2010年12月16日

●「エンプティカロリー」とは何か

 酒飲みというのは言い訳の多い人種です。なんだかんだと理屈をつけ
て酒を飲み続けるのです。最近は酒飲みの間で次の言い訳がはやってい
るのですが、ご存知でしょうか。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      お酒はエンプティカロリーだから太らない
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「エンプティカロリー」は「カロリーゼロ」ではないのです。タンバ
ク質やビタミンやミネラルなどの栄養素、つまり中身がないのにカロリ
ーだけはあるというのがエンプティカロリーというのです。
 例えば、タンパク質は1グラムが4カロリーですが、タンパク質は体
内で、タンパク質にもブドウ糖にも脂肪にも転換できます。ところが、
アルコールは1グラムで7キロカロリーもありますが、タンパク質にも
ブドウ糖にも脂質になることもできず、熱にだけしか転換できないので
す。だから、アルコールは高カロリーだけど栄養的にエンプティといわ
れるのです。
 お酒のアルコールにはカロリーがあるのです。他の物質とカロリーを
比較すると次のようになります。アルコールはかなり高カロリーです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
    糖質・タンパク質 ・・・・・ 1グラム4キロカロリー
    脂質       ・・・・・ 1グラム9キロカロリー
    アルコール    ・・・・・ 1グラム7キロカロリー
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「ウイスキーや焼酎はエンプティーカロリーだから、つまみを食べな
ければ寝酒で一杯飲んでも太らない」と考えている人がいます。
 これは大間違いです。お酒には、アルコール以外の物質も多く含むの
です。ビールは麦芽、日本酒は米、ワインはぶどうなど、多くの糖質や
アミノ酸などを含んでいるのです。したがって、つまみを食べなくても
太る原因になってしまうのです。
 もう少し正確に述べましょう。私たちの睡眠中の体温は、肝臓が脂肪
を燃やして維持しているのです。寝る前にアルコールを飲むと、アルコ
ールは人体にとって有害物質ですから、肝臓は何をおいてもアルコール
を無害なアセトアルデヒドに変えて、熱と尿と炭酸ガスに変えて放出す
る作業に全力を上げざるを得ないのです。
 そうすると、その間、本来は睡眠中に肝臓で燃やされるはずだった体
脂肪がそのまま残ってしまい、太っていくことになるのです。

●タンパク質が減ると太りやすくなる

 3大栄養素をご存知ですか。3大栄養素は次の3つです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
           1.   糖質
           2.   脂質
           3.タンパク質
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ダイエットをする場合、このうち脂質をどうやって減らすかという発
想に陥りやすいものですが、そういうマイナス思考ではダイエットは失
敗する可能性が高いのです。それではどうすればよいのでしょうか。
 減らすのではなく、増やしたいのはタンバク質なのです。一般的にダ
イエットでは、カロリーが高い肉類や牛乳・乳製品などを控えようとし
ます。しかしこれらは貴重なタンパク質の供給源であり、ダイエットす
ると、タンパク質の摂取量が減少します。
 なぜ、このようなことをいうのかというと、タンパク質が不足すると、
太りやすくなるからです。筋肉は水分を除く固形物のほとんどがタンパ
ク質です。この筋肉を作るタンパク質は、肌が新陳代謝で入れ替わるよ
うにつねに分解と合成を繰り返しているのです。
 タンパク質が不足すると、筋肉の量が減るのです。筋肉の量が減ると
いうことは、基礎代謝の量が減るということです。代謝の量が減ると、
運動をしても脂質が燃えにくくなり、かえって太る原因になるのです。
 代謝のメカニズムは、通勤電車にたとえることができます。通勤電車
が駅に着くと、大勢の乗客が降りてまた大勢の乗客が乗ってきます。降
りる人と乗る人が同数なら、電車に乗っている乗客の総数には変化がな
いことになります。
 同様に筋肉のタンパク質の分解と合成のスピードが等しいと、筋肉の
ボリュームは維持されるのです。筋肉を構成するタンパク質はだいたい
一年ですべて入れ替わるのです。
 タンパク質の摂取量が少ないと、材料不足で筋肉を合成するスピード
が分解するスピードを下回るようになります。電車でいえば、降りる人
よりも新たに乗ってくる人が少ないと乗客の総数が減るのと同じです。
 じっと横になっているときでも消費しているエネルギー代謝を基礎代
謝量といい、一日の総消費カロリーの70%を占めるのです。筋肉は、
基礎代謝量の30%〜40%を担っているので、筋肉が減ると消費カロ
リーがダウンし、太りやすくなるのです。
                ──[健康常識に意義あり/02]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康常識に異議あり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。