2010年02月04日

●ワクチンとは何か――2種類がある

 ワクチンとは何であろうか。
 ワクチンは人類の考えたウイルス感染症を予防する方法の中で最も効
果的なものです。天然痘やポリオ、そしてインフルエンザなど、ワクチ
ンによって、数多くのウイルス感染症が克服されているのです。
 ワクチンの目的は、治療薬ではなく、「感染を予防すること」です。
そのため、ワクチンは感染前に接種するものです。こんな当たり前のこ
とが、よくわかっていない人も多いのです。
 ワクチンを発見したのは英国の開業医エドワード・ジェンナーです。
牛痘にかかった人間は天然痘にかかりにくくなり、かかっても症状が軽
いことを発見し、これにより天然痘ワクチンを作ることに成功したので
す。
 この研究を引き継いだのは、フランス人の生化学者のルイ・パスツー
ルなのです。パスツールは、病原体を培養し、これを弱毒化し、それを
健康な人に感染させるという、当時としては画期的な「ワクチン療法」
を確立したのです。
 その後、ウイルス学の発展とともにワクチン製造の技術革新が進み、
いろいろなタイプのワクチンが開発されるようになったのです。現在使
われているワクチンには次の2つがあります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
          1.生ワクチン
          2.不活化ワクチン
――――――――――――――――――――――――――――――――

●「生ワクチン」は効果が高いが副作用がある

 パスツールをはじめとする初期の学者たちが使ったのが、「生ワクチ
ン」なのです。生ワクチンは弱毒化されていますが、文字通り「生きて
いるワクチン」であり、生ワクチンを投与すると、人間の体内で軽度の
感染が起きるのです。
 これによって免疫記憶が生まれ、病原体を体内から排除したあとも、
その免疫記憶は残るので、次に同じ病原体が侵入してきたとき、素早く
抗体を産生して発症を防ぐのです。
 このあたりのことをもう少し詳しく述べることにします。病原体が体
内に侵入すると生体内には病原体をターゲットとする抗体が血清中に作られるのです。抗体を作るのは「B細胞」と呼ばれるBリンパ球です。
B細胞が作った抗体が病原体に付着すると、病原体は自由を奪われ、伝
播力を失うのです。これを「体液性(液性)免疫」といいます。
 この病原体を覚えたB細胞の一部が「免疫記憶細胞」になるのです。
この細胞はリンパ節に残り、同じ病原体が侵入してきたときに、すばや
く抗体を作るB細胞を産生するのです。はしかや風疹などに一度かかる
と、二度と発症しないのは、この免疫記憶の働きによるものです。
 ところが、感染が少し重度に進むと、ウイルスは宿主の細胞内に侵入
するのです。こうなると、B細胞は無力です。しかし、ウイルスによっ
て侵された細胞は、生体内で「感染した細胞」として認識されます。
 そうすると、ウイルスは「細胞傷害性T細胞」によって攻撃され、排
除されます。これを「細胞性免疫」というのです。生体は、この2重の
免疫によってウイルスを排除してくれるのです。

●「不活性ワクチン」が一般的には使われる

 「生ワクチン」と並ぶもうひとつのワクチンが「不活化ワクチン」で
す。生ワクチンの場合、何しろ生きたウイルスであるので、もともと免
疫力の弱い人に接種すると、副作用が発生することがあるのです。その
ため、生ワクチンで日本で認可されたものは少ないのです。
 不活化ワクチンとは一口にいえば「死んだワクチン」ですが、その定
義を示しておきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 不活化ワクチンはホルムアルデヒドなどの化学薬品などで不活化させ
 た(感染能力を失わせた)ウイルスや細菌、あるいはそのタンパク質
 の一部をもとに作製する。現在使用されている不括化インフルエンザ
 ワクチンは、ウイルスの構成要素をバラバラにしたスプリットタイプ
 が主流だ。このタイプは副作用のリスクが少ない反面、ウイルス構造
 を壊さずに不括化した全粒子タイプに比べて効き目が悪いとされる。
  ――河岡義裕/堀本研子著『インフルエンザパンデミック/新型ウ
                 イルスの謎に迫る』(講談社刊)
――――――――――――――――――――――――――――――――
 不活化ワクチンの問題点は生ワクチンよりも予防効果が低い点です。
それは、生ワクチンが「体液性免疫」と「細胞性免疫」の2つの免疫でウイルスを防ぐのに対して、不活化ワクチンは、「体液性免疫」だけなのです。
 そのため、細胞内に入ってしまったウイルスには無力になのです。そ
れに加えて、不活化ウイルスを皮下接種しているので、血中には体液性
免疫によって抗体は作られるものの、インフルエンザウイルスの侵入口
である鼻や喉の粘膜面に抗体が分泌されにくいのです。生ワクチンより
も安全ではあるものの、効果はいまひとつなのです。
               ―― [インフルエンザの話/08]     
 
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

●なぜ、日本は学童へのワクチン集団接種をやめたのか

 1977年以降、日本で流行を繰り返しているインフルエンザウイル
スは次の3つです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      1.       I―― H3N2亜型
      2.A型ウイルス I
               I―― H1N1亜型
      3.B型ウイルス
――――――――――――――――――――――――――――――――
 これらのウイルスが交互に流行を繰り返してきていることに着目した
日本の厚生省は、1976年〜1986年まで、小学校に通う学童に、
インフルエンザワクチンの集団定期接種を行ってきたのです。
 その効果はてきめんであり、1960年代から1980年代には、イ
ンフルエンザによる死亡者数、超過死亡者数は大きく減少したのです。
「超過死亡」というのは、平均的な死亡者数を超過した死亡者数のこと
です。
 しかし、厚生省は1987年になると、学童への定期接種を任意接種
に変更したのです。そのため、ワクチンの接種量は激減、これに連動し
て死亡者数、超過死亡者数はともに増加したのです。
 インフルエンザの羅患率は、0歳〜14歳が最も多く、15歳以上に
なると急減します。15歳以上になると、流行を繰り返している主要な
ウイルスにほとんど感染するので免疫ができ、インフルエンザにかかり
にくくなります。
 問題は年齢別の死亡率なのです。65歳以上の高齢者の死亡率が突出
して高いのです。インフルエンザの羅患率そのものは他の年代とほとん
ど変わらないのですが、体力や免疫力が落ちているので、感染すると重
篤な症状に陥りやすくなるのです。
 学童へのインフルエンザ集団接種は社会全体におけるインフルエンザ
ウイルスの総量を減らす効果があり、それによって高齢者のインフルエ
ンザによる死亡率を抑制してきたのです。その優れた感染予防対策を厚
生省は、なぜかその優れたシステムを放棄してしまったのです。確たる
根拠に基づかない「集団接種は予防効果が低い」という一部意見に引き
ずられて中止になったといわれています。実に愚かなことです。
 1987年に強制力のない勧奨接種に切り替えられ、1994年に予
防接種法が改正されると、学童へのインフルエンザワクチンの集団接種
は中止されたのです。
 逆に米国などの先進国では、日本における集団接種の効果を分析して
おり、これから若者層への集団接種を行おうと検討しているのです。厚
生省は年金問題だけではなく、いろいろなところで間違いを冒している
のです。

●「抗インフルエンザ薬」――もうひとつの切り札

 パンデミック対策としてワクチンと並ぶもうひとつの柱は「抗ウイル
ス薬/抗インフルエンザ薬」なのです。
 抗インフルエンザ薬とは何でしょうか。少し専門的ですが、専門家は
次のように説明しています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 宿主の免疫応答を利用するワクチンの場合、事前に予想した「ウイル
 スの抗原性」と、実際に感染した「ウイルスの抗原性」が合致しなけ
 れば、予防効果が下がってしまう。これに対して、抗インフルエンザ
 薬は、インフルエンザウイルスに共通する感染・増殖機構を阻害する
 ことで作用するので異なる亜型のウイルスに対しても同等の効果を示
 す。いうなれば、インフルエンザワクチンは特定の亜型のウイルスに
 しか効かないオーダーメイド品であるのに対して、抗インフルエンザ
 薬は、それよりも多くの亜型のウイルスに対応できる汎用品なのだ。
――河岡義裕/堀本研子著『インフルエンザパンデミック/
新型ウイルスの謎に迫る』(講談社刊)
――――――――――――――――――――――――――――――――
 新型ウイルスの流行に先立って接種するワクチンの有効性は、どのよ
うなウイルスが出現するかわからないので、その効果に確証がないので
す。一方、実際に出現した新型ウイルスをもとに作製する新型ワクチン
は感染を予防する力はありますが、ワクチンメーカーの製造能力に限界
があるので、その間に新型ウイルスの感染は拡大してしまいます。
 そのため、パンデミック初期には、抗インフルエンザ薬の果たす役割
は大きいのです。しかし、抗インフルエンザ薬にも大きなネックがある
のです。というのは、季節性インフルエンザでは、抗インフルエンザ薬
が効かない耐性ウイルスが出現するからです。
 現在市販されている抗インフルエンザ薬には次の2種類があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
        1.      M2阻害剤
        2.ノイラミニダーゼ阻害剤
――――――――――――――――――――――――――――――――
               ―― [インフルエンザの話/09]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

●M2阻害剤としての「アマンタジン」

 前回ご紹介した現在市販されている2種類の抗インフルエンザ薬を再
現しておきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
         1.      M2阻害剤
         2.ノイラミニダーゼ阻害剤
――――――――――――――――――――――――――――――――
 M2阻害剤としては「アマンタジン」があります。商品名はシンメト
レルです。アマンタジンは、ウイルス表面にあるM2タンパク質の働き
を阻害することによってウイルスの増殖を抑えるのです。そのため「M
2阻害剤」というのです。しかし、M2タンパク質はB型インフルエン
ザウイルスには存在しないので、アマンタジンはB型ウイルスには効果
がないのです。
 インフルエンザウイルスは、宿主の細胞に取り込まれただけでは増殖
できないのです。インフルエンザウイルスが細胞内で増殖するには、ウ
イルスの命ともいうべきRNAを宿主の細胞質内に移動させなければな
らないのです。
 ところが、ウイルスのRNAは、タンパク質との複合体(RNP)を
形成していて、外皮膜――エンベロープと呼ばれる脂質でできた殻に固
定されているのです。したがって、宿主の核に送り込むには、RNPと
外皮膜との結合を解除させる必要があるのです。
 M2タンパク質というのは、このRNPと外皮膜との結合を解除させ
るうえで重要な働きをするのです。結合の解除には「イオンチャネル活
性」がカギを握っています。M2タンパク質は、ウイルスの外皮膜を貫
通しているタンパク質であり、水素イオンの導入を制御する「イオンチ
ャネル活性」を持っているのです。
 インフルエンザウイルスが宿主細胞の小胞――エンドソームに取り込
まれると、イオンチャネルが活性化され、エンドソームの水素イオンが
ウイルス粒子内に流入するのです。水素イオンが流入して外皮膜の内部
が酸性になると、RNPと外皮膜との結びつきがゆるんで、RNPが外
皮膜から離れることができるのです。
 しかし、アマンタジンを投与すると、M2タンパク質の働きが阻害さ
れ、水素イオンの流入がストップするのです。その結果、RNPは外皮
膜から外れることはできなくなり、ウイルスRNAを細胞質に送り込む
ことを阻止してウイルスの増殖を抑えることができるのです。
 なお、アマンタジンは予防薬として優れた特性を持っており、事前に
服用しておけば、インフルエンザウイルスに感染しにくくなります。ま
た、感染した後に服用すると、発熱などの症状も軽減するので、世界各
国の医療現場で使われたのです。しかし、最近では使われることはない
のです。
 アマンタジンが米国で認可されたのは1966年のことですが、それ
からわずか数十年で抗ウイルス薬としては役に立たなくなっています。
それは耐性ウイルスの出現によるものです。アマンタジン投与の患者の
実に80%に耐性ウイルスが出現することが確認されているのです。

●ノイラミニダーゼ阻害剤としての「タミフル」

 アマンタジンの効力がなくなってしまった現在、最も使われているの
は、ノイラミニダーゼ阻害剤なのです。日本で認可されているノイラミ
ニダーゼ阻害剤は「タミフル」の商品名で知られる経口剤の「リン酸オ
セルタミビル」と、吸入剤の「ザナミビル」――商品名リレンザです。
 ノイラミニダーゼ――NAというのは、ウイルス表面を覆うスパイク
タンパク質の一つです。その名の通りノイラミニダーゼ阻害剤は、NA
の働きを阻害することによって、ウイルスの増殖にブレーキをかけるの
です。
 アマンタジンが、ウイルスRNAの細胞内への侵入を阻止するのに対
し、ノイラミニダーゼ阻害剤は、細胞内で増殖したウイルスが、細胞表
面から遊離していくのを阻害する薬なのです。
 もう少し詳しく説明しましょう。
 インフルエンザウイルスは、赤血球凝集素(HA)とノイラミニダー
ゼ(NA)とを有しています。赤血球凝集素は、ウイルスが宿主細胞に
侵入するさいに必要になります。ウイルスは、赤血球凝集素を介して、
宿主細胞のウイルス受容体に結合します。
 ノイラミニダーゼは、ウイルスが宿主細胞から遊離する際に必要にな
るのです。宿主細胞内で増殖したウイルスは、ノイラミニダーゼにより
ウイルスの赤血球凝集素と宿主細胞のウイルス受容体との結合を外す役
割をするのです。抗インフルエンザウイルス薬のリン酸オセルタミビル
すなわち、タミフルはウイルスのノイラミニダーゼを阻害し、宿主細胞
内で増殖したウイルスが、宿主細胞外への遊離を抑制して、インフルエ
ンザウイルスの増殖を抑制するする働きをするのです。
 タミフルは、ギリアド・サイエンシズ社が1996年に開発した抗イ
ンフルエンザ薬であり、スイスのロシュ社が製造し、日本では中外製薬
が販売しているのです。日本は世界でもっともタミフルの消費量の多い
国であり、季節性インフルエンザが大流行した2002〜2003年に
は全世界でのタミフル生産量の70%が日本で使われたのです。
               ―― [インフルエンザの話/10]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

●小さい動物ほど心臓は速く拍動する

 次の数字は何を意味していると思いますか。
――――――――――――――――――――――――――――――――
       人 間 ・・・・・  60〜100
       イ ヌ ・・・・・  70〜120
       ウサギ ・・・・・ 130〜300
       ネズミ ・・・・・ 400〜600
       ウ マ ・・・・・  32〜 44
       ゾ ウ ・・・・・      40
――――――――――――――――――――――――――――――――
 この数字は「一分間の心拍数」なのです。動物の心臓のさまざまの性質は、その動物の大きさと関係があるのです。すなわち、小さな動物ほど心臓が速く拍動するのです。人間の場合は、研究によって次のことがわかっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 心臓が一度拍動してから、次に拍動するまでの時間は、体重の4分
 の1乗に比例する
     ――長山雅俊著、『心臓が危ない』/祥伝社新書156
――――――――――――――――――――――――――――――――
 例えばネズミはゾウの10倍の速さで拍動していることになります。つまり、ネズミはゾウより10倍も速く血液を全身に送り出していることになります。どうしてこういう違いがあるのかというと、心臓という臓器はその仕組みについては同じですが、心臓を構成する細胞が異なっているのです。
 よく「ノミの心臓」といいます。「ノミの心臓」は、気の小さい人のことをたとえていう言葉です。それでは「ブタの心臓」はどうでしょうか。
 こちらはあまり聞いたことはないと思いますが、医学研究の世界ではよく使われており、実際にブタは人間に役に立っているのです。実は、ブタの心臓と人間の心臓は大きさも形もとてもよく似ているのです。
 そのためブタの心臓は、人間の心臓の研究に役に立っているのです。ブタの心臓の弁は、心臓弁膜症の患者さんに「生体弁」という人工弁として、人間の心臓に移植されてきたほどです。なお、最近の人工弁は、カーボンやステンレスの弁が使われるようになってきています。

●あのリンドバークが心臓手術に貢献している

 心臓という臓器にはいろいろな言葉が残されています。次の言葉の意味がわかるでしょうか。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 胸壁から心臓まではわずか数センチだが、到達するまで5000年
 の歳月を要した。
      ――長山雅俊著、『心臓が危ない』/祥伝社新書156
――――――――――――――――――――――――――――――――
 これは心臓外科でいわれている言葉です。心臓にはメスを入れることができなかったので、他の臓器に比べて研究が遅れたのです。もうひとつ、心臓の研究が遅れた原因は、心臓が信仰と深く関わっていたからです。
 スペイン北部にあるアルタミラ洞窟に描かれている壁画の動物の胸には、赤いハートのマークが描かれていて、当時の人はそこを刺せばその動物は死ぬことを経験的に知っていたと思われます。
 オーストリアの王家であるハプスブルグ家には、死体を埋葬するときは心臓を取り出して銀の器に保管するという習慣があったそうです。また、キリスト教の「御心」は心臓であるという説もあるのです。こういう心臓信仰が心臓の研究を長年にわたって遅らせてきたのです。
 心臓の治療が本格的にはじまったのは20世紀になってからのことです。その先駆者というべき人は、ロックフェラー医学研究所のフランス人医師であるアレクシス・カレルです。
 カレルは、血管吻合法を考案した医師です。これによって、心臓治療の第一歩がはじまったのです。カレルは、1912年に医学界に貢献したことによりノーベル賞を受賞しています。
 肝臓や胃などの臓器は血液を遮断すれば手術はできますが、心臓の場合はそれはできないのです。しかし、血液に酸素を送り込む装置とポンプがあれば、心臓と肺を一時的に休ませることができると考えた人がいます。その人こそ、大西洋単独横断飛行を成功させた飛行士、リンドバークなのです。
 リンドバークは、大西洋単独横断飛行の賞金や講演料などをすべてカレルに渡し、共同研究をはじめたのです。そして世界ではじめての人工心肺装置の開発に成功したのです。それは次のように名付けられています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
         カレル・リンドバーク・ポンプ
――――――――――――――――――――――――――――――――
 1935年、この装置によってはじめて心臓にメスが入れられるようになったのです。それから約75年、心臓外科は大きな進歩を遂げることになったのです。しかし、それ以前は心臓病になると、手術ができないままにほとんど亡くなっていたのです。そういう意味で、現代人は非常に幸せであるということができます。 [心臓について知る/01]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心臓について知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。