもかかわらず、心臓病の死亡率が低い」という説を打ち出
したのです。
 その原因を調べたところ、彼らが日常的に飲んでいる赤ワインではな
いかという説が出てきたのです。人間を始めとする動物が、赤ワインが
豊富に含まれる「ポリフェノール」を摂取すると、動脈硬化や脳梗塞を
防ぐ抗酸化作用、ホルモン促進作用が向上するという発表が行われたの
です。
 しかし、これに反論する学者も多いのです。フランス人の心筋梗塞が
少ないのは、ワインのポリフェノールのせいではなく、「ワインの飲み
すぎで肝疾患で死ぬ人が多いから、相対的に心疾患で死ぬ人が少ないだ
けだ」と主張する学者もいるのです。
 しかし、その理論は、世界保健機関(WHO)によって「フレンチ・
パラドックス」──フランスの逆説と呼ばれ、1990年代初頭に全世界に急速に広まったのです。それまでの日本はどちらかというと、白ワインの消費量が多かったのですが、このニュースが広がると、日本でも赤ワインによる健康ブームが巻き起こることになったのです。

●ポリフェノールを含む食品とは何か

 ポリフェノールは、植物に含まれている色素や渋み成分のことで、体
の酸化と「血管の老化」を防ぎ、血圧を下げる効果をもたらすのです。
ポリフェノールの仲間を少し上げてみましょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――
   ケルセチン──たまねぎ、りんご、ブロッコリーなど
   イソフラボン──大豆、豆腐など
   ルチン──そば、アスパラガスなど
   アントシアニン──ブルーベリー、りんご、さつまいもなど
   カテキン──赤ワイン、緑茶など
――――――――――――――――――――――――――――――――
 別に赤ワインを飲まなくても、日本人になじみの深いポリフェノール
を含む食品には、緑茶のカテキン、大豆、豆腐があるので、それらを意
識してとるようにすればよいと思われます。
 日本人は欧米諸国に比べると喫煙者が多いのですが、喫煙している人
の割合からすると心筋梗塞になる人は少ないのです。それは、日本人が
日常食べている食品にポリフェノールが多く含まれているからです。
 とくに緑茶のカテキンは、「血管の老化」を防ぐ力が強いのです。緑
茶には脳梗塞を予防する効果のあるテアニンや血糖値を下げる効果のあ
るポリサッカライドという物質も含まれているのです。

●くだものを食べなくなった日本人

 最近の統計によると、日本人が一年間に消費するくだものの量は世界
各国の平均値を下回っているのです。くだものの代表として、りんごを
取り上げることにします。りんごは、体内の悪いものを掃除する役割が
あるのです。
 既に述べたようにりんごはカリウムを豊富に含んでいますが、カリウ
ムはナトリウムをくっつけて排出する掃除役としての働きがあります。
また、りんごにはペクチン──水に溶ける食物繊維が豊富なのです。ペクチンもコレステロールを吸着して排出する掃除役として働きます。
 くだものを煮ると、それに含まれているペクチンが水に溶け出し、糖
分とともに煮詰めるとくだもの中の酸との作用によってゼリー化するの
です。くだものによりこのペクチンの量が足りない場合には、理想的な
ゼリー化状態にするためにそれを補うことになります。
 古くからジャムをつくるときに、りんごの芯などが伝統的に使用され
てきましたが、今日、ペクチンはその優れたゲル化特性から、ジャムや
フルーツソース、ゼリーの製造など幅広く利用されるようになっている
のです。このようにペクチンは、ジャムの製造にあたって重要な役割を
果たしているのです。
 りんごの皮の色素には、悪玉コレステロールの酸化を防ぐアントシア
ニンが含まれています。したがって、りんごを食べるには皮をむかない
で、皮ごと食べると効果があるのです。
 血管を若返らせるために忘れてはならないことがあります。それは、「水分補給」です。水分を補給しないと、血液はねばり気を増してくるのです。その結果、血液が流れにくくなります。
 血管が詰まることが多いのは、寝起きの時間帯──副交感神経が交感神経に切り換わる時間帯に多いのです。睡眠中に汗をかき、水分が失われて、血液が詰まりやすくなるのです。そういう意味では、風呂上りも要注意です。
 水分補給はこまめに少しずつとるのがベストです。運動をして汗をか
いたりしたときは、必ず水分の補給を行う必要があります。大量に汗を
かくと、水分とともに塩分も失われることがあります。このときには、
水だけではなく、塩分をとることも大切です。  [血管の話/15]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 血管の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

●インフルエンザについてどれほど知っているか

 インフルエンザの感染がなかなかとまらないでいます。しかし、それ
でいて今のところインフルエンザによる死亡率が一定の範囲におさまっ
ているところから国民の間には根拠のない安心感が生まれ、それに伴い
若干の油断が生じつつあるようです。「なぁんだ!風邪と一緒じゃない
か」、「だいたい日本政府のやっていることは大袈裟なんだ」というよ
うにです。
 しかし、これは大きな間違いです。今回のインフルエンザの死亡率が
この程度でおさまっているのは、各国政府が高病原性鳥インフルエンザ
ウイルスによるパンデミック(大流行)を想定して対策を進めてきたか
らなのです。
 確かに学校閉鎖や保育園の閉鎖によって親が出勤できず、ただでさえ
厳しい雇用情勢を一層悪化させたことや、各種集会の中止による経済的
な被害が出たことから、政府の対応を過剰として非難する声が多く出た
ことは事実です。しかし、そうしたからこそ、インフルエンザのさらな
る拡大を事前に防げたともいえるのです。
 しかしインフルエンザについてあなたはどれほどご存知でしょうか。
いわゆる「風邪」のようなものと誤解していないでしょうか。インフル
エンザを防ぐにはマスクや手洗い、うがいの励行などに加えてインフル
エンザに対して正しい深い知識を持つことが大切なのです。そこで、し
ばらくインフルエンザについてお話しすることにします。

●WHOはなぜパンデミック宣言を躊躇したのか

 2009年6月11日のことです。世界保健機関(WHO)のマーガ
レット・チャン事務局長は、ジュネーブで緊急記者会見を開き、新型イ
ンフルエンザの警戒水準を「フェーズ6」に引き上げる宣言をしたので
す。この「フェーズ6」というのは、新型インフルエンザの警戒水準の
最高ランクであり、パンデミック──世界的大流行を意味するランクな
のです。
 実はWHOとしては、5月の時点で北米だけでなく、英国、スペイン
などでも新型インフルエンザの感染者が急増していることを把握してい
たのですが、なぜかWHOは、パンデミック宣言に慎重であったのです。
 それには2つ理由があります。
 1つは、今回の新型インフルエンザウイルスがA型のH1N1亜型で
あったことです。インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の3つ
に分類されるのですが、パンデミックを起こす可能性があるのはA型で
す。
 しかし、タイプがH1N1亜型であり、これは1918年に世界で大
流行しスペイン風邪ウイルスと同じ亜型であったのです。このウイルス
はその末裔が依然として毎年のように流行を繰り返しており、ほとんど
の人が免疫を持っていると考えられることです。それなら、パンデミッ
ク宣言を少し待って様子を見た方がよいのではないかという判断が働い
たのです。
 スペイン風邪というのは、規模、死亡率がいずれも大きく、感染者数
が6億人に及んで、2000万〜4000万人の死者を出し、それが第
1次世界大戦終結の遠因にもなったともいわれているのです。
 2つは、冒頭にも述べたように、日本をはじめ各国政府は、高病原性
鳥インフルエンザウイルスによるパンデミックを想定して対策をとって
いるので、下手にパンデミック宣言をすると世界中が混乱する──WH
Oはこのように考えたものと思われます。

●WHOの2つのシナリオのひとつは崩れる

 WHOとしては、今回の新型インフルエンザについて、2つのシナリ
オを立てていたのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1のシナリオ:比較的早期に感染拡大がおさまり、やがてウイルス
は姿を消す
 第2のシナリオ:感染拡大が続き、夏場の一時的な収束期を経て冬に
大流行する
――――――――――――――――――――――――――――――――
 しかし、12月に入ってもインフルエンザは収束の兆しがない状態で
あって現在では第2のシナリオに沿ったパンデミックになることは確実
です。このシナリオによると、最悪の場合は3000万人、日本人の4
人に1人は感染する可能性があるとしています。
 これに関連して、WHOのフクダ事務局長補代理は次のように警告し
ているのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 新型インフルエンザが世界的な大流行に発展した場合、今後2年以内
に世界人口の20〜40%程度が感染する恐れがある。
──河岡義裕/河本研子著/ブルーバックスB1647
『インフルエンザ パンデミック/新型ウイルスの謎に迫る』
――――――――――――――――――――――――――――――――
 そもそも新型インフルエンザウイルスとは何なのか──次回はこうい
う基本的なことを迫っていきます。
―― [インフルエンザの話/01]

posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

●インフルエンザとは何か

 インフルエンザとは何でしょうか。
 インフルエンザとは、多い年で、日本人の10人に1人がかかる、感
染症であるといってよいと思います。病源体は「インフルエンザウイル
ス」といってその大きさは直径100ナノメートル──1万分の1ミリ
メートルの大きさのウイルス病源体です。
 感染すると数日の潜伏期間を経て発症し、38度以上の発熱、頭痛、
全身の倦怠感、筋肉・関節痛、咳、鼻水などの症状があらわれます。し
かし、季節性のインフルエンザであれば一週間程度で通常回復します。
 インフルエンザウイルスの大きさは、ウイルスとしては中程度ですが
このウィルスが警戒されるのは、その「伝播力」にあります。おそらく
地球上に存在するあらゆるウイルスの中で、一番伝播力が強いといわれ
人間はこのウイルスから逃げることは困難であるといわれます。
 ところで、インフルエンザと風邪はどう違うのでしょうか。
 インフルエンザの症状は風邪そのものですが、自覚症状からインフル
エンザにかかったか、風邪なのかを分けることは通常困難です。
 風邪の概念は漠然としています。「風邪は呼吸器疾患の総称である」
といわれていますが、これではあまりにも漠然としています。風邪は、
さまざまな感染症を集めた「症候群」なのです。インフルエンザもその
中のひとつです。
 風邪症候群を起こすウイルスとその割合は次のようになっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
   ライノウイルス ・・・・・・・・・・・ 30〜40%
   パラインフルエンザウイルス ・・・・・ 15〜20%
   RSウイルス  ・・・・・・・・・・・  5〜10%
   アデノウイルス  ・・・・・・・・・・  3〜 5%
   コロナウイルス  ・・・・・・・・・・    10%
   インフルエンザウイルス ・・・・・・・  5〜15%
   その他 ・・・・・・・・・・・・・・・    10%以下
      ──河岡義裕/河本研子著/ブルーバックスB1647
    『インフルエンザ パンデミック/新型ウイルスの謎に迫る』
――――――――――――――――――――――――――――――――
 風邪の90%以上はウイルス性感染によるものですが、インフルエン
ザはこのうち、5〜15%を占めているに過ぎないのです。

●なぜ、インフルエンザの新型は怖いか

 それにしても今回のインフルエンザで、なぜこんな大騒ぎをするので
しょうか。それは、今回のインフルエンザが新型であるからです。季節
的なインフルエンザは毎年発生しますが、数十年の一回の周期で、人間
がまったく免疫を持っていない新型のインフルエンザウイルスが発生し
ます。今回のインフルエンザウイルスはまさにそれに該当するのです。
 今回の新型は、2009年3月にメキシコで発生し、現在世界中に感
染が拡大している豚由来の新型インフルエンザウイルス──A型、H1
N1亜型であり、新型なのです。
 20世紀以降にインフルエンザウイルスは、次の3回のパンデミック
を引き起こしてきたのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
     スペイン風邪 ・・・・・・・・ 1918年
     アジア風邪 ・・・・・・・・・ 1957年
     香港風邪 ・・・・・・・・・・ 1968年
――――――――――――――――――――――――――――――――
 スペイン風邪による世界の死亡者は、実に2000万人〜4000万
人、日本人の死亡者は38万人です。当時の世界人口の約半数が感染し短期間に大量の死者を出したのです。これほどの死亡者を出した感染症
は過去になく、中世の黒死病(ペスト)に匹敵するのです。
 アジア風邪については世界の死亡者は200万人、香港風邪の世界の
死亡者は100万人、日本人の死亡者は1万人です。このように人間が
免疫を持っていない新型のインフルエンザがいかに恐ろしいか理解でき
ると思います。
 現在ウイルス学や医療は高度に発達していますが、その高度な医学を
もってしても、この数十年に一度の新型インフルエンザには手を焼いて
いるのです。したがって、世界中が今回の新型インフルエンザウイルス
に危機感を持ったのは当然のことです。
 その新型インフルエンザウイルスに対する警戒感は、1997年に香
港で家禽類を中心に猛威をふるっていたH5N1亜型の高病原性鳥イン
フルエンザウイルスが人間に感染し、18人中6人が死亡するという事
件からです。なぜなら、それまでは鳥インフルエンザウイルスは人間に
は感染しないし、感染しても重篤な症状にはならないと考えられてきた
からです。
 この後も高病原性鳥インフルエンザウイルスの人間への感染は続いて
おり、2009年8月の時点で483例の感染が報告されていますが、
そのうちの262人が死亡しているのです。死亡率は実に62%という
ことになります。       ―― [インフルエンザの話/02]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

●ウイルスとは何か――その謎に迫る

 「ウイルス」とは一体何でしょうか。
 若い人ならきっとコンピュータのウイルスを連想するでしょうが、一
般的には「病原体」と考えられています。ウイルスをきちんと定義する
と、次のようになります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ウイルス――ヴァイラス――virus は、他の生物の細胞を利用し
て、 自己を複製させることのできる微小な構造体である。   
  ――ウィキペディア
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ヴァイラス――virus は、ラテン語で「毒素」を意味する言葉であり
これが転じて病気を引き起こす毒素――すなわち、病原体を意味するよ
うになったのです。しかし、その実態が何であるか、当のギリシャ人に
は知る術まったくなかったのです。
 インフルエンザは、その存在自体は古くから知られていたのですが、
「インフルエンザ」という名前を付けたのは16世紀のイタリア人なの
です。インフルエンザは冬に多く発生するので、冬の天体や寒さにより
発生するものであると考えられイタリアで「天の影響」を意味する「イ
ンフルエンザ」と命名されたのです。英語でいう「influence」 のこと
です。
 インフルエンザの病原体がウイルスであることがわかったのは、実は
20世紀に入ってからなのです。1892年に日本の細菌学の父といわ
れる北里柴三郎博士は、インフルエンザに感染した患者の気道から、病
原体と思われる細菌を分離し、インフルエンザ菌と名付けたのです。し
かし、このインフルエンザ菌はインフルエンザとは関係がないことが後
でわかっています。
 ウイルスを発見したのは、ロシアのドミトリー・イワノフスキー博士
です。彼は、タバコモザイク病の病原体を含む液を素焼きの陶板ででき
た細菌濾過器に通す実験を行い、細菌よりも小さい微小病原体「ウイル
ス」の存在を証明することに成功したのです。
 人に感染するインフルエンザウイルスが分離されたのは、それから約
40年の後のことなのです。インフルエンザに感染した患者の喉頭部か
ら採取した液体をさまざまな動物に移植する実験を繰り返したのですが
一度として成功しなかったのです。
 英国人科学者たちは、試行錯誤の結果、実験動物を変更してみたので
す。その結果、イタチ科のフェレットに病原体に感染させることに成功
したのです。そこでその病原体を含む液を細菌濾過器を使って濾過し、
インフルエンザの病原体がウイルスであることを発見したのです。

●ウイルスの3つのタイプ/A型・B型・C型

 1950年代以降になると、電子顕微鏡やRNA解析技術の発達によ
ってインフルエンザウイルスは分子レベルでかなり詳しいことがわかる
ようになってきたのです。
 その結果、インフルエンザウイルスには、次のようにA型、B型、C
型の3つのタイプに分かれることがわかってきたのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
           A型      B型      C型
  症 状     典型的     典型的      軽度
  亜 型  H1〜HI6      なし      なし
       N1〜 N9
  宿 主  ヒト、鳥、豚      ヒト      ヒト
        馬、その他   (アザラシ)    (豚)
―――――――――――――――――――――――――――――――― A型ウイルスとは、ヒト、鳥、豚、馬など幅広い宿主に感染し、強い
病原性を発現するタイプであり、最も危険なタイプです。パンデミック
を起こす可能性のあるウイルスです。
 B型ウイルスは、アザラシから分離されたといわれていますが、感染
する宿主がヒトに限定されるタイプです。しかし、感染後の症状はA型
とよく似ていて、症状からはA型と区別がつかないのです。
 C型ウイルスは豚から分離したといわれていますが、主にヒトを宿主
にしているタイプです。子供に感染するとA型に似た症状が出ますが、
大人は感染しても症状は軽微です。
 ここで「RNA」について説明しておく必要があります。DNAとど
う違うのでしょうか。
 DNAとRNAの働きは違います。DNAは、化学的に安定した分子
で壊れにくく、その性質ゆえに、細胞核の中にあって遺伝情報そのもの
を記録・保存する役割を受け持つのです。いわば生物の設計図ですね。
RNAはDNAより小さくて合成・分解が簡単な分子で、DNAの情報
を核の外に持ち出し、酵素やたんぱく質を作る時に使われる、作業説明
書みたいなものです。
 DNAが生化学的に「読み込まれ」たり「翻訳」されたりするとき、
その翻訳された結果の産物がRNAです。次に、このRNAが読み込ま
れ、相当するたんぱく質が作られます。ある種のウィルスでは、DNA
よりむしろRNAが遺伝物質として使用されています。 
―― [インフルエンザの話/03]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。