2008年09月11日

●肝炎ウイルスの正体とは何か

 肝炎ウイルスの正体は何なのでしょうか。
 「ウイルスというのは細菌の一種である」――このように考え
ている人が多いのですが、それは間違いです。ウイルスは細菌で
はないのです。ウイルスというのは、生物と無生物のちょうど中
間的な存在です。細胞の中でしか生きられない存在です。
 ウイルスは生きている細胞に寄生して増殖していかないと死滅
してしまいます。風邪やインフルエンザの原因となるウイルス、
食中毒を起こすノロウイルスなども同じ仲間です。
 肝炎ウイルスは球状の粒子の形をとっています。外側はタンパ
ク質でできており、内部には遺伝子のDNAかRNAを持ってい
ます。
―――――――――――――――――――――――――――――
DNA――デオキシリボ核酸 → B型肝炎ウイルス(HBV)
RNA――    リボ核酸 → C型肝炎ウイルス(HCV)
―――――――――――――――――――――――――――――
 肝炎ウイルスは、肝臓のどこに寄生しているのでしょうか。
 肝炎ウイルスは3000億個といわれる肝細胞の中に入り込ん
で寄生しており、肝臓全体に存在しています。肝臓と一体となっ
ているといってよいと思います。肝炎ウイルスを持つ人の肝細胞
の中を電子顕微鏡で見ると、そこに多数の球形の肝炎ウイルスの
存在を確認できます。
 肝炎ウイルスには何種類あるのでしょうか。
 肝炎ウイルスは現在までのところ、次の7種類が確認されてま
す。
―――――――――――――――――――――――――――――
       1.A型肝炎ウイルス/HAV
       2.B型肝炎ウイルス/HBV
       3.C型肝炎ウイルス/HCV
       4.D型肝炎ウイルス/HDV
       5.E型肝炎ウイルス/HEV
       6.G型肝炎ウイルス/HGV
       7.TTウイルス ←最近発見
―――――――――――――――――――――――――――――
 しかし、われわれ日本人としてとくに詳しく知っておくべきな
のは、A型、B型、C型の3つの肝炎ウイルスについてです。と
くに日本人に多いC型については詳細な知識を持っておくべきです。

●一度かかると二度とかからないA型肝炎

 A型肝炎ウイルスは、経口感染によって肝炎を引き起こすので
すが、これは一過性肝炎です。日本では年間約20万人が発症し
ています。急性肝炎の40%程度がA型肝炎ウイルスによるもの
です。
 A型肝炎の特徴は、一度かかって治癒すると、「HA抗体」と
いうものができ、これが免疫として体の中に残るので、二度とA
型肝炎にかかることはないのです。昔は、知らないうちに感染し、
知らないうちに治ってしまい、抗体を持っているケースがほとん
どだったのですが、現在では衛生状態が良くなっているので、中
高年者でも抗体を持っていない人が多いのです。
 感染経路としては、食べ物、飲み物による経口感染がほとんど
です。生水、生がきなどの貝類は注意が必要ですが、上下水道が
きちんと整備されている衛生状態の良い現在の日本国内では感染
することはほとんどないといえます。したがって、アジア、アフ
リカ、南米などの開発途上国に海外旅行するときは感染しないよ
う注意が大切です。
 これらの国では、A型肝炎がなお常在伝染病となっており、す
でに子供の頃から「HA抗体」を保有している人が多く認められ
るのです。したがって、これらの地域への旅行者あるいは長期駐
在者に対する感染予防が重要問題となっており、予防ためのワク
チンも開発されているのです。
 A型肝炎に感染すると、平均1〜2ヵ月の潜伏期を経て発病し
ます。ほとんどの症例では、38℃以上の発熱によって急激に発
病します。全身倦怠、食思不振、悪心嘔吐などが通常半数以上に
認められます。症状が風邪に似ているので、間違わないようにす
るべきです。
 もうひとつ気になることがあります。それは、成人ではA型肝
炎患者の約1%に劇症肝炎が発生する可能性があることです。最
近では、B型急性肝炎が減少しているので、劇症肝炎の半数以上
をA型肝炎が占めているのです。
 しかし、たとえ劇症化しても、予後は比較的良好なのです。た
だし、比較的高頻度に急性腎不全を伴うこともA型肝炎の特徴で
あり、その原因として免疫複合体の関与が考えられています。
 A型肝炎はほとんど慢性化することはなく、発症後およそ2ヶ
月ですべての肝臓機能検査のデータは正常化します。A型肝炎の
診断には、血液の検査データのIgM−HA抗体検査の陽性で診
断されます。健康な人でも過去に感染し免疫を持っている場合は
陽性と結果が出ます。治療としては、とくに肝細胞障害が著しい
場合――とくに黄疸が出ている場合は入院し、安静、栄養補給を
行うことが必要です。
posted by キーヘルス at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106371673
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。