2008年11月19日

●総コレステロール値が少ないほど死亡率が高くなる

 コレステロールというのは、体の細胞膜、神経細胞、ホルモン
の原料であり身体にとって必須の物質なのです。したがって、コ
レステロール悪玉説には多くの研究者から疑問を持たれてきたの
です。
 前回、1995年に発表された全国17万人を超える統合解析
(メタアナリシス)の一部をご紹介しましたが、それとは別に神
奈川県伊勢原市を絞って次の調査を行っています。
――――――――――――――――――――――――――――
≪総コレステロールと総死亡率/原因別死亡率の関係を調査≫
 ◎男性 ・・・・・  8575人 
 ◎女性 ・・・・・1万3751人  ――神奈川伊勢原市
――――――――――――――――――――――――――――
 伊勢原市は、東京から小田急線で約1時間半の距離にある人口
10万人の都市であり、健診結果や死亡率については日本の平均
値に近い数値を示しているところです。
 総コレステロール値を6つのグループに分けて、それを横軸に
とり、縦軸に年間死亡者数をとってグラフ化しています。調査結
果は次のようになります。
――――――――――――――――――――――――――――
1.男性と女性とでは、男性の方がすべての総コレステロール
  値のグループで、死亡数が女性を上回っている。
2.男女ともに総コレステロール値190mg/dl未満にな
  ると、死亡率が大きく上昇しているのがわかる。
3.日本人の死亡原因としては悪性新生物、呼吸器系疾患、脳
  血管疾患が増加していることが確認されている。
――――――――――――――――――――――――――――
 つまり、全国17万人を超える統合解析と同様に「総コレステ
ロール値」が高い方が長生きしているという事実が出ているので
す。
 しかし、日本動脈硬化学会が問題にしている高脂血症による虚
血性心疾患やその他心疾患による死亡率の上昇は、日本人の健診
データからは確認されていないのです。高脂血症とは血液中に溶
けている脂質の値が必要量よりも異常に多い状態をいうのです。

●「高脂血症」は意図的に作られた病気である

 「高脂血症」というのは実は不思議な病気なのです。それは日
本動脈硬化学会が意図的に作り出した病気だからです。日本の健
診では、次のように日本動脈硬化学会のガイドラインが定められ
ているのです。
――――――――――――――――――――――――――――
 ≪日本動脈硬化学会による高脂血症の診断ガイドライン≫
 総コレステロール値が220mg/dl以上は高脂血症で、
 要治療
――――――――――――――――――――――――――――
 正常人は加齢によって、総コレステロール値が上昇していきま
す。これは免疫力を高めるための必要な変化であり、病的な変化
なのです。しかし、日本動脈硬化学会はこの加齢による変化を無
視して220mg/dlという一定値でガイドラインを定めてい
るので、加齢によって「高脂血症」という病気が作られてしまう
のです。
 とくにひどいのは女性の場合です。女性については、欧米では
コレステロール低下薬は処方されないことになっています。女性
の場合コレステロールが高いのは体質的なものであるからです。
 人間の生活では、狩猟時代が長かったのですが、女性は男性が
獲物を持って帰ってくるまでの飢餓を乗り越えるために脂肪を蓄
積したのです。また、母乳のためにも脂肪は必要なのです。した
がって、男性よりも女性の方がコレステロール値が高いのです。
 次の表はコレステロール低下薬の服用率を示したものですが、
60代以上の女性の服用率は男性のほぼ倍になっています。つま
り、意図的に多くの人が病人にされているのです。
――――――――――――――――――――――――――――
      ≪コレステロール低下薬の服用率≫
                男性     女性
      20〜29   1.3 %   0.0 %
      30〜39   1.9 %   0.6 %
      40〜49   4.2 %   1.4 %
      50〜59   6.3 %   7.4 %
      60〜69  10.1 %  18.8 %
      70 以上  11.3 %  25.0 %
  大櫛陽一著『コレステロールと中性脂肪で、薬は飲むな』
                  祥伝社新書/131
――――――――――――――――――――――――――――
 日本の医療費は高いといわれますが、病気ではない人を病人に
しているのですから、当然です。昔から女性には心筋梗塞が少な
いというのは、周知のことであるからです。           
posted by キーヘルス at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 特定検診 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109879285
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。