2009年04月16日

●肥満だからといってダイエットするのは危険

 肥満は万病のもと――とくに生活習慣病の敵であるとよくいわれます
したがって、肥満さえ改善できれば――つまり痩せれば病気を防げると
考えて、ダイエットに励む人は少なくありません。
 しかし、ダイエットも健康には決して良くはないのです。無理に痩せ
ることによって身体の抵抗力がなくなり、かえっていろいろな病気を併
発してしまうこともあるからです。
 一般的にいって、肥満になって内臓脂肪が増えると、血液中のアディ
ポネクチンが減るのです。逆に内臓脂肪が減ると、血液中のアディポネ
クンは増えることになります。次の構図です。
――――――――――――――――――――――――――――――――
  太る→内臓脂肪が増える→アディポネクチンが減る→糖尿病
  ・高血圧・高脂血症・動脈硬化・メタボになりやすい→がんの恐れ
――――――――――――――――――――――――――――――――
 しかし、肥満でもアディポネクンの値が高い人もいるのです。岡部正
先生はこういう人を「タチの良い肥満」と呼び、そういう人は無理して
痩せなくてもいいといっています。逆に「タチの悪い肥満」は、内臓脂
肪が増えてアディポネクチンが減るタイプの人は何らかの方法で痩せる
必要があります。
 しかし、いくらアディポネクチンの値が高いタイプでも過度の肥満は
足腰に負担がかかって、腰痛や関節痛の原因になったり、呼吸が抑制さ
れて睡眠時無呼吸症になるので、痩せなければいけないのはいうまでも
ないことです。

●アディポネクチンの値とメタボリックシンドロームの関係

 日本人でメタボリックシンドロームの人は、その予備軍も入れると、
男性の2人に1人――40〜74歳、女性は5人に1人の割合であると
いわれます。アディポネクチンはメタボリックシンドロームを予防し、
改善する力を持っているのです。
 メタボリックシンドロームは、太ってウエストが太くなり、内臓脂肪
が増える状態になり、インスリンの抵抗性が起こります。さらに、血糖
値が高い高血糖の状態や血液中の中性脂肪が高い状態になり、血圧が高
い状態が持続し、動脈硬化が進行するのです。動脈硬化を起こす原因が
一つの身体に複数起きるので、放置しておくと大変なことになります。
 メタボリックシンドロームの判定基準をおさらいしておきましょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◎ウエスト(お腹まわり)
   男性 85cm以上
   女性 90cm以上
  これに加えて、次の3つのうち2項目以上該当する状態をメタボリ
  ックシンドロームと称する。
 ◎血液中の脂質
   中性脂肪が150mg/dl以上
   またはHDLが40mg/dl未満
 ◎血圧
   最高血症――収縮期血圧が130mmMgかつ/または
   最低血圧――拡張期血圧が 85mmMg以上
 ◎血糖値
   空腹時の血糖値が110mg/dl以上
   『奇跡のホルモン「アディポネクチン」――メタボリックシンド
   ローム、がんも撃退する』         ――講談社α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
 メタボリックシンドロームを改善しないでいると、その人の10年後
の医療費は正常の人よりも3倍高くなるというデータがあります。医療
保険の財政逼迫の原因になるとともに個人の負担する医療費も増えるわ
けです。
 これらの現象は、アディポネクチンによって明解に説明ができるので
す。肥満になって、内臓脂肪が増えると、アディポネクンが目立って減
少します。そういう意味で、メタボリックシンドロームは「低アディポ
ネクチン血症」であるといえるのです。
 アディポネクチンが血中に少なくなると、インスリンの効きが悪くな
る――インスリン抵抗性――が起こり、高血糖になるのです。それによ
って、血管が広がりにくくなるので、高血圧になります。
 さらに、筋肉や肝臓での脂肪を燃やす働きが低下し、脂肪酸の原料で
ある中性脂肪が余って血液中に増えて、高脂血症になります。そのうえ
動脈硬化を防ぐことができなくなるので、動脈硬化が進行してしまうの
です。
 したがって、何はともあれ、アディポネクチンの値を調べてみて、値
が少ないときは、メタボリックシンドロームを疑う必要があります。低
アディポネクチン血症の人の2人に1人はメタボリックシンドロームな
のです。したがって低アディポネクチン血症と診断された人は、メタボ
リックシンドロームの条件を満たしていなくてもメタボリックシンドロ
ームを疑うべきです。
 しかし、アディポネクチンはどの医療機関でも血液を検査すれば調べ
ることはできますが、保険などの適用はありません。
posted by キーヘルス at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アディポネクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。