2008年09月04日

●「肝臓が悪い」とはどういうことか

 「肝臓が悪い」というのはどういう状態をいうのでしょうか。
 医師がよく使う「肝障害」という言葉があります。これは肝臓
の状態を表す言葉の中で最も大きなくくりになります。ウイルス
性の肝障害、アルコール性の肝障害、肝がん、外傷もすべて「肝
障害」です。
 つまり、「肝臓が悪い」ということは「肝障害がある」という
ことと同じなのです。この中に「肝炎」は含まれるのです。肝炎
とは、肝臓に炎症が起きている状態をいうのです。
 肝臓が炎症を起こすと、肝臓の働きが悪くなり、身体全体にい
ろいろな障害が起こってきます。その原因にはいろいろあります
が、一番注意するべきは、肝炎ウイルスの感染です。
 肝炎ウイルスが原因で起きる肝炎は全体の80%です。したが
って、自分が肝炎ウイルスを持っているかどうかを知っておくこ
とは重要なのです。とくに日本人は欧米諸国と比べて肝炎ウイル
スの保有率は飛び抜けて高いのです。
 肝炎ウイルスには、「C型肝炎ウイルス」と「B型肝炎ウイル
ス」があります。肝がんの原因の75%はC型肝炎ウイルス、1
5%がB型肝炎ウイルスによるものです。C型肝炎ウイルスに冒
されると、「肝臓の階段」を一段ずつ登ることになります。
―――――――――――――――――――――――――――――
       慢性肝炎 → 肝硬変 → 肝がん
―――――――――――――――――――――――――――――

●ウイルス性肝炎には3種類がある

 ウイルス性肝炎はどのようにして起きるのでしょうか。
 何らかのアクシデントで、肝炎ウイルスが血液の中に入ったと
します。そうするとウイルスは肝臓の細胞の中に入り込んで増殖
を始めるのです。異物の進入を知った身体の免疫機能は、それら
のウイルスを追い出そうとして総攻撃をしかけるのです。
 しかし、肝炎ウイルスは細胞の中に隠れているので、ウイルス
だけを叩くことができないので、ウイルスに感染した自分の肝臓
の細胞全体を破壊してしまうのです。その結果起きる炎症が肝炎
です。
 ウイルス性肝炎には発症の仕方や症状の経過によって、次のつ
の種類があるのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
           1.急性肝炎
           2.慢性肝炎
           3.劇症肝炎
―――――――――――――――――――――――――――――
 第1は「急性肝炎」です。
 個人差はありますが、ウイルスに感染してから数週間から数月
後に発症する肝炎をいいます。肝炎の原因として最も多いのは「A
型肝炎ウイルス」(HAV)によるA型急性肝炎であり、以下ア
ルファベット順に、B型、C型と続きます。全身の倦怠感、食欲
不振、黄疸などの典型的な肝臓病の症状があらわれるのです。
 このような症状が出たときは、できるだけ早く病院に行き、肝
炎の程度や原因を調べてもらう必要があります。しかし、症状は
一時的なものであり、数ヶ月で症状はおさまります。
 第2は「慢性肝炎」です。
 慢性肝炎には自覚症状はなく、血液検査で発見されることが多
いのです。肝臓病の中で一番多いのがこの慢性肝炎です。自覚症
状はないといっても肝臓の中では、破壊と修復が繰り返されてお
り、血液検査で異常があらわれるのです。
 慢性肝炎と診断されても肝機能に問題がなければ、とくに治療
の必要はないのですが、B型・C型肝炎ウイルスが原因の場合は、
肝炎が慢性化することがあり、そのうちの一部は肝硬変に進むも
のがあるので、注意が必要です。
 自覚症状がないので知らないうちに病状が進んでしまうことが
多いのも慢性肝炎の特徴です。肝硬変になると、顔色は浅黒くな
り、皮膚は乾燥し、手足の筋肉が落ちて、腹部が膨張するという
ような症状が出てきます。
 第3は「劇症肝炎」です。
 急性肝炎患者の2%が劇症肝炎になるといわれています。初期
の症状は急性肝炎と同じです。急性肝炎で黄疸が出た場合、普通
は一週間もすると症状はおさまってくるのですが、それが悪化し
て劇症肝炎になると、意識障害が出てくるのです。
 どうして意識障害が起きるのかというと、肝臓の解毒作用が弱
まり、排泄しきれなくなった「アンモニア」が脳に運ばれてしま
うのです。その結果、「肝性脳症」が起こって意識がなくなって
しまいます。
 症状として出てくるのは、「プロトロンピン時間」が40%以
下になって、鳥が羽ばたくような震えが出る「羽ばたき振戦」が
起きると、劇症肝炎と診断されます。「プロトロンピン時間」と
いうのは、肝臓のタンパク合成能力を見る検査であり、正常人が
100%であるところそれが40%以下になると危険なのです。
この病気は特効薬がないので注意が肝要です。       
posted by キーヘルス at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。