2010年12月02日

●2つの原理

 セロトニン神経の権威である有田秀穂先生は、次の2つの原理を対比
させて使っています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
           1.ドーパミン原理
           2.セロトニン原理
――――――――――――――――――――――――――――――――
 有田先生は、これら2つの原理の違いを最近の流行語である「婚活」
を例にとって次のように説明しています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 最近の若い人は、多くの人がドーパミン原理で相手を探しているの
ではないでしょうか。「この人、どれぐらい稼いでくれるのかしら」
「いい生活ができるのかな」というわけです。結局は、すべてをお金
に換算しているわけです。こうしたドーパミン原理で婚活している限
り、いつまで経っても解決はしません。もちろん、女性だけではあり
ません。男性は男性で、「こんな美人と結婚すれば幸せだろうな」
「一緒に連れて歩くと自慢できるぞ」というように、美醜の基準にし
たがって婚括をしてはいないでしょうか。
──有田秀穂著『ストレスに強い脳、弱い脳』/青春新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ドーパミンというのは、人間の意欲の根源ですが、その源を引き起こ
す力は「報酬」なのです。この「報酬」を前提とする行動を「ドーパミ
ン原理」というのです。したがって婚活をこの考え方でやると、どうし
ても稼ぎとか生活レベルなど、お金に換算してしまう傾向があります。
 しかし、これではたとえそういう理想的な相手が見つかったとしても
幸せな結婚生活が送れるとは限りません。結婚直後こそドーパミンで
「快」の気分になっているかもしれませんが、そのまま最後まで「快」
のままでいられるはずがないのです。
 これに対してセロトニン原理というのは、相手との共感やコミュニケ
ーションを重視する考え方です。結婚というのは、基本的に共感の世界
であり、相手と共感できるかどうかで、幸せな結婚生活が送れるかどう
かが決まってくるのです。有田先生は、共感の世界について次のように
説明しています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 共感の世界というのは、他者とのゆるぎないコミュニケーションに基
 づいています。赤ん坊とはべったりとスキンシップをして、呼吸を合
 わせなくてはなりません。相手の親兄弟はもちろん、親戚づきあいも
 必要でしょう。そうした新しい社会のなかに、どっぷりと入っていか
 なくてはならないのです。 ──有田秀穂著の前掲書より
――――――――――――――――――――――――――――――――

●江戸時代はセロトニン原理社会 

セロトニン原理で行う典型的な活動にボランティア活動があります。
「情けは人のためならず」という言葉があります。相手に情けをかける
のは、相手のためにする行為のように見えますが、結局は自分のために
なる行為なのです。この言葉はそういうことをいっています。これこそ
セロトニン原理に基づく行動であるといえます。
 利益を追求する企業活動においても、必ずしも儲けを目的とせず、多
くの人のためになる企業の社会的責任に基づく活動があります。そうい
う活動が行われると結果的にはその企業自身に見返りがくるというわけ
です。
 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』が終りましたが、国際金融経済学者の
榊原英資氏は『龍馬伝説の虚実/勝者の書いた維新の歴史』(朝日新聞
出版)という本の中で「明治という時代を素晴らしい時代という人がい
るが、江戸時代に回帰することが、今、必要である」と述べています。
 有田氏も「江戸時代はセロトニン原理が中心で動いていた時代」と述
べており、開国前の江戸時代を絶賛しています。つまり、江戸時代の社
会というのは共感力を働かせる社会だったといっても過言ではないので
す。
 侍の世界では、自分を捨てて人々のために何かをする「滅私奉公」と
いう価値観があり、江戸時代の共感力をあらわしています。それこそま
さにセロトニン原理そのものです。そういう意味において、江戸時代は
平和にして理想の時代であったともいえるのです。江戸時代を評価する
榊原英資氏は、坂本龍馬を西郷隆盛や桂小五郎よりもインテリであると
し、本の終りを次の文章で締めくくっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 勝や龍馬のような知性派が明治の改革を仕切っていたら、武断派の西
 郷や桂が引き起こした凄惨な戦いや長引いた混乱は、起こらなかった
 かもしれません。歴史にイフ(もしも)はないのですが少なくとも龍
 馬をそうした角度から評価し直す必要があるのではないでしょうか。
 龍馬なら、改革を進めるとともに江戸時代のいい部分を残したかもし
 れません。
──榊原英資著 『龍馬伝説の虚実/勝者の書いた維新の歴史』
(朝日新聞出版)より
 ―――――――――― ──[ストレスと脳の話/13/最終回]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと脳の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

●「フレンチ・パラドックス」というものがある

 「赤ワインは身体に良い」という噂が立って、ワインを飲む人が劇的
に増えたといいます。どこにその根拠があるのでしょうか。
 それは、「フレンチ・パラドックス」がきているのです。「フレンチ
・パラドックス」とは何でしょうか。
 肉類や乳製品などの動物性脂肪の摂取量と心臓病の死亡率には、関係
があります。すなわち、動物性脂肪の摂取量が増えれば増えるほど、心
臓病で亡くなる危険度が高くなるのです。
 しかし、例外があります。それはフランスです。フランス人は動物性
脂肪の摂取量が非常に多いのに、心臓病の死亡率は英国人やドイツ人の
2分の1から3分の1ときわめて低率なのです。これは2005年のデ
ータで調べてみても変化がないのです。これを「フレンチ・パラドック
ス」といいます。
 そのパラドックスを解くカギは「赤ワイン」にあります。フランスで
は、ボルドーやブルゴーニュなどで質の高い赤ワインを生産しており、
フランス人はまるで水を飲むように赤ワインを飲んでいるのです。
 フランスではワインは「飲む主食」といわれ、昼食時に「おかず」の
パンを噛りながらワインを飲む姿はごく日常的な風景となっています。
実際フランス人の1人当たりの年間ワイン消費量は、約67リットルで
世界一なのです。英国人の6・5倍、ドイツ人の2・5倍になります。
日本人と比べると実に70倍になるのです。
 フレンチ・パラドックスの謎を解くため赤ワインの健康成分を探す試
みが続けられ、その結果見つかったのが「ポリフェノール」なのです。
ポリフェノールとは、植物に多く含まれる色素や苦味の成分です。ほと
んどが植物に存在し、その種類は300種類以上といわれています。О
H基というものが、活性酸素を除去する抗酸化効果が強いとされていま
す。それが赤ワインに多く含まれているのです。
 動物性脂肪を摂り過ぎると、血管内に脂肪が溜まってきます。それが
酸化すると、血液が硬く脆くなる動脈硬化が進行し、それによって血管
が詰まると、心臓病が起こります。しかし、ポリフェノールには血管内
に溜まった脂肪の酸化するのを防ぐ働きがあるのです。
 赤ワインを調べてみると、赤い色素成分のアントシアニン、渋みのタ
ンニンそれに果皮や種に入っているレスベラトロールなどの多くのポリ
フェノールが含まれていることがわかったのです。
 フランス人が動物性脂肪を多く摂っているにもかかわらず、心臓病で
死ぬ人が少ないのは、赤ワインを多く摂取することによるポリフェノー
ルの多量摂取にあることは明らかです。

●赤ワインは必ずしも身体によくない

 フレンチ・パラドックスがわかってからというもの、日本でも赤ワイ
ンを飲む人が増えています。健康にいいからといって、下戸で今までワ
インなど飲んだことがなかった人まで赤ワインを飲むようになったとい
います。
 しかし、心臓病を防ぐのが目的で赤ワインを多く飲むのは考えもので
す。なぜなら、アルコールが良くないからです。それに赤ワインといえ
どもアルコールは依存性があって、なかなかやめることができないから
です。
 もうひとつあります。ポリフェノールは赤ワインだけでなく、野菜や
果物、緑茶、コーヒーなどに含まれています。もっとも多くポリフェノ
ールが含まれている14種の食品を上げておきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
   ●赤ワイン       ●生姜
   ●緑茶         ●ウコン
   ●ゴマ         ●柿
   ●大豆         ●プルーン
   ●りんご        ●イチゴ
   ●タマネギ       ●カカオ(チョコレートやココア等)
   ●ブルーベリー     ●紫芋
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ポリフェノールは熱に強く、壊れにくいので調理する際に気をつける
ことは特にありません。それにポリフェノールは皮の部分に多く含まれ
ています。果物などを食べる際は皮ごと食べられるものを選択するのも
良いでしょう。ブドウなどは皮まで食べられるもの、ミカンやグレープ
フルーツよりもりんごを選ぶようにすると良いと思います。
 または、皮ごと煮てジャムやマーマレードなどに加工するのも良いと
思います。しかし、ポリフェノールを多く含んだものだけを食べる事は
偏った食生活になりやすいので注意が必要です。
 果実などに多く含まれているので、食後のデザート感覚で食べるよう
にすると、うまく取れると思います。赤ワインにも含まれますが、飲み
すぎには注意が必要です。
 「赤ワインは身体に良い」──これは間違いであり、「ポリフェノー
ルは身体に良い」に置き換えて実践して欲しいものです。
              ──[健康常識に異議あり/01]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康常識に異議あり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

●「エンプティカロリー」とは何か

 酒飲みというのは言い訳の多い人種です。なんだかんだと理屈をつけ
て酒を飲み続けるのです。最近は酒飲みの間で次の言い訳がはやってい
るのですが、ご存知でしょうか。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      お酒はエンプティカロリーだから太らない
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「エンプティカロリー」は「カロリーゼロ」ではないのです。タンバ
ク質やビタミンやミネラルなどの栄養素、つまり中身がないのにカロリ
ーだけはあるというのがエンプティカロリーというのです。
 例えば、タンパク質は1グラムが4カロリーですが、タンパク質は体
内で、タンパク質にもブドウ糖にも脂肪にも転換できます。ところが、
アルコールは1グラムで7キロカロリーもありますが、タンパク質にも
ブドウ糖にも脂質になることもできず、熱にだけしか転換できないので
す。だから、アルコールは高カロリーだけど栄養的にエンプティといわ
れるのです。
 お酒のアルコールにはカロリーがあるのです。他の物質とカロリーを
比較すると次のようになります。アルコールはかなり高カロリーです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
    糖質・タンパク質 ・・・・・ 1グラム4キロカロリー
    脂質       ・・・・・ 1グラム9キロカロリー
    アルコール    ・・・・・ 1グラム7キロカロリー
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「ウイスキーや焼酎はエンプティーカロリーだから、つまみを食べな
ければ寝酒で一杯飲んでも太らない」と考えている人がいます。
 これは大間違いです。お酒には、アルコール以外の物質も多く含むの
です。ビールは麦芽、日本酒は米、ワインはぶどうなど、多くの糖質や
アミノ酸などを含んでいるのです。したがって、つまみを食べなくても
太る原因になってしまうのです。
 もう少し正確に述べましょう。私たちの睡眠中の体温は、肝臓が脂肪
を燃やして維持しているのです。寝る前にアルコールを飲むと、アルコ
ールは人体にとって有害物質ですから、肝臓は何をおいてもアルコール
を無害なアセトアルデヒドに変えて、熱と尿と炭酸ガスに変えて放出す
る作業に全力を上げざるを得ないのです。
 そうすると、その間、本来は睡眠中に肝臓で燃やされるはずだった体
脂肪がそのまま残ってしまい、太っていくことになるのです。

●タンパク質が減ると太りやすくなる

 3大栄養素をご存知ですか。3大栄養素は次の3つです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
           1.   糖質
           2.   脂質
           3.タンパク質
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ダイエットをする場合、このうち脂質をどうやって減らすかという発
想に陥りやすいものですが、そういうマイナス思考ではダイエットは失
敗する可能性が高いのです。それではどうすればよいのでしょうか。
 減らすのではなく、増やしたいのはタンバク質なのです。一般的にダ
イエットでは、カロリーが高い肉類や牛乳・乳製品などを控えようとし
ます。しかしこれらは貴重なタンパク質の供給源であり、ダイエットす
ると、タンパク質の摂取量が減少します。
 なぜ、このようなことをいうのかというと、タンパク質が不足すると、
太りやすくなるからです。筋肉は水分を除く固形物のほとんどがタンパ
ク質です。この筋肉を作るタンパク質は、肌が新陳代謝で入れ替わるよ
うにつねに分解と合成を繰り返しているのです。
 タンパク質が不足すると、筋肉の量が減るのです。筋肉の量が減ると
いうことは、基礎代謝の量が減るということです。代謝の量が減ると、
運動をしても脂質が燃えにくくなり、かえって太る原因になるのです。
 代謝のメカニズムは、通勤電車にたとえることができます。通勤電車
が駅に着くと、大勢の乗客が降りてまた大勢の乗客が乗ってきます。降
りる人と乗る人が同数なら、電車に乗っている乗客の総数には変化がな
いことになります。
 同様に筋肉のタンパク質の分解と合成のスピードが等しいと、筋肉の
ボリュームは維持されるのです。筋肉を構成するタンパク質はだいたい
一年ですべて入れ替わるのです。
 タンパク質の摂取量が少ないと、材料不足で筋肉を合成するスピード
が分解するスピードを下回るようになります。電車でいえば、降りる人
よりも新たに乗ってくる人が少ないと乗客の総数が減るのと同じです。
 じっと横になっているときでも消費しているエネルギー代謝を基礎代
謝量といい、一日の総消費カロリーの70%を占めるのです。筋肉は、
基礎代謝量の30%〜40%を担っているので、筋肉が減ると消費カロ
リーがダウンし、太りやすくなるのです。
                ──[健康常識に意義あり/02]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康常識に異議あり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

●「糖質ゼロ」の清涼飲料水の正体

 最近「糖類ゼロ」とか「糖質ゼロ」の清涼飲料水が多く出ています。
ところで、「糖類」と「糖質」の違いがわかるでしょうか。
 まず、知っておくべきことは、「糖類」と「糖質」では、「糖類」の
方が対象範囲は狭いということです。すなわち、砂糖や果糖などが「糖
類」で、その糖類にでんぷんや甘味料を含んだものが「糖質」という定
義になります。
 それに、レギュラータイプのコーラや缶コーヒーなどの清涼飲料水に
は、糖質がおよそ10%の濃度で含まれているのです。こういってもピ
ンとこないでしょうが、1・5リットルのペットボトルなら、角砂糖
(3g)50個分の糖質が含まれている計算です。
 そんなに入っていたら飲めない──このように思う人は多いでしょう
が、冷やすと、甘味を感じにくくなるので、美味しく飲めるのです。常
温ならとても飲めないでしょう。それに最近は健康志向ですから、それ
に合わせて「糖質ゼロ」、「カロリーゼロ」と銘うった清涼飲料水が多
くなっているのです。
 それでは「糖質ゼロ」なら大丈夫かというと、そうともいえないので
す。健康増進法による栄養表示基準では、100ml当り0・5g未満
なら、「糖質ゼロ」と表示できるからです。
 「カロリーゼロ」でも同じようなことがいえます。100ml当り5
キロカロリー未満なら、「カロリーゼロ」「ノンカロリー」と表示でき
るのです。なお、100ml当り20キロカロリー以下の製品は「カロ
リーオフ」や「低カロリー」という表示が許されています。
 「糖質ゼロ」や「カロリーゼロ」の清涼飲料水を実際に飲んでみると
かなり甘いのです。なぜ、甘いのかというと、人口甘味料──アセスルフ
ァムK、スクラロースなど──が使われているケースが多いからです。
 アセスルファムKは砂糖の200倍、スクラロースは砂糖の600倍
の甘さがあるのです。どうしてそんなものが使えるのかというと、これ
らの人口甘味料は体内で消化吸収されないので、カロリーにならないか
らです。
 こういう人口甘味料を飲んでも血糖値は上がらないのですが、過去に
甘いものを食べたときに血糖値が上がった経験を持つと、人口甘味料で
も舌や胃腸のセンサーで甘みを感ずると、血糖値の上がることを予測し
て、脳が血糖値が上がる前に先回りして「インスリン」を出して準備す
るのですが、人口甘味料の場合は空振りを食うのです。これを繰り返し
ていると、膵臓の負担になって、膵臓病の原因にもなります。

●甘いものを食べると脳が活性化する!?

 太ることを恐れて糖質を摂ることを制限すると、「脳が働かない」と
いうことがよくいわれます。これは本当のことなのでしょうか。
 糖質は、脳の神経細胞の主要な栄養源であり、不可欠なものであるこ
とは確かです。脳というのは、体重の2%ほどなのですが、安静時のエ
ネルギー代謝の18%前後を消費するといわれているのです。1日トー
タルで300キロカロリーは必要なのです。
 1日で300キロカロリーというと、体重60kgの人が時速10キ
ロメートルで30分走って消費するのと同じカロリーなのです。糖質は
1g4キロカローですから、300キロカロリーをすべて賄うには糖質
は1日75g必要になります。
 こういう事実があるので、糖質を制限すると「脳が働かない」という
ことがいわれるのですが、それは間違いです。人間には、糖質が十分に
摂れないときのために、体内で糖質を作るバックアップシステムを持っ
ているからです。
 このバックアップシステムには、次の2つの系統があるのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
         1.肝臓が糖質を蓄えている
         2.肝臓で糖質を作る糖新生
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1の系統は「肝臓が糖質を蓄えている」です。
 人間は肝臓に糖質を蓄えています。体重70キログラムの成人で、約
90gの糖質をグリコーゲンとして蓄えています。糖質供給のメカニズ
ムは次のように働きます。血糖値が低くなると、膵臓からグルカゴンと
いうホルモンが分泌されます。このホルモンの働きで、グリコーゲンは
ブドウ糖に分解されて脳に糖質を供給するのです。
 第2の系統は「肝臓で糖質を作る糖新生」です。
 肝臓で備蓄できるグリコーゲンは最大90g程度なので、半日何も食
べないと、底をついてしまいます。そこで肝臓には体脂肪とタンパク質
から糖質を作り血糖を維持する仕組みがあるのです。これを「糖新生」
というのです。グリカゴンはこの糖新生のプロセスもサポートするので
す。
 食後4〜6時間であれば、グリコーゲンと糖新生で脳の栄養は賄われ
るのです。食間は体脂肪の分解が進むのです。しかし、間食として甘い
ものを摂るとインスリンが分泌されて体脂肪の分解はストップしてしま
うのです。ですから脳に良いからと勝手な理屈をつけて、甘いものを間
食として摂ることは、肥満の原因になるだけです。人間の体は非常によ
くできているのです。
                ──[健康常識に意義あり/03]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康常識に異議あり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。