2008年11月27日

●総コレステロールの60%がLDLコレステロール

 特定健診――メタボ健診では、その対象となるのは「総コレス
テロール」ではなく、「LDLコレステロール」が測定されるこ
とになっています。総コレステロールとLDLコレステロール―
―どこが違うのでしょうか。
 総コレステロールとLDLコレステロールK関係は、次の通り
です。
――――――――――――――――――――――――――――
   総コレステロール=LDL+HDL+VLDL
       LDL  Low Density Lipoprotein
       HDL  High Density Lipoprotein
       VLDL Very Low Density Lipoprotein
――――――――――――――――――――――――――――
 LDLは総コレステロールの約60%、HDLは約30%、そ
してVLDLは約10%を示しています。コレステロールは、身
体には必須の物質であり、細胞膜、神経細胞、ホルモンの原料に
なっています。
 このうち、身体中に配られるコレステロールがLDLであり、
その80%は肝臓で作られ、20%は食事から採られます。した
がって、食事を多く採るとLDLは増えますが、それに応じて肝
臓で作られる量が減らされるので、正常値に戻るようになってい
ます。
 身体には、LDLを測定するセンサーのようなものが備わって
いて、LDLは常に必要な濃度にバランスされているのです。コ
レステロールは多すぎても少なすぎても身体にとってよくない
のです。
 コレステロールが高いと心配する人が多いですが、過度に心配
する必要はないのです。しかし、血管に炎症のある人でコレステ
ロールが高いと、心筋梗塞になる恐れがあります。しかし、逆に
コレステロールが低いと、免疫力が低下して、がんや肺炎にかか
る可能性が高くなります。大事なことはバランスが取れているこ
とです。
 人間の体は新陳代謝を繰り返しており、消化管粘膜は1週間、
赤血球は3か月に一度入れ替わるのです。そのさい、古い組織は
破壊されますが、その中に含まれているコレステロールはHDL
のかたちで肝臓に回収されてリサイクルされるのです。人間の身
体のメカニズムは実によくできていて、ちゃんとバランスが取れ
る仕組みができているのです。

●LDLコレステロールとは何か

 ところで、LDLコレステロールは「悪玉コレステロール」と
呼ばれているのですが、どうしてそのように呼ばれるのでしょう
か。
 「リポプロテイン」――LDL、HDL、VLDLの「L」の
ことです。リポプロテインは、脂質の周りにタンパク質が取り囲
んだ物質です。本来脂質は油性であって血液とはなじみが悪いの
です。これに対してタンパク質は水溶性でタンパク質が脂質を取
り囲んでいるので、血液の中をスムーズに通ることができます。
 そのリポプロテインのタンパク質の密度が高いものがHDL
――HDLは血液内をスムーズに流れ、血管壁などには脂肪は付
着しないので、「善玉」と呼ばれます。LDLはタンパク質の密
度が低く脂質が多いので、血管内を流れにくく血管内壁に脂肪が
付着しやすく心臓などの臓器へ送られる血の流れ道を閉塞し、場
合によっては完全にブロックしてしまいます。そのため「悪玉」
と呼ばれるのです。したがって、LDLは「低密度リポ蛋白」と
呼ばれているのです。
 LDLコレステロールの多い食品の代表は卵の黄身です。しか
し、大櫛陽一先生によるともともとコレステロールには「善玉」
・「悪玉」の区別はなくLDLであるからといって、過度に心配
する必要はないというのです。身体が健康であれば、たとえ卵の
摂取量が多くても、LDLの製造量は必要に応じて調整されてい
るのです。
――――――――――――――――――――――――――――
 LDLが高いということは、体がそれだけ必要としている状
 態と言えます。ただし、病気の場合は少し様子が異なります。
 (たとえば)肝臓病では、必要なLDLが作られません。こ
 のため、食事から十分に摂取する努力が必要です。  
 大櫛陽一著、『コレステロールと中性脂肪で、薬は飲むな』
                   祥伝社新書/131
――――――――――――――――――――――――――――
 ところで、VLDLというのは何でしょうか。
 VLDLは中性脂肪の約20%を占めています。肝臓では、糖
や脂肪酸を材料として脂肪を合成します。作られる脂肪の大部分
は中性脂肪で、一部コレステロールが加わってVLDL――超低
比重たんぱくという粒子になり、血液中に放出されます。VLD
Lは、中性脂肪などの脂質のいわば運び屋のような働きをしてい
るわけです。
 ここで問題になるのが中性脂肪です。中性脂肪とは何でしょう
か。
 人間の脂肪組織の中に最も多くあるのが中性脂肪です。中性脂
肪とは、糖質の2倍を越えるエネルギーを持っており、身体は非
常時に備えてこの脂肪を貯め込む癖を持っています。この中性脂
肪と病気の関係については次回に述べることにします。          
posted by キーヘルス at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 特定検診 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。