2010年08月05日

●鬱病になる原因はわかっていない

 厚労省の「うつ対策推進方策マニュアル」というものがあります。そ
の中の「うつ病の可能性を疑う状態」のチェックというのがあるので、
ご紹介することにします。やってみてください。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 1.毎日の生活に充実感がない
 2.これまで楽しんでやれていたことが楽しめなくなった
 3.以前はラクにできていたことが、今ではおっくうに感じられる
 4.自分が役に立つ人間だと思えない
 5.わけもなく疲れたような感じがする
――――――――――――――――――――――――――――――――
 イススかノーで答えて、そのうちの2項目以上が2週間以上、ほとん
ど毎日続いていて、そのためにつらい気持ちになったり、毎日の生活に
支障が出ているようであれば、直ちに医師の診断を勧めています。
 ところで、鬱病は何が原因で起きるのでしょうか。実は、現在でも原
因が究明されていないのです。次の2つの仮説があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
           1.セロトニン仮説
           2.神経可塑性説
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1の「セロトニン仮説」とは何でしょうか。
 脳内で不足している神経伝達物質のセロトニンを抗鬱剤が増強し、鬱
病を改善するというものです。動物実験では1時間程度でセロトニンが
増えることはわかっています。
 しかし、人の場合、抗鬱剤を服用した患者に症状改善が見られるまで
2週間程度かかるのです。もし、セロトニン欠乏が原因であれば、この
タイムラグは説明できなくなります。抗鬱剤が脳内に何らかの変化をも
たらしたのではないかと考えることもできるのです。
 第2の「神経可塑性説」とは何でしょうか。
 この説によると、ストレスを受けたとき、コルチゾールというストレ
スホルモンが過剰に分泌され、BDNF(脳由来神経栄養因子)の機能
が低下するのです。その結果、脳の神経細胞から伸びる突起が萎縮した
り、神経細胞の新生が阻害され、脳の神経細胞に異常をきたし、鬱状態
になるという考え方です。
 一般的には、人はストレスを受けてもそれに慣れるのですが、鬱病の
人はストレスに弱く、身体がストレスを受け続けるので、神経細胞が影
響を受けるというのが、神経可塑性説です。
 抗鬱剤は、セロトニンを増加させ、BDNFを増強し、神経細胞に作
用すると考えられています。抗鬱剤が効くのはこれが原因であるという
考え方です。

●鬱病には10種類のタイプがある

 鬱病は一つの原因で起きる病気ではなくて、さまざまな原因で起きる
症候群と理解されています。したがって、医師は患者から症状を聞き、
あるレベル以上になれば、抗鬱剤を使うメリットがあるという判断して
いるので、なぜ、鬱病になったかはあまり問題にされないのです。
 現在、鬱病は多様化しており、そのタイプは次の10種類に及ぶので
す。
――――――――――――――――――――――――――――――――
  1.メランコリー型 ────── オールドタイプ鬱病

  2.双極型 ───────I
               I── ニュータイプの鬱病
  3.非定型 ───────I   (DSM−非収録)

  4.葛藤反応型 ─────I
  5.逃避型        I
  6.未熟型        I
  7.ディスチミア型    I── ニュータイプの鬱病
  8.恐怖型        I  (DSM−W非収録)
  9.職業結合型      I
 10.双極スペクトラム ──I
                 「週刊東洋経済」7/24より
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「DSM−W」というのは、米国精神医学学会作成の基準のことです。
現在日本では、はっきり鬱病と診断されるのは、「メランコリー型」だ
けであるといわれています。これは富士山に例えると冠雪部分のみです
が、米国精神医学学会の基準「DSM−W」では、5合目から上なので
す。
 この基準に従うとしても、冠雪部分は治療ができるものの、土地の部
分はどのように治療すべきかきちんとしたことは決まっていないようで
す。DSM−Wでは、患者から症状を聞き出す90分に及ぶ面接マニュ
アルがあるのです。少なくとも精神科に関しては現状において、日本の
医療には、問題が多いようです。       ──[鬱の話/11]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

●「新型うつ」には4つのタイプがある

 最近いままでの鬱病とは異なる新しいタイプの鬱病が流行していると
いわれています。4つほどあります。これらの鬱病については、あえて
「うつ」と平仮名で書くことにします。
――――――――――――――――――――――――――――――――
            1.逃避型うつ
            2.未熟型うつ
            3.現代型うつ
            4.非定型うつ
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1は「逃避型うつ」です。
 困難な状況に直面した際に問題解決をすぐに諦め、不安、苦悩のない
抑うつ状態に逃避しているようにみえるタイプの鬱病です。過保護な母
親から甘やかされて育ち、友人関係もそつなくこなし、知的水準も高い
ため、葛藤の少ない人生を送ってきた人に多いのです。自責的になるこ
とは少なく、仕事に対しては限局的に意欲を失い、遊びには比較的活発
なのが普通です。
 第2は「未熟型うつ」です。
 本人の要求がかなえられない状況でうつ状態になると、他者に依存す
るのです。そして依存がかなえられないと攻撃的になります。人格的成
熟に対応して「未熟」と呼称しています。病前性格は依存的でわがまま、
自己中心的、自己顕示的、自己の能力を過大評価する傾向があります。
日内変動、早朝覚醒、食欲低下も認められます。内因性うつ病に含まれ
るとみなされています。
 第3は「現代型うつ」です。
 比較的若いサラリーマンに典型的に見られる軽症の内因性鬱病です。
組織への一体感や忠誠心を拒否し、同僚との連帯感も乏しく、仕事熱心
ではないのです。負荷が過大になり仕事をこなすと、さらに負荷が増大
する状況で症状が顕著になります。他人に迷惑がかかるという罪悪感、
自責感に乏しい印象があり趣味などの個性を発揮する領域で強迫傾向が
認められます。
 第4は「非定型うつ」です。
 コロンビア大学研究グループは、鬱病患者の中でモノアミン酸化酵素
阻害薬がよく効く患者群を報告してきています。状況によって元気にな
ったり、落ち込んだりして、気分の浮き沈みが激しいのが最大の特徴で
あり、それが基本となる症状です。過眠・過食、とくに気分が落ち込ん
でいるときに、いくら寝ても、食べても満足しないという状態がよく起
こります。睡眠のリズムが乱れ、日常生活に支障が出てきています。

●なぜ「新型うつ」が増えるのか

 「新型うつ」などと称して、典型的な鬱病とは異なった新しいタイプ
の鬱病が話題になっています。それは鬱病かそうでないかの見分けのつ
かない鬱病です。「仕事中はうつ、会社の外では元気」というのが、ひ
とつの典型的な症状です。どうして、このようなタイプの鬱病が増える
のかについては、次の4つの理由があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
         1.鬱病の概念が広がっている
         2.抗鬱剤が発展し売上げ向上
         3.ストレスの過大な現代社会
         4.心療内科クリニックが増加
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1に鬱病の概念が広がったのは、DSM──米国精神医学会によっ
て定められたマニュアルであり、さまざまな病理の診断基準を示したも
の──これの誤訳というか、拡大解釈説が患者を増やしたといわれてい
るのです。
 第2に、昔からある病気が治療できるような治療薬ができると、その
病気が増えるといわれます。現在、抗鬱剤の売り上げが向上しているの
で、新しいタイプの鬱病が増えています。使いやすい抗鬱薬が増えたの
で、潜在的な鬱病患者が掘り起こされたのではないかともいわれていま
す。
 第3に現代社会の持つ必然性です。現代社会はストレスの多い状況に
あります。そういう時代には必然的に鬱病は増えるものです。「鬱病は
心のかぜ」というキャッチフレーズとともに「自称うつ」の患者が現在
増えつつあります。
 第4に最近心療内科クリニックが増加していることです。医師も商売
であり患者が多い科の医師になろうとします。最近の医師は、医師であ
りながら血を見ることを嫌い、生死に向き合うことを嫌がる人が少なく
ないのです。
 その点精神科は血も見ないし、生死と向き合う場面も少ないので、な
りたがる医師が多いのです。それも精神科というのは抵抗がありますが
「心療内科クリニック」というのであれぱ、抵抗感はないのです。患者
も来院しやすいし患者も多くので、流行るのです。
 今や人気のある精神科のクリニックは予約が多すぎて2年待ちなどい
うところもあります。現代では、失恋して落ち込んでいる人まで鬱病に
されてしまうし、とくに若い人を中心に「自称うつ」が増えているので
す。そういう時代とはいえ、この風潮は問題のあることであるであると
思います。                 ──[鬱の話/12]
                          
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

●実現しなかった「健診でうつ発見」の長妻プラン

 2010年4月20日付の読売新聞に次の記事が掲載されたのです。
鬱病対策に関するニュースです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 政府は職場でのストレスなどを原因としたうつ病など精神疾患の広が
 りに対処するため、企業や事業所が実施する健康診断に精神疾患を早
 期に発見するための項目を盛り込む方針を固めた。また、企業などの
 メンタルヘルス(精神衛生)対策を指導する国の専門職員の研修時間
 を2倍以上に増やすなど、精神疾患対策に本格的に取り組む。対策は
 厚生労働省の「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」が今月中に
 もまとめる提言に盛り込まれる予定で政府は総合的な自殺防止対策の
 一環として2011年度からの実施を目指す。
            ──2010年4月20日付、読売新聞より      http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=23768
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ところが、7月下旬になって、職場の定期検診で鬱病をチェックする
対策は実施しないことに決まったのです。そこに何があったのでしょう
か。
 長妻厚労相が発案した、定期健診におけるメンタルヘルス対策の検討
は最初から難航したのです。5月31日に厚労省は、「職場におけるメ
ンタルヘルス対策検討会」──相澤好治・北里大学医学部長が座長──
というPTを立ち上げたのです。
 しかし、PTでは、最初から否定的な意見が相次いだのです。懸念の
多くは労働者の不利益になるというものです。健診のさいのチェックで
鬱病と判断されると、中小零細企業の場合は、解雇されるか勧奨退職に
追い込まれることが少なくないのです。
 PTの委員の一人である五十嵐千代氏(東京工科大学産業保健実践セ
ンター長)は次の指摘をしています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 年一回の健診時にメンタルヘルスチェックで鬱病患者を見つけ出すの
 は極めて難しい。それよりも、相談窓口を充実させ、保健師などがい
 つでも労働者の相談に乗れる体制が重要だ。    
                ──「週刊東洋経済」7/24より
――――――――――――――――――――――――――――――――
 結局、健診にさいしては鬱病や精神疾患に関する質問ではなく、「自
覚症状」としての睡眠や食欲、倦怠感などについて把握するという記述
が報告書の中に盛り込まれたのです。しかし、こうした方策によって、
メンタルヘルスの不調が把握されても、有効な対策につなげるための専
門人材の不足が大きな障壁になっています。

●失業率と自殺率は一致する傾向がある

 問題は、鬱病の疑いが出た場合、適切な診断と投薬が行われるかどう
かなのです。専門医が決定的に不足しているからです。
 内科および精神科を専門とする斎尾武郎医師は、次のように述べてい
ます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 不適切な診療により、おびただしい数の抗精神薬を投与されている患
 者を診てきた。過剰に薬を投与されても、自殺衝動が止められないう
 つ病患者はたくさんいるのではないか。精神科医療の質が問題だ。過
 剰な投薬をやめ、生活の乱れを直すことが必要。だから、半年や1年
 の休職で病気を治すのは至難の業だ。       
                ──「週刊東洋経済」7/24より
――――――――――――――――――――――――――――――――
 2007年における厚労省の「労働者健康状況調査」によると、職場
で働く労働者に「強い不安、悩み、ストレスがあるかどうか」を聞くと
結果は次のようになったのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ≪強い不安、悩み、ストレスがあるかどうか≫
          ある ・・・・・・・・・・ 58.0%
          ない ・・・・・・・・・・ 42.0%
 ≪悩みの内訳/複数回答≫
     職場の人間関係 ・・・・・・・・・・ 38.4%
        仕事の質 ・・・・・・・・・・ 34.8%
        仕事の量 ・・・・・・・・・・ 30.6%
      会社の将来性 ・・・・・・・・・・ 22.7%
      仕事への適性 ・・・・・・・・・・ 22.5%
            「労働者健康状況調査」/2007より
――――――――――――――――――――――――――――――――
 失業率と自殺率は一致する傾向があります。失業者が生まれるような
経済状況が自殺率の増加にも反映していると思われます。これまで長期
安定的に雇用を支えてきた日本的経営が崩れ、成果主義が導入されたこ
とによって強いストレスを生む職場環境になっていることに原因の一端
があります。
 しかし、現在のところ、大企業でもメンタルヘルス対策をきちんとと
っているところは少なく、中小零細企業にいたっては、まったく対応で
きていないところがほとんどです。       ──[鬱の話/13]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

●「認知行動療法」が注目されている

 「認知行動療法」といわれる鬱病の治療法があります。この療法に関
して新聞に次の記事が出ていました。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 うつ病などの治療で薬だけに頼らない「認知行動療法」が注目されて
 いる。これまで効果を疑問視する意見もあったが、薬物療法と併用す
 ると効果的というエビデンス(科学的な証拠)も出そろってきた。4
 月から一部で健康保険も適用になった。ただ、診察に時間がかかる割
 に診療報酬が低く、医師の教育が行き届かないなど、医療現場に浸透
 するには課題も多い。
           ──2010年4月9日付、日本経済新聞より
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「認知行動療法」は精神療法のひとつで、考え方や行動のクセを改め
て、落ち込みやすいといった気分を変える療法です。鬱病の患者は、自
分の世界や将来に関して、悲観的、否定的なものの見方をしがちなので
す。
 何かがうまくいかないと、「自分はダメな人間だ」とか、「生きてい
く価値のない人間だ」というネガティブな考え方──認知を抱き、それ
が気分や行動に大きな影響を及ぼすのです。
 認知行動療法では、これを「認知の歪み」としてとらえ、患者にそう
いう認知の歪みがあることを把握してもらい、それが妥当性を欠いたも
のであることを患者に気付いてもらうのです。
 そして、面談や作業などを通じて、歪んだ認知を現実性のある妥当な
ものへと修正し、行動も変えて行くのです。主に軽症から中等症のうつ
病患者が対象で、精神科医や心療内科医、臨床心理士らが面談をしなが
ら進めるのが一般的な治療方法です。英国では、軽症鬱病の患者に関し
ては、薬物療法ではなく、最初に認知行動療法を用いることが治療ガイ
ドラインで定められています。千葉大学大学院医学研究院の清水栄司教
授は次のように述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 欧米では認知行動療法が、薬物療法と並んで、欝病治療の柱となって
 いる。治療効果についてのエビデンス(科学的根拠)が出揃ってきて
 いる。            ──「週刊東洋経済」7/24より               ――――――――――――――――――――――――――――――――

●光トポグラフィー検査で鬱病か否かがわかる

 光トポグラフィー検査というものがあります。赤外線よりもやや波長
の短い近赤外光を頭蓋内に照射し、その反射光を計測して、大脳皮質の
血液量の変化を見るものです。
 これによって脳の活動状態がわかるのです。健常者と、鬱病、双極性
障害、統合失調症では脳の活動状態が違うので、本当に鬱病かどうかの
判断に使えるのです。
 2009年4月10日付の日本経済新聞・夕刊に、光トポグラフィー
検査による鬱症状の診断について次の記事がありました。この検査法は
2009年4月から先進医療として認められているのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 うつ病患者が急増しているが、診断は問診に頼っているため誤診も少
 なくないようだ。最新鋭の検査装置を使って脳の血流を調べ、精神疾
 患かどうかを診る試みが、4月から先進医療として認められた。誤診
 を回避したり治療方針が立てやすくなったりなどの利点があり、将来
 心の病の診断は大きく様変わりしそうだ。
──2009年4月10日付の日本経済新聞・夕刊
――――――――――――――――――――――――――――――――
 先進医療というのは、高度な医療技術を研究と診療の中間として位置
付け、保険適用について検討する制度で,2009年末時点で120種
類の技術が指定されています。この先進医療のひとつとして,「光トポ
グラフィー検査を用いた欝症状の鑑別診断補助」が2009年4月に精
神医療分野として初めて承認を受けたのです。保険診療と併用でき,検
査料は1万3000円程度です。
 こんなケースがあります。42歳の男性ですが、5年ほど前から微熱
と倦怠感が続くので、心療内科を受診したところ「鬱病」と診断された
のです。しかし、いくら治療を続けても改善しないので、東大病院を紹
介され、光トポグラフィー検査を受けたのです。
 検査によると、そこに見られたのは鬱病ではなく「双極性障害(躁鬱
病)」だったというのです。双極性障害の患者は、躁状態と欝状態を繰
り返すのですが、受診するのはほとんどが欝状態のときなのです。その
ため、鬱病と誤診されてしまうことが多いのです。
 誤診され、抗欝剤を処方された場合、「躁転」して病状が悪化すると
きが多いのです。したがって、鬱病が疑われたら、光トポグラフィー検
査を受診することが望ましいのです。
 この検査で進んでいるのは東大病院であり、この3月から「4日間の
短期入院プログラム」(心の検査入院)を実施しています。対象者とし
ては、鬱病を治療しているが、なかなか改善しない人、何度も発症を繰
り返して治らない人です。費用は3割負担で7万円程度です。
                       ──[鬱の話/14]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。