2010年05月06日

●救急車が病院に着くまでの時間が過去最長を更新している

 人間には「突然死」のリスクがあります。突然死のほとんどは、「心
臓突然死」です。突然死は年間にして5〜7万人と推定されますが、こ
のうち76%が冠動脈疾患が原因であるといわれます。
 1995年の東京都監察医務院における健康者突然死の死因を示すデ
ータがあります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
           全体      男性      女性
         318人    230人     88人
        ―――――――――――――――――――――
   心血管疾患  72%     76%     60%
  冠動脈心疾患  58%     62%     46%
   脳血管疾患  11%      4%     30%
   消化器疾患   8%     11%      1%
   呼吸器疾患   3%      3%      5%
         ──東京都監察医務院/1995データより
――――――――――――――――――――――――――――――――
 心臓病は一刻を争う場合が多いのです。病人を一刻も早く病院に連れ
て行く必要があります。この場合、救急車が通報を受けてから病院に搬
送するまでの時間が生死のカギを握ります。
 2007年のデータですがその時間は「全国平均で33・4分」と、
この時点で過去最長になっているのです。2007年以降多くの病院が
潰れており現在ではこの時間はさらに伸びているものと思います。
 総務省消防庁のまとめたデータによると、全国で救急車で搬送された
合計の490万2753人のうち、病院到着までに2時間以上かかった
人は1万7580人であり、そのうち9282人が「急病人」の扱いだ
ったのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
    ≪病院までの到着時間≫
    30分〜1時間 ・・・・・・・・・・ 44.1%
    20分〜30分 ・・・・・・・・・・ 35.7%
    10分〜20分 ・・・・・・・・・・ 13.6%
    ≪地域別≫
     東京 ・・・・・・・・・ 47分 ←最長
     埼玉 ・・・・・・・・・ 39分
     千葉 ・・・・・・・・・ 37分
     岩手・茨城・栃木・・・・ 36分
     富山 ・・・・・・・・・ 25分 ←最短
――――――――――――――――――――――――――――――――

●突然死の起きやすい「入浴時」

 突然死の原因になるものはいろいろあります。突然死の第1位は「就
寝中」ですが、第2位は「入浴中」なのです。京都大学保健管理センタ
ーの調査によると、全国で毎年2万人弱が入浴中に突然死しています。
その内訳は「溺死」が2割、「病死」は8割といわれています。
 それでは、入浴中に突然死が起きるのはなぜでしょうか。長山雅俊医
師は次の4つの原因を上げています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
         1.水分の不足
         2.水圧が静脈を圧迫する
         3.居眠りが起きやすい
         4.血圧の急降下
     ――長山雅俊著、『心臓が危ない』/祥伝社新書156
――――――――――――――――――――――――――――――――
 入浴すると、200〜300CCの水分が失われるといわれます。若
い人の場合は冷たい水を飲みたくなるので水分は補給されますが、高齢
者になると、喉の渇きは自覚されにくくなり、血管内に血栓のできる原
因になります。
 湯船に入り、体を沈めると、強い水圧が体全体にかかります。これに
よって静脈圧が上昇し、心臓に戻ってくる血液が増加して、それを弱っ
た心臓が処理できなくなると息切れが起きます。したがって、首までど
っぷりと浸からないようにする必要があります。
 また、入浴すると血管が広がるのです。そうすると、副交感神経が働
いて、居眠りをしてしまうことがあります。高齢者の場合、そのまま意
識が薄れて、溺死してしまう恐れがあります。
 このように入浴すれば血圧は上昇するのですが、それよりも危険なの
はその後、血圧が急速に下がることです。とくに高齢者の場合は、入浴
後5分ぐらいで、入浴前より血圧が5〜30%低下します。これによっ
て意識障害がおき、フラフラして倒れてしまう恐れもあるのです。
 これらの4つのことを頭において、入浴をすること──これによって
入浴時の突然死のほとんどは防げるのです。
――――――――――――――― ―― [心臓について知る/10]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心臓について知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。