2008年07月31日

●肝臓の3つの特徴

 あなたは肝臓のことをどのくらい知っていますか。
 肝臓というと、代謝、排出、解毒、体液の恒常性の維持におい
て重要な役割をする臓器として知られていますが、実際には50
0種類以上の働きを担うとされているのです。
 肝臓はよく化学工場とかコンビナートにもたとえられますが、
仮に肝臓の持つすべての仕事を行うためには、近代的な設備を備
えた工場――東京でいえば新丸ビルほどの大きさが3つも必要で
あるといわれるのです。
 肝臓が他の臓器と異なる点は、次の3つの特徴においてです。
肝臓という臓器には他の臓器に見られない次の3つの特徴がある
のです。
―――――――――――――――――――――――――――――
           1.沈黙の臓器
           2.再生の臓器
           3.高級な臓器
―――――――――――――――――――――――――――――
 第1の特徴は「沈黙の臓器」であることです。
 肝臓は相当のダメージを受けても痛みを訴えない臓器――沈黙
の臓器であるといわれます。肝炎や肝硬変でかなりのダメージを
受けていても、その働きをカバーするだけの3倍以上ともいわれ
る代謝能力を備えているのです。
 肝臓の大きさは1.2 キログラムほどあり、おなかの臓器の中
で最大な臓器です。肝臓の構造はこうなっています。肝臓はその
中央線――カントリー線という――その線の右側は65%、左側
は35%の2つの部分に分けられます。そして、肝臓の下側から
は、門脈と冠動脈が入ってきて肝臓に血液を供給しているのです。
 第2の特徴は「再生の臓器」であることです。
 肝臓は、人間の臓器の中では唯一、切り取っても再び蘇る力が
あるのです。健康な人の肝臓であれば、全体の65%〜70%ま
で切除することができるのです。たとえば、肝臓の一部を提供し
てくれるドナーから肝臓全体の30%に当たる350グラムの部
分を切り取って、重い肝臓病の人に移植すると、その人に移植し
た肝臓は本来あるべき大きさまで再生するのです。再生期間はわ
ずか一ヵ月ほどであるといわれます。
 もちろん肝臓の一部を提供したドナーの肝臓も元の大きさに戻
りますが、健康な人ですから、2週間もすれば肝臓は普通の大き
さになります。
 第3の特徴は「高級な臓器」であることです。
 切除しても再生するなどというと、トカゲの尻尾切りのように
低級臓器のようですが、機能面からいうと、肝臓は相当高級な臓
器なのです。人間の臓器の中には切り取ってしまっても支障の少
ない臓器はあるのです。
 胃や大腸はすべて摘出しても生きていくことはできますし、脾
臓はなくても大丈夫です。しかし、肝臓だけは、全部取ってしま
うと、肝不全を起こして数日で死亡します。そういう意味からも、
肝臓は人間にとってなくてはならない大切な臓器――すなわち、
「高級な臓器」ということになります。

●節度ある1日の飲酒量はどのくらいか

 飲酒と肝臓の関係について述べておく必要があります。どんな
お酒でも――それがビールであれ、焼酎であれ、ウィスキーであ
っても、飲めばエタノール(エチルアルコール)を介して必ず肝
臓の代謝に影響を与えるのです。
 肝臓はアルコール分を分解する役割をしますが、体内で完全に
アルコール分を分解するのは相当な時間がかかるのです。清酒2
合なら7時間以上、ビール1本でも最低4時間は必要といわれて
いるのです。
 それでは節度ある飲酒量はどのくらいなのでしょうか。
 それは、エタノール換算で「一日=20グラム」といわれてい
ます。これはお酒別に示すと次のようになります。
―――――――――――――――――――――――――――――

  エタノール換算で「一日=20グラム」
  ビール ・・・・・・ 中ビン1本/ 500ml
  ウィスキー ・・・・ ダブル1杯/  60ml
  ワイン ・・・・・・ クラス2杯  200ml
  清酒 ・・・・・・・ 一合     180ml
  焼酎 ・・・・・・・ 25%の焼酎で0.5 合
  ――高山忠利著/講談社+アルファ新書/383−1B
 『肝臓病の「常識」を疑え!/世界的権威が説く肝臓メンテナ
 ンス法』
―――――――――――――――――――――――――――――
 世の中には「酒豪」と「大酒豪」の2つがあります。日本酒に
換算してその違いを述べると、次のようになります。
―――――――――――――――――――――――――――――
常習飲酒家…1日平均3合以上飲む人
大 酒 豪…1日平均5合以上/週5日以上継続して飲む人
―――――――――――――――――――――――――――――
 高山忠利氏によると、大酒豪が10年以上にわたって大量に飲
酒を続けてもアルコールだけが原因で肝硬変になる確率は20%
といわれています。 
posted by キーヘルス at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。