2009年01月29日

●体内には「尿酸プール」というものがある

 私たちの体内には、通常一定量の尿酸が体液に溶けて存在して
おり、それを「尿酸プール」と呼んでいます。その量は約120
0mgといわれています。
 ところが、この尿酸プールに加えて、毎日約600〜700m
gの尿酸が作られているのです。そうすると、尿酸プールに加え
て毎日尿酸が作られると、体内は尿酸だらけになってしまうと心
配する向きがありますが、そういう心配はないのです。それはち
ょうど、毎日作られる分の尿酸は尿と一緒に体外に排泄されるか
からです。
 それでは、何の目的で一定量の尿酸が体内に常駐しているので
しょうか。
 実はその本当の理由はわかっていないのです。一説には、細胞
を酸化して老化を促進したり、がんの原因になる活性酸素の毒性
を抑える効果があるのではないかといわれていますが、学問的に
は証明されていないのです。
 このように体内には一定量の尿酸プールがあるのですが、何ら
かのトラブルで体内で作られる尿酸が異常に増えたり、尿酸の排
泄が悪くなると、尿酸プールから尿酸が溢れ、血液中の尿酸値が
上昇します。
 この血液中の尿酸値――血液中の尿酸濃度が一定の水準を超え
ると、「高尿酸血症」と診断されます。そのガイドラインは、次
のようになっています。
――――――――――――――――――――――――――――
 性・年齢を問わず、尿酸値の正常上限は、7.0 mg/dl
 とし、これを超えるものを高尿酸血症と定義する。
     ――「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」より
――――――――――――――――――――――――――――
 最近では、尿酸値が7.0 mg/dlを超えると、すぐ薬物治
療を勧める医師が多いですが、それはあまりにも乱暴な話です。
 8.0 mg/dlぐらいまでなら、生活習慣を改善し、定期的
な検査を行い数値の低下を図ります。それでも、8.0 mg/d
l以上、9.0 mg/dl未満であれば、腎障害や尿路結石の有
無を調べる精密検査を行い、それでも改善しない場合に、はじめ
て薬物治療が行われるのです。
 最近見られる症例では、尿酸値が9.0 mg/dlが続き、高
尿酸血症と診断されても、何らの痛風発作や痛風結節などの症状
がみられないケースが多くなっています。これを「無症候性高尿
酸血症」と呼んでいます。

●高尿酸血症には3つのタイプがある

 高尿酸血症には、次の3つのタイプがあります。
――――――――――――――――――――――――――――
          @排泄低下型
          A産生過剰型
          B混 合 型
――――――――――――――――――――――――――――
 第1は「排泄低下型」です。
 このタイプは、何らかの原因によって尿酸が腎臓で濾過され尿
中に捨てられる尿酸の量が、減少することによって尿酸の溜まる
タイプであり、日本人に多いのです。
 原因として考えられるのは、先天的なもの、腎臓の病気、動脈
硬化や高血圧などによって腎機能が低下するケースです。ただ、
日本人の場合は、先天的なタイプが多いといわれています。
 第2は「産生過剰型」です。
 このタイプは、体内で作られる尿酸の量が過剰になるケースで
スポーツをする人や、脂っこい料理が好きであるタイプや食べ過
ぎる人に多いのです。なぜスポーツマンがこのタイプかというと
それは無酸素運動にあるのです。
 スポーツマンであれば、息を止めたまま行う筋肉トレーニング
を多くやりますが、このとき体内には高エネルギー化合物である
ATP(アデノシン三りん酸)の分解が通常よりも盛んになるの
です。
 そうすると、プリン体のアデニンが多くできてしまい、そこか
ら尿酸が作られます。それと同時に酸素をとらないでエネルギー
を多く作ることになるので、筋肉に疲労物質である乳酸が溜まる
のです。この乳酸がともに酸であるため、共通の出口から体外へ
捨てられる尿酸の排泄を妨げるのです。
 また、病気によって産生過剰型になるケースがあります。白血
病や骨髄腫にかかると、細胞が異常に増殖して破壊されるという
プロセスを繰り返します。さらに、治療のために放射線を照射し
たり、抗がん剤を投与したりすることで細胞内の核酸が壊されて
大量の尿酸ができてしまうのです。
 第3は「混合型」です。
 これは、文字通り排泄低下型と産生過剰型をミックスしたタイ
プです。高尿酸血症の10%〜20%はこのタイプであるといわ
れています。
 これら3つのタイプとは別の意味で、高尿酸血症になりやすい
タイプをまとめておきましょう。
 第1に「男性である」ことです。女性は少ないのです。第2に
年齢としては「30〜50歳代」であることです。そして「お酒
が好き」であって、飲む機会が多く、会社では中間管理職で「ス
トレスが溜まりやすい」人がその最大のターゲットになります。 
posted by キーヘルス at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 通風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113327271
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。