2010年05月13日

●突然死は運動中に起きることが多い

 どういうときに突然死は起きるのでしょうか。
 ある小学校の運動会での話です。運動会当日、あいにく雨が降ってい
たのです。あまり激しい雨ではないし、行事も立て混んでいたので、雨
天強行したのです。肌寒い中無理やり競技をはじめたのですが、ある少
女がリレーでバトンを次の走者に渡した直後に倒れ、意識不明になった
のです。必死の心臓マッサージも空しく少女は亡くなってしまったので
す。
 原因は、準備体操不足でした。晴天であれば、式典のあとで生徒全員
で体操をする予定が組まれていたのですが、雨天のため、式典と準備体
操を省略して競技に入ってしまったのです。
 東京都監察医務院の調査──1948年から1999年にかけて東京
都内で運動中に亡くなった事例によると、52年間に534人が亡くな
り、年齢別では10代が116人と最多であり、第2位は50代の83
人だったのです。
 それでは、どういう競技で亡くなるケースが多いのでしょうか。50
歳未満と50以上に分けて示します。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      ☆50歳未満       ☆50歳以上
       1.ランニング      1.ゴルフ
       2.水泳         2.ダンス
       3.野球         3.ゲートボール
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ちなみに突然死した人の死因を詳しく調べてみると、ほとんどが「病
歴なし」の人が多く、健康体の人が多かったのです。それに一番危険な
のは、自分は健康だと過信することです。とくに運動では準備体操は必
要であり、これを省略して競技に入ることは絶対にしてはならないので
す。

●ゴルフはある意味において「危険なスポーツ」である

 東京都監察医務院の1984年〜1996年の研究によると、ゴルフ
競技中での死亡がかなり高いことがわかっています。ゴルフ競技中での
突然死は、年平均28.7 人となっており、そのうち中高年で心臓病な
どの持病のある人が半数以上を占めていたのです。以下は年齢別の死亡
率です。
――――――――――――――――――――――――――――――――
        40代 ・・・・・ 19.3 %
        50代 ・・・・・ 33.5 %
        60代 ・・・・・ 29.0 %
――――――――――――――――――――――――――――――――
 実はゴルフ競技中の3つのリスクというものがあるのです。3つのリ
スクとは次のリスクです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
        1.朝一番ティーショットの緊張
        2.グリーンに駆け上がるリスク
        3.勝負どころでのパターの瞬間
――――――――――――――――――――――――――――――――
 まず、「朝一番ティーショットの緊張」ですが、多くの視線が集まる
ため、どうしても力が入る人が多く、強い緊張感を感ずるのです。それ
に加えて準備運動不足が加わると、一層リスクが高くなります。
 続いて、「グリーンに駆け上がるリスク」です。ピンが見えない砲台
グリーンのあるコースで、グリーンに乗ったと思われるとき、初心者ゴ
ルファーは自分の打ったショットがどのくらいピンに近寄ったかを見た
いため、砲台グリーンを駆け上がる人が多いのです。ワクワクしながら
急速な運動を起こすと、心臓が異常をきたし、亡くなる人が多いのです。
 最後に「勝負どころでのパターの瞬間」です。すなわち、「これで勝
負が決まる」場面でのパターです。どうしても緊張するし、うまく転が
るとワクワクしながら走り出す人が多いのですが、この瞬間が危険なの
です。
 なぜ、ゴルフはリスクが多いのでしょうか。
 まず、ゴルフという競技が「ハラハラドキドキ」するスポーツである
ということです。それは、ときと場合によっては、実力以上の成績も不
可能ではないスポーツであることを示しています。このこと自体が心臓
にとっては良くないのです。「ハラハラドキドキ」がストレスに変わる
ことも多いのです。
 もうひとつ、ゴルフというスポーツは、いったん約束すると断れない
スポーツであるということです。そのため多少風邪気味でも出かけます
し、雨が降っていても強行するケースが多いのです。
 さらにもうひとつ大きな危険があります。ゴルフは9ホールを終了し
て、クラブハウスに入り、食事をして飲酒──とくに冷たいビールを飲
むことも少なくないのです。この場合、身体をちゃんと休めなければな
らないのに、休みはそこそこにして残りのホールに向かうケースが多い
からです。
 一回ゴルフすると、アベレージ・ゴルファーで約一万歩歩くといわれ
ています。しかし、初心者はボールが思った方向に飛ばないので、一万
歩よりも多く歩くことになるのです。ゴルフというスポーツはかなり重
労働なのです。
――――――――――――――― ―― [心臓について知る/11]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心臓について知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。