2008年07月24日

「肝がんの原因はお酒の飲み過ぎではない」

●肝がんの原因はお酒の飲み過ぎにあらず

 もし、あなたが肝がんであると診断され、入院して手術を受けたとします。手術は無事に成功し、明日は退院という日の前の晩に担当医師がやってきて、次のようにいったら、あなたはどう思いますか。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 いよいよ明日は退院ですね。おめでとうございます。お宅にお帰りに
なったら、早速ビールで乾杯されたらどうですか。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「えっ!本当ですか。ビールなんか飲んで大丈夫なのですか」――きっとあなたはこういうでしょう。横に奥さんでもいたら、「先生、お酒なんてとんでもありません。このさいお酒と縁を切るよう主人にいってください」というにきまっています。
 肝がんの手術をして、退院する前の日の最後の病棟診断で実際に患者にこのようにいっている医師がいるのです。高山忠利氏――日本大学医学部消化器外科部長がその人です。肝臓外科医のベテランなのです。
 多くの人は、肝臓病になるのはお酒の飲み過ぎのせいと勝手に決めていると思います。アルコールは肝臓の敵だと信じて疑わないからです。
 高山先生によるとこれは誤解だというのです。肝臓障害の原因として、アルコールが主犯とされたのは1988年までのことであり、これは「古い常識」であるというのです。しかし、欧米ではアルコールの取り過ぎで肝臓病になり肝がんになる人が多いですが、アジアではアルコールが原因で肝がんになる人は少ないのです。
 それでは何が原因で肝臓病になるのでしょうか。それに、1988年に何があったのでしょうか。
 1988年にC型肝炎ウイルスが発見されたのです。肝臓にとって本当に警戒すべき大敵は肝炎ウイルスであり、お酒が原因で肝炎や肝がんになるケースは少数派なのです。高山先生がこれまでに診てきた3000人以上の肝がんの患者のなかで、お酒が原因でなった人はせいぜい2%程度だというのです。高山先生は自著で次のようにいっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 たとえば100人の肝がんの人がいるとしましょう。そのうち、75
人がC型肝炎ウイルスを持った人(キャリア)、15人がB型肝炎ウ
イルスのキャリアです。残る10人の中に、アルコール多飲が原因の
人がいたとしても、せいぜい2人か3人。そんな程度でお酒だけが原
因で肝がんになる可能性は決して高くありません。むしろ、肝炎ウイ
ルスと肝がんの関係のほうがはるかに密接です。  
――高山忠利著/講談社+アルファ新書/383−1B
『肝臓病の「常識」を疑え!/世界的権威が説く肝臓メンテナンス法』
――――――――――――――――――――――――――――――――
 いわゆる大酒飲みの人に肝がんの人は少なくないですが、そういうケースの場合も、よく調べてみると、ほとんどのケースが肝炎ウイルスを知らずに持っているのです。肝がんになったのはお酒が原因ではなく、肝炎ウィルルスである場合が多いのです。

●ウイルスなしに肝がんなし

 肝がんは、中国、韓国にもっとも多く、日本がそれに続きます。そのため、肝がんは「アジアがん」といわれるのです。それから、地中海沿岸のスペインイタリア、ギリシャも肝がんは多いですが、ヨーロッパでは北に位置する国ほど少なくなっています。それから、アメリカやオーストラリアではもっとも少ないのです。
 同じがんであるのに、発生者数が国別にこんな多くの差があるのは、肝がんだけなのです。これほど大きな国別差が出るのはB型、C型肝炎ウイルスの感染者数が違うのです。アジアは肝炎ウイルスの蔓延地帯であり、そのために肝がんが多発するのです。
 お酒を飲むと顔が赤くなる――こんなことは常識で、民族を問わず人間であれば誰でもそうなると思っていませんか。
 実は欧米人はお酒を飲んでも顔は赤くならないのです。彼らはもともとお酒を飲めない遺伝子を持っていないのです。したがって、欧米人は食事のさい、まるで水のようにお酒を飲み、その飲む量はアジア人の比ではないのです。それでいて、彼らは決してお酒に飲まれてしまうことはないのです。
 こういう欧米人に対してアジア人は、体質的にもお酒をたくさん飲めない遺伝子を持っているのです。そのため、顔が赤くなるのは、日本人をはじめとするモンゴル系の民族、東洋人だけなのです。そのため、欧米人は、東洋人がお酒で顔を赤くする現象を「オリエンタル・フラッシャー」と呼んで珍しがっているのです。
 このように、少なくとも日本人が肝がんになる原因としてお酒の飲み過ぎが原因ではなく、肝炎ウイルスが主犯であると考えられます。医学界には次の言葉あるくらいなのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
       No virus,no cancer./ウイルスなしに肝がんなし
――――――――――――――――――――――――――――――以上
posted by キーヘルス at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

●肝臓の3つの特徴

 あなたは肝臓のことをどのくらい知っていますか。
 肝臓というと、代謝、排出、解毒、体液の恒常性の維持におい
て重要な役割をする臓器として知られていますが、実際には50
0種類以上の働きを担うとされているのです。
 肝臓はよく化学工場とかコンビナートにもたとえられますが、
仮に肝臓の持つすべての仕事を行うためには、近代的な設備を備
えた工場――東京でいえば新丸ビルほどの大きさが3つも必要で
あるといわれるのです。
 肝臓が他の臓器と異なる点は、次の3つの特徴においてです。
肝臓という臓器には他の臓器に見られない次の3つの特徴がある
のです。
―――――――――――――――――――――――――――――
           1.沈黙の臓器
           2.再生の臓器
           3.高級な臓器
―――――――――――――――――――――――――――――
 第1の特徴は「沈黙の臓器」であることです。
 肝臓は相当のダメージを受けても痛みを訴えない臓器――沈黙
の臓器であるといわれます。肝炎や肝硬変でかなりのダメージを
受けていても、その働きをカバーするだけの3倍以上ともいわれ
る代謝能力を備えているのです。
 肝臓の大きさは1.2 キログラムほどあり、おなかの臓器の中
で最大な臓器です。肝臓の構造はこうなっています。肝臓はその
中央線――カントリー線という――その線の右側は65%、左側
は35%の2つの部分に分けられます。そして、肝臓の下側から
は、門脈と冠動脈が入ってきて肝臓に血液を供給しているのです。
 第2の特徴は「再生の臓器」であることです。
 肝臓は、人間の臓器の中では唯一、切り取っても再び蘇る力が
あるのです。健康な人の肝臓であれば、全体の65%〜70%ま
で切除することができるのです。たとえば、肝臓の一部を提供し
てくれるドナーから肝臓全体の30%に当たる350グラムの部
分を切り取って、重い肝臓病の人に移植すると、その人に移植し
た肝臓は本来あるべき大きさまで再生するのです。再生期間はわ
ずか一ヵ月ほどであるといわれます。
 もちろん肝臓の一部を提供したドナーの肝臓も元の大きさに戻
りますが、健康な人ですから、2週間もすれば肝臓は普通の大き
さになります。
 第3の特徴は「高級な臓器」であることです。
 切除しても再生するなどというと、トカゲの尻尾切りのように
低級臓器のようですが、機能面からいうと、肝臓は相当高級な臓
器なのです。人間の臓器の中には切り取ってしまっても支障の少
ない臓器はあるのです。
 胃や大腸はすべて摘出しても生きていくことはできますし、脾
臓はなくても大丈夫です。しかし、肝臓だけは、全部取ってしま
うと、肝不全を起こして数日で死亡します。そういう意味からも、
肝臓は人間にとってなくてはならない大切な臓器――すなわち、
「高級な臓器」ということになります。

●節度ある1日の飲酒量はどのくらいか

 飲酒と肝臓の関係について述べておく必要があります。どんな
お酒でも――それがビールであれ、焼酎であれ、ウィスキーであ
っても、飲めばエタノール(エチルアルコール)を介して必ず肝
臓の代謝に影響を与えるのです。
 肝臓はアルコール分を分解する役割をしますが、体内で完全に
アルコール分を分解するのは相当な時間がかかるのです。清酒2
合なら7時間以上、ビール1本でも最低4時間は必要といわれて
いるのです。
 それでは節度ある飲酒量はどのくらいなのでしょうか。
 それは、エタノール換算で「一日=20グラム」といわれてい
ます。これはお酒別に示すと次のようになります。
―――――――――――――――――――――――――――――

  エタノール換算で「一日=20グラム」
  ビール ・・・・・・ 中ビン1本/ 500ml
  ウィスキー ・・・・ ダブル1杯/  60ml
  ワイン ・・・・・・ クラス2杯  200ml
  清酒 ・・・・・・・ 一合     180ml
  焼酎 ・・・・・・・ 25%の焼酎で0.5 合
  ――高山忠利著/講談社+アルファ新書/383−1B
 『肝臓病の「常識」を疑え!/世界的権威が説く肝臓メンテナ
 ンス法』
―――――――――――――――――――――――――――――
 世の中には「酒豪」と「大酒豪」の2つがあります。日本酒に
換算してその違いを述べると、次のようになります。
―――――――――――――――――――――――――――――
常習飲酒家…1日平均3合以上飲む人
大 酒 豪…1日平均5合以上/週5日以上継続して飲む人
―――――――――――――――――――――――――――――
 高山忠利氏によると、大酒豪が10年以上にわたって大量に飲
酒を続けてもアルコールだけが原因で肝硬変になる確率は20%
といわれています。 
posted by キーヘルス at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

●酒に強いか弱いかは遺伝子が決める

 お酒の強い弱いは個人差があります。その個人差は一体どこか
らくるのでしょうか。肝臓が強いか弱いかの差でしょうか。
 そうではないのです。肝臓がアルコールを処理するときは「ア
ルコール分解酵素」というものが必要になります。このアルコー
ル分解酵素を作る遺伝子には次の2つのタイプがあり、人間はそ
れを対として持っているのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
           1.1型遺伝子
           2.2型遺伝子
―――――――――――――――――――――――――――――
 これらの遺伝子は、人間が生を受けた時に父親と母親から1個
ずつ遺伝子をもらって一対として持っているのです。これは先天
的に決まるものであって、後天的に変わるものではないのです。
組み合わせは次の3つになります。
―――――――――――――――――――――――――――――
   1.1型×1型 ・・・・・ 元来お酒の強いタイプ
   2.1型×2型 ・・・・・ 努力して飲めるタイプ
   3.2型×2型 ・・・・・ お酒の飲めないタイプ
―――――――――――――――――――――――――――――
 簡単にいうと、「1型」はアルコール分解酵素を持っている遺
伝子であり、「2型」はアルコール分解酵素を持っていない遺伝
子なのです。したがって、「1型×1型」は強力なアルコール分
解酵素を持っていることになるので、お酒が飲めるタイプ――お
酒に強いタイプなのです。
 「1型×2型」は1型を持っているので、アルコール分解酵素
を持っているのでお酒は飲めますが、「1型×1型」ほどは強く
ないのです。これに対して「2型×2型」はアルコール分解酵素
をまったく持っていないので、お酒は飲めないタイプなのです。
 よく「お酒は訓練で飲めるようになる」といわれますが、これ
は誤りです。どうしてかというと、「2型×2型」の遺伝子を持
つ人は、アルコール代謝に必要な酵素がないのですから、いくら
訓練してもお酒は絶対に飲めるようにならないのです。これに対
して、「1型×2型」は1型の遺伝子を持っているので、「訓練
で飲めるようになる」といってよいかもしれません。
 しかし、「2型×2型」の遺伝子を持つ人は、アルコール分解
酵素がないだけで、肝臓そのものの機能が弱いわけではないので
す。肝機能の良し悪しと、お酒の強さとは別の問題なのです。

●シジミは肝臓病に害あり――昔の言い伝えに注意

 昔から女性は男性に比べてお酒は弱いといわれています。しか
し、最近では女性でもお酒をたしなむ人は増えています。しかし
女性でも「1型×1型」の遺伝子を持っている人は男性並みにお
酒を飲めるのでしょうか。
 実はそうではないのです。女性は男性に比べると、アルコール
障害を起こしやすく、男性の3分の2の飲酒量で肝障害が起きる
恐れがあるのです。どうしてでしょうか。
 それは、女性ホルモンの影響なのです。女性ホルモンのエスト
ロゲンが、アルコールの代謝機能を阻害してしまうからです。そ
のため、男性より女性の方がアルコール性肝障害になりやすく、
これを意識しないで飲めるからといってお酒を飲み続けると、短
期間で肝硬変に進行するリスクもあるのです。
 もうひとつ、これは女性だけではなく男性も気をつけなければ
ならないことがあります。次の江戸川柳をご存知でしょうか。
―――――――――――――――――――――――――――――
      シジミ売り黄色な顔(つら)へ高く売り
―――――――――――――――――――――――――――――
 昔から「肝臓病にはシジミが良い」といわれています。重い肝
臓病にかかると黄疸が出ますが、そういう人にはシジミが効くと
いわれているのです。
 しかし、これは間違いのようです。既出の高山忠利先生による
と、少なくともシジミが肝臓病に効くという学術論文はないばか
りか、シジミの成分を調べると真逆の効果があるというのです。
 シジミは鉄分が豊富な貝類であり、鉄は体を構成するうえで大
事なミネラルです。とくに現代の女性はとって鉄分は不足しがち
な成分であり、そういう意味でシジミをとるのは良いことです。
 しかし、肝機能に障害のある人にとって鉄分は要注意成分なの
です。現在肝臓専門の内科外来では、肝臓病の患者に対して鉄を
控える指導が行われています。とくに、C型肝炎の患者にはシジ
ミは厳禁なのです。C型肝炎のウィルスを抑制する治療薬である
「インターフェロン」と肝臓機能改善剤「ミノファーゲンC」の
パンフレットに、シジミは避けるべき食品と明記されています。
 このようにシジミは肝臓病の患者にとっては厳禁ですが、「シ
ジミエキス」は効果的なのです。「シジミエキス」は、シジミを
煮出して濃縮させたものですが、むき身のシジミとは成分が違う
のです。シジミエキスは、アルコール肝炎に効果のあるビタミン
B12が豊富に含まれており、風味成分のコハク酸には胆汁の分
泌を促す作用があり、肝臓には良いとされています。このように
昔の言い伝えも注意が肝要です。肝要の「肝」は肝臓の「肝」で
す。   
posted by キーヘルス at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

●肝臓の状態をあらわす3つの指標

 お酒を多く飲む人はどうしても肝臓の数値を気にします。です
から、会社の健康診断があると、数日前からお酒をやめたり、量
を控えたりする人が多いと聞きます。
 しかし、こういう努力はほとんど効果がないそうです。なぜな
ら、肝臓の数値は一週間程度の飲酒のしかたにはほとんど影響が
ないからです。たとえ前日に飲んだとしても数値は動かないとい
われます。
 ところで、肝臓の数値とは何でしょうか。血液検査で調べる指
標の中で一番有名なのは次の3つです。
―――――――――――――――――――――――――――――
         1.GOT(AST)
         2.GPT(ALT)
         3.   γ−GTP
―――――――――――――――――――――――――――――
 GOT(AST)やGPT(ALT)の数値が高いということ
は、何らかの原因で肝細胞が壊れて、その中身の酵素が血液中に
漏れ出ていることを示しているのです。これを「逸脱酵素」とい
うのですが、GOT(AST)やGPT(ALT)は、その逸脱
酵素そのものと考えてよいでしょう。血液検査ではそれらの逸脱
酵素の数が血液中にどのくらいあるかを調べているのです。
 GOT(AST)とGPT(ALT)はほとんど同じと考えて
よいですが、GPT(ALT)はGOT(AST)よりも、血液
中から消失するのに時間がかかるため、いったん高値になると、
それが続くという特徴があります。
 それでは、γ−GTPとは何でしょうか。
 γ−GTPとは、GOT(AST)とGPT(ALT)と同じ
く、肝細胞や胆汁の中に存在するタンパク質を分解する酵素のひ
とつです。アルコールや薬剤などが肝細胞を破壊したときや結石
・がんなどで胆管が閉塞したときに、血中に出てくるもので、肝
臓や胆道に病気があると異常値を示します。とくにアルコール性
肝障害の指標として有効なのです。
 ところでアルコールにはγ−GTPが一番敏感に反応します。
禁酒を2週間以上続けると、数値は半分くらいまで低下するとい
われるほどです。数値が300以上になると、アルコール性肝炎
の疑いが出てきます。
 これら3つの指標の正常域の数値を示しておきます。3つとも
正常域内であれば肝臓は一応安全であるといってよいでしょう。
―――――――――――――――――――――――――――――
    1.GOT(AST)    8〜38
    2.GPT(ALT)    4〜44
    3.   γ−GTP   12〜73
―――――――――――――――――――――――――――――

●さらに4つの指標をチェックする必要がある

 肝機能をチェックする指標はこれら3つの指標だけではありま
せん。次の4つの指標もあわせてチェックし、それぞれの意味を
知っておくべきです。正常域の数値を示しておきます。
―――――――――――――――――――――――――――――
    4.ALP       117〜335
    5.ビリルビン      0.2〜1.2
    6.総タンパク      8.0〜6.5
    7.血小板        30〜 20
―――――――――――――――――――――――――――――
 「ALP」は胆管や胆汁内に存在し、乳製品やレバーなどに多
く含まれるリン酸化合物という物質を分解します。胆汁に異常が
あると数値が上がるので、肝機能チェックの指標として使われて
います。しかし、成長期の子供や妊婦、または骨折している場合
も上がるので、そういう見極めが必要になります。
 「ビリルビン」は、古くなった赤血球が破壊されるときに生成
される黄色い色素で、血液によって肝臓に運ばれ、処理後に胆汁
内に捨てられます。血液中のビリルビンが過剰になると、眼球や
皮膚などが黄色に染まりますが、これが「黄疸」なのです。
 肝炎ウイルスの感染によって肝細胞が障害を受けたり、胆汁の
流れが止まるなどの異常が発生すると、この数値は著しく上昇す
るのです。したがって、ビリルビンは肝機能を評価するうえで、
重要な指標といえます。
 「総タンパク」とは、血液中に含まれるタンパクの総称です。
アルブミンという重要な物質があります。アルブミンは総タンパ
クの3分の2を占めるタンパク質で、肝細胞のみで作られ血液中
に存在しています。
 血液中のいろいろな物質を運んだり、体液の濃度を調整してい
ます。もし肝不全になると、アルブミンが作られなくなるので、
腹水や浮腫などの症状があらわれるのです。
 「血小板」は、骨で作られる血液成分のひとつで血液中に存在
し、出血したときに血を止める役割を担っています。肝炎が悪化
すると、線維化が進みますが血小板の数値はそれを反映します。
そして、この数値が10以下になると、肝硬変の可能性が高くな
り、肝がんも疑われるのです。       
posted by キーヘルス at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

●「脂肪肝」と「内臓脂肪」とは違う

 検診で「脂肪肝」と診断されたことはないでしょうか。
 健康診断による統計データでは、受診者の20%が脂肪肝で
あるとされています。脂肪肝は肝臓の機能を弱めるので、きち
んと治療をしなければならないのですが、脂肪肝には自覚症状
がないので、脂肪肝と診断されても日常に追われてそのまま放
置してしまう人が多いのです。
 ところで、脂肪肝とはどういう病気なのでしょうか。
 脂肪肝という言葉から、肝臓の周りに脂肪がつく病気である
と思っている人が多いのですが、実はぜんぜん違うのです。肝
臓だけではなく、いろいろな臓器の周りにラードのように脂肪
が付く症状は「内臓脂肪」といって脂肪肝とは違うのです。そ
れでは脂肪肝とは何でしょうか。
 成人の肝臓は3000憶個の細胞から成り立っています。こ
の葡萄の房のように連なる細胞の間を、毛細血管が張り巡らさ
れ栄養を取り込んだり、解毒をしたりします。血液を川に例え
ると、川の両岸に細胞の家が長屋状に無数に寄り集まって町を
形成している――これが正常な肝臓です。
 通常健康な人でも、肝臓を形成している細胞の3%程度は脂
肪の固まりに入れ替わっていますが、この程度であれば問題は
ないのです。この脂肪の白い固まりですが、上からポトンとイ
ンクを落としたように見えるところから、脂肪滴/ドロップレ
ットといわれます。
 しかし、脂肪の総量が10%を超えると脂肪摘が目立ちはじ
め、20%を超えると、かなり脂肪摘が目立つようになります
が、この段階では脂肪肝とはいわないのです。これが30%を
超えると、エコーの画像にはっきりと白く映るようになるので
その段階で脂肪肝と診断されます。肝臓は本来であれば、エコ
ーでグレーに見えなければならないのです。このように脂肪肝
というのは肝臓の周りに脂肪が付くのではなく、肝臓の内部の
細胞が丸ごと脂肪摘に入れ替わってしまうことをいうのです。
 肝臓の細胞の30%以上が、脂肪にとって替わるということ
は本来100%機能しなければならない肝臓の機能が70%に
落ちていることを意味します。ですから、そういうときに大量
にお酒を飲むと、肝臓は十分な解毒機能を発揮できないのです。
既出の高山忠利医師は、脂肪肝は脂ののったフォアグラを自分
のおなかの中で育てている状態であるといっています。

●脂肪肝には3つの種類がある

 そもそも肝臓になぜ脂肪が溜まるのでしょうか。
 私たちが普段口にする食物のなかに含まれている糖質や脂肪
は腸において消化・吸収されたあと、門脈という血管を通って
肝臓に運ばれてくるのです。肝臓では、それを次の3つの物質
に作り替えるのです。
――――――――――――――――――――――――――――
         1.コレステロール
         2.中性脂肪
         3.リン脂質
――――――――――――――――――――――――――――
 このうちの中性脂肪がタンパク質とくっついて、「リポ蛋白」
という物質になります。このリポ蛋白は血液によって全身に運
ばれ、エネルギーとして使われるのです。これが正常な働きで
す。
 しかし、日頃から甘いものや脂っこいものを多く摂取したり
アルコールをとり過ぎていると、肝臓では必要以上の中性脂肪
が作られてしまい、リポ蛋白になれなかった余分な中性脂肪は
そのまま肝臓に溜まってしまうのです。これが脂肪肝の原因で
す。ところで、 脂肪肝には次の3つの種類があります。
――――――――――――――――――――――――――――
        1.過栄養性脂肪肝
        2.アルコール性脂肪肝
        3.ダイエット脂肪肝
――――――――――――――――――――――――――――
 「過栄養性脂肪肝」とは要するに食べ過ぎと運動不足が原因
で起こります。したがって、脂肪肝の中では過栄養性脂肪肝が
一番多いのです。暴飲暴食をしたり、毎晩毎晩宴会に付き合っ
ていると、3ヶ月も経てば、立派な脂肪肝ができあがってしま
うのです。過栄養性脂肪肝の場合は、GPTに異常があらわれ
るのが一般的です。
 「アルコール性脂肪肝」とは、そのものズバリお酒の飲み過
ぎです。この脂肪肝になるのは簡単です。日本酒を毎日3合以
上飲み続けると、1〜2年でアルコール性脂肪肝になるという
データもあります。アルコール性脂肪肝は、γ−GTPとGO
Tの数値に異常が出てきます。
 「ダイエット脂肪肝」とは何でしょうか。脂肪肝の人は必ず
しも太っているとは限らないのです。食事のバランスが崩れて
しまうと、痩せていても脂肪肝になる危険性があります。
 ダイエットをすると、どうしても食事のバランスが悪くなり
ます。一日菓子パン一個とか、卵とか、フルーツばかりという
ように同じようなものを毎日食べていると、脂肪肝になってし
まうのです。糖質が不足すると筋肉にあるタンパク質を糖質か
えて使うので、タンパク質が足りなくなるからです。  
posted by キーヘルス at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

●脂肪肝には有酸素運動が効果的である

 脂肪肝と診断されても医師はこれといった治療の指示をしない
ものです。少なくとも今まではそれでよかったのです。「運動を
して体重を落としなさい」というアドバイスぐらいです。確かに
体重を落とすのは大事なことです。
 実は現在はそう呑気なことをいっていられないのですが、その
理由については後述します。
 その医師のアドバイスを「体重を落とす=痩せる」ととらえて、
ダイエットで無理に痩せようとすると、「ダイエット脂肪肝」に
なってしまいます。これではかえって肝臓に脂肪を溜め込んでし
まい、逆効果になります。
 一番良いのは軽い「有酸素運動」をすることです。ところで有
酸素運動というと、エアロビクスダンスを連想する人がいます。
それもそのはず、有酸素運動を英語で「エアロビクス」(Aerobics)
というからです。エアロビクスダンスは有酸素運動のひとつに過
ぎないのです。有酸素運動を定義すると、次のようになります。
―――――――――――――――――――――――――――――
 有酸素運動とは、身体にある程度以上の負荷をかけながら、
長い間にわたって継続して行う運動である。
―――――――――――――――――――――――――――――
 主に酸素を消費する方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運
動が「有酸素運動」であり、酸素を消費しない方法で筋収縮のエ
ネルギーを発生させる運動は「無酸素運動」というのです。陸上
競技でいうと、短距離は無酸素運動、長距離は有酸素運動という
ことになります。
 無酸素運動は筋力を高めますが、有酸素運動は循環器系などの
内臓の状況を好転させるのです。また、無酸素運動はスポーツマ
ンらしさを増進させますが有酸素運動は不健康な状況を健康な状
態に戻し、体内の糖代謝、脂肪代謝を改善する効果があります。
 それでは、具体的にどうしたらよいかというと、できるだけバ
ランスの良い食事をとることを心がけて、毎日ウォーキングをす
る――これを続ければ良いのです。「歩くと身体に良い」という
考え方よりも「歩くと脂肪が燃える」と考えて毎日ウォーキング
をするのが良いのです。
 こうした有酸素運動が功を奏して、肝臓から脂肪が抜けていく
と、それまで脂肪が占めていたスペースに肝細胞が戻ってくるの
です。別に一時的に避難していた肝細胞が元の位置に戻るのでは
なく、脂肪がなくなってスペースができると、その周辺の肝細胞
が分裂して、新たに生まれた肝細胞がスペースを埋めるのです。
これは他の臓器には見られない不思議な現象です。

●脂肪肝とNASHの関係

 冒頭の話に戻ります。確かに昔は、脂肪肝になってもそう心配
することはなかったのですが、最近では少し心配なことがあるの
です。それは、見た目は普通の脂肪肝なのですが、そこに肝炎が
絡んでいるケースが少なくないのです。
 実はこれは脂肪肝ではなく、「非アルコール性脂肪性肝炎」と
いう病気なのです。この病気は、アルコールを飲まないのに肝臓
の中に脂肪が溜まってくるので、そのように呼ばれます。正式な
病名は次の通りです。
―――――――――――――――――――――――――――――
    「非アルコール性脂肪性肝炎」 /ナッシュ
    Non-Alcoholic Steato Hepatitis/NASH
―――――――――――――――――――――――――――――
 NASHの問題点は、発がんリスクを伴う病気だからです。つ
まり、肝がんの原因になるのです。この病気にかかると、肝臓に
鉄分が溜まりやすい状態になります。そうすると、活性酸素から
生ずる酸化ストレスの影響で、肝臓の繊維化が進行するのです。
これに肝炎が絡むことによって、肝硬変になる可能性が高まるのです。
 どういう人がNASHにかかるのかというと、はっきりしてい
ることは、アルコールを飲まない人です。健康診断の受験者の2
0%が脂肪肝であるということは既に述べましたが、そのうちの
8%がNASHであるというデータもあるそうです。
 このデータについて具体的に述べることにします。
 脂肪肝の患者100人中65人ぐらいの人は、多少なりともお
酒を飲む人であるとします。このようにアルコールを飲む人は、
非アルコール性であるNASHには該当しないので、除外されま
す。残る35人の中で、6ヶ月以上にわたってGOTやGPTの
数値が異常をきたしている8人がNASHということになるので
す。
 肝機能障害がある――つまり、GOTやGPTの数値に問題が
ある人で、お酒を飲まないにもかかわらず、エコー検査で脂肪肝
と診断された人は、肝臓の専門医の診断を受けて、NASHであ
るかどうかを調べてもらうべきであると既出の高山忠利医師はア
ドバイスしています。
 NASHのことはまだ正確にはわかっていないそうです。NA
SHであるとなぜ発がんするのか――脂肪肝とウイルスの関係性
を現在多くの研究者が調べているのです。肝臓病の中で、現在一
番研究が盛んなのが脂肪肝であるといって良いと思います。
                       
posted by キーヘルス at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

●「肝臓が悪い」とはどういうことか

 「肝臓が悪い」というのはどういう状態をいうのでしょうか。
 医師がよく使う「肝障害」という言葉があります。これは肝臓
の状態を表す言葉の中で最も大きなくくりになります。ウイルス
性の肝障害、アルコール性の肝障害、肝がん、外傷もすべて「肝
障害」です。
 つまり、「肝臓が悪い」ということは「肝障害がある」という
ことと同じなのです。この中に「肝炎」は含まれるのです。肝炎
とは、肝臓に炎症が起きている状態をいうのです。
 肝臓が炎症を起こすと、肝臓の働きが悪くなり、身体全体にい
ろいろな障害が起こってきます。その原因にはいろいろあります
が、一番注意するべきは、肝炎ウイルスの感染です。
 肝炎ウイルスが原因で起きる肝炎は全体の80%です。したが
って、自分が肝炎ウイルスを持っているかどうかを知っておくこ
とは重要なのです。とくに日本人は欧米諸国と比べて肝炎ウイル
スの保有率は飛び抜けて高いのです。
 肝炎ウイルスには、「C型肝炎ウイルス」と「B型肝炎ウイル
ス」があります。肝がんの原因の75%はC型肝炎ウイルス、1
5%がB型肝炎ウイルスによるものです。C型肝炎ウイルスに冒
されると、「肝臓の階段」を一段ずつ登ることになります。
―――――――――――――――――――――――――――――
       慢性肝炎 → 肝硬変 → 肝がん
―――――――――――――――――――――――――――――

●ウイルス性肝炎には3種類がある

 ウイルス性肝炎はどのようにして起きるのでしょうか。
 何らかのアクシデントで、肝炎ウイルスが血液の中に入ったと
します。そうするとウイルスは肝臓の細胞の中に入り込んで増殖
を始めるのです。異物の進入を知った身体の免疫機能は、それら
のウイルスを追い出そうとして総攻撃をしかけるのです。
 しかし、肝炎ウイルスは細胞の中に隠れているので、ウイルス
だけを叩くことができないので、ウイルスに感染した自分の肝臓
の細胞全体を破壊してしまうのです。その結果起きる炎症が肝炎
です。
 ウイルス性肝炎には発症の仕方や症状の経過によって、次のつ
の種類があるのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
           1.急性肝炎
           2.慢性肝炎
           3.劇症肝炎
―――――――――――――――――――――――――――――
 第1は「急性肝炎」です。
 個人差はありますが、ウイルスに感染してから数週間から数月
後に発症する肝炎をいいます。肝炎の原因として最も多いのは「A
型肝炎ウイルス」(HAV)によるA型急性肝炎であり、以下ア
ルファベット順に、B型、C型と続きます。全身の倦怠感、食欲
不振、黄疸などの典型的な肝臓病の症状があらわれるのです。
 このような症状が出たときは、できるだけ早く病院に行き、肝
炎の程度や原因を調べてもらう必要があります。しかし、症状は
一時的なものであり、数ヶ月で症状はおさまります。
 第2は「慢性肝炎」です。
 慢性肝炎には自覚症状はなく、血液検査で発見されることが多
いのです。肝臓病の中で一番多いのがこの慢性肝炎です。自覚症
状はないといっても肝臓の中では、破壊と修復が繰り返されてお
り、血液検査で異常があらわれるのです。
 慢性肝炎と診断されても肝機能に問題がなければ、とくに治療
の必要はないのですが、B型・C型肝炎ウイルスが原因の場合は、
肝炎が慢性化することがあり、そのうちの一部は肝硬変に進むも
のがあるので、注意が必要です。
 自覚症状がないので知らないうちに病状が進んでしまうことが
多いのも慢性肝炎の特徴です。肝硬変になると、顔色は浅黒くな
り、皮膚は乾燥し、手足の筋肉が落ちて、腹部が膨張するという
ような症状が出てきます。
 第3は「劇症肝炎」です。
 急性肝炎患者の2%が劇症肝炎になるといわれています。初期
の症状は急性肝炎と同じです。急性肝炎で黄疸が出た場合、普通
は一週間もすると症状はおさまってくるのですが、それが悪化し
て劇症肝炎になると、意識障害が出てくるのです。
 どうして意識障害が起きるのかというと、肝臓の解毒作用が弱
まり、排泄しきれなくなった「アンモニア」が脳に運ばれてしま
うのです。その結果、「肝性脳症」が起こって意識がなくなって
しまいます。
 症状として出てくるのは、「プロトロンピン時間」が40%以
下になって、鳥が羽ばたくような震えが出る「羽ばたき振戦」が
起きると、劇症肝炎と診断されます。「プロトロンピン時間」と
いうのは、肝臓のタンパク合成能力を見る検査であり、正常人が
100%であるところそれが40%以下になると危険なのです。
この病気は特効薬がないので注意が肝要です。       
posted by キーヘルス at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

●肝炎ウイルスの正体とは何か

 肝炎ウイルスの正体は何なのでしょうか。
 「ウイルスというのは細菌の一種である」――このように考え
ている人が多いのですが、それは間違いです。ウイルスは細菌で
はないのです。ウイルスというのは、生物と無生物のちょうど中
間的な存在です。細胞の中でしか生きられない存在です。
 ウイルスは生きている細胞に寄生して増殖していかないと死滅
してしまいます。風邪やインフルエンザの原因となるウイルス、
食中毒を起こすノロウイルスなども同じ仲間です。
 肝炎ウイルスは球状の粒子の形をとっています。外側はタンパ
ク質でできており、内部には遺伝子のDNAかRNAを持ってい
ます。
―――――――――――――――――――――――――――――
DNA――デオキシリボ核酸 → B型肝炎ウイルス(HBV)
RNA――    リボ核酸 → C型肝炎ウイルス(HCV)
―――――――――――――――――――――――――――――
 肝炎ウイルスは、肝臓のどこに寄生しているのでしょうか。
 肝炎ウイルスは3000億個といわれる肝細胞の中に入り込ん
で寄生しており、肝臓全体に存在しています。肝臓と一体となっ
ているといってよいと思います。肝炎ウイルスを持つ人の肝細胞
の中を電子顕微鏡で見ると、そこに多数の球形の肝炎ウイルスの
存在を確認できます。
 肝炎ウイルスには何種類あるのでしょうか。
 肝炎ウイルスは現在までのところ、次の7種類が確認されてま
す。
―――――――――――――――――――――――――――――
       1.A型肝炎ウイルス/HAV
       2.B型肝炎ウイルス/HBV
       3.C型肝炎ウイルス/HCV
       4.D型肝炎ウイルス/HDV
       5.E型肝炎ウイルス/HEV
       6.G型肝炎ウイルス/HGV
       7.TTウイルス ←最近発見
―――――――――――――――――――――――――――――
 しかし、われわれ日本人としてとくに詳しく知っておくべきな
のは、A型、B型、C型の3つの肝炎ウイルスについてです。と
くに日本人に多いC型については詳細な知識を持っておくべきです。

●一度かかると二度とかからないA型肝炎

 A型肝炎ウイルスは、経口感染によって肝炎を引き起こすので
すが、これは一過性肝炎です。日本では年間約20万人が発症し
ています。急性肝炎の40%程度がA型肝炎ウイルスによるもの
です。
 A型肝炎の特徴は、一度かかって治癒すると、「HA抗体」と
いうものができ、これが免疫として体の中に残るので、二度とA
型肝炎にかかることはないのです。昔は、知らないうちに感染し、
知らないうちに治ってしまい、抗体を持っているケースがほとん
どだったのですが、現在では衛生状態が良くなっているので、中
高年者でも抗体を持っていない人が多いのです。
 感染経路としては、食べ物、飲み物による経口感染がほとんど
です。生水、生がきなどの貝類は注意が必要ですが、上下水道が
きちんと整備されている衛生状態の良い現在の日本国内では感染
することはほとんどないといえます。したがって、アジア、アフ
リカ、南米などの開発途上国に海外旅行するときは感染しないよ
う注意が大切です。
 これらの国では、A型肝炎がなお常在伝染病となっており、す
でに子供の頃から「HA抗体」を保有している人が多く認められ
るのです。したがって、これらの地域への旅行者あるいは長期駐
在者に対する感染予防が重要問題となっており、予防ためのワク
チンも開発されているのです。
 A型肝炎に感染すると、平均1〜2ヵ月の潜伏期を経て発病し
ます。ほとんどの症例では、38℃以上の発熱によって急激に発
病します。全身倦怠、食思不振、悪心嘔吐などが通常半数以上に
認められます。症状が風邪に似ているので、間違わないようにす
るべきです。
 もうひとつ気になることがあります。それは、成人ではA型肝
炎患者の約1%に劇症肝炎が発生する可能性があることです。最
近では、B型急性肝炎が減少しているので、劇症肝炎の半数以上
をA型肝炎が占めているのです。
 しかし、たとえ劇症化しても、予後は比較的良好なのです。た
だし、比較的高頻度に急性腎不全を伴うこともA型肝炎の特徴で
あり、その原因として免疫複合体の関与が考えられています。
 A型肝炎はほとんど慢性化することはなく、発症後およそ2ヶ
月ですべての肝臓機能検査のデータは正常化します。A型肝炎の
診断には、血液の検査データのIgM−HA抗体検査の陽性で診
断されます。健康な人でも過去に感染し免疫を持っている場合は
陽性と結果が出ます。治療としては、とくに肝細胞障害が著しい
場合――とくに黄疸が出ている場合は入院し、安静、栄養補給を
行うことが必要です。
posted by キーヘルス at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

●B型肝炎ウイルスはどのように感染するか

 B型肝炎はある日突然見つかるのです。一番多いのは何かの病
気で手術を受けることになって、術前検査でわかるというケース
です。何がわかるのかというと、「B型肝炎ウイルス(HBV)
のキャリア」であることが判明するのです。B型肝炎の感染ルー
トには次の2つのケースがあります。
―――――――――――――――――――――――――――――
      1.母子感染 ・・・ 持続性感染
      2.成人感染 ・・・ 一過性感染
―――――――――――――――――――――――――――――
 「母子感染」は、出産時に赤ちゃんがお母さんの産道を通るさ
いに母体の血液や体液にさらされますが、そのさい感染が起きる
のです。生まれてから3歳ぐらいまでは免疫がまだ発達していな
いので、ウイルスを肝細胞に受け入れてしまうことになります。
 ウイルスはそのまま肝細胞に居すわり続けてキャリアとなりま
すが、10%程度は自然排除されて治ってしまいます。なお、キ
ャリアを「保菌者」と訳すことが多いのですが、ウイルスは「細
菌」ではないのです。
 さて、B型肝炎ウイルスに感染すると、血液の中に「BBs抗
原」というタンパク質が作られるのです。血液検査をしてB型炎
ウイルスのキャリアかどうかが判定できるというのは、このBB
s抗原が陰性か陽性かの反応を調べることなのです。
 母子感染の場合、思春期ぐらいまではキャリアであっても無症
候性キャリアに過ぎず、健康な状態で過ごせます。しかし、ある
年齢に達すると、免疫機能が強くなり、ウイルスに感染した肝細
胞に攻撃を加えてウイルスを追い出そうとします。その結果、軽
い肝炎を発症するのです。しかし、90%ぐらいの人は、本人が
気が付くことなく数年で治ってしまうのです。といっても、ウイ
ルスは排除されるわけではないので、キャリアでなくなるわけで
はありません。しかし、この無症候性キャリアからは肝がんが発
症するのです。肝がんの発生率は「0.4 %/年」――1000
人中4人程度です。
 さて、無症候性キャリアから10%の人は慢性肝炎となり、そ
の中から肝がんの発生する率は「0.8 %/年」――1000人
中8人ですが、さらに慢性肝炎になった人の2%は肝硬変に移行
する可能性があります。この場合は、肝がんの発生率は「3%/
年」――100人に3人に跳ね上がります。

●B型肝炎の得体のしれない恐ろしさ

 成人になってB型肝炎ウイルスに感染するケースのほとんどは
一過性感染であり、全体の80%はほとんど症状もなく、自然に
治ってしまいます。しかし残りの20%については急性肝炎を発
症するのです。
 B型肝炎の一過性感染者が1000人がいたとします。このう
ちの800人には症状が出ないままに自然に治ってしまいます。
しかし、200人は急性肝炎を発症するのです。その98%に当
たる196人は、その症状はいろいろですが、治癒に向かうとさ
れています。なお、非常にレアケースですが、急性肝炎にならな
いで慢性肝炎になるケースもあります。
 急性肝炎にかかると、体がだるい程度で済む軽症から、階段す
ら登れないほどの重症まで、その症状はさまざまです。重症にな
れば当然病院行きとなります。いずれにしても自覚症状があると
きは、病院に行って、きちんとした治療を受けることが肝要です。
重症であれば入院治療が必要です。しかし、98人は治癒するこ
とになります。
 しかし、その2%に当たる4人は劇症肝炎になり、2人が死に
至るのです。50%の死亡率ですから大変です。残りの50%の
2人は、肝移植や内科的診療によって治癒に向かうといわれてい
ます。
 B型肝炎で注意すべきは、既に述べたように、無症候性キャリ
アから発がんが認められることです。普通は「慢性肝炎→肝硬変
→肝がん」のプロセスをたどるのですが、B型肝炎では無症候性
キャリアからいきなり肝がんを発症する率が1000人中3人と
高いのです。
 成人感染で慢性肝炎になるケースはまずないのですが、ごくま
れになるケースがあるのです。しかし、慢性腎不全やエイズなど
免疫力が落ちる病気を持っていたり、免疫抑制剤を使っている人
の場合は、慢性肝炎にかかる場合があります。数年前のことです
が、「ジェノタイプA」という欧米型のB型肝炎ウイルスが見つ
かっています。このウイルスにかかると、慢性化する可能性が高
いことがわかっています。
 B型肝炎ウイルス(HBV)のキャリアは、全国に約150万
人いるといわれます。そのうちのほとんどは、自分がキャリアで
あることを知らないでいるのです。しかし、何らかの症状が出る
場合はいいのですが、何も出ない場合が問題なのです。そのまま
発がんする可能性があるし、劇症肝炎を発症して死にいたる可能
性があるからです。
 B型肝炎の治療には、その進行を抑える治療薬があるのです。
これは発がんを防ぐ対策でもあります。「核酸アナログ製剤」と
いう内服薬がそれです。これを飲むことによって、B型肝炎ウイ
ルスの増殖を抑える効果があるのです。
 B型肝炎は得体のしれない恐ろしさのある病気です。これに対
してC型肝炎はどういう病気なのでしょうか。次回に述べます。
posted by キーヘルス at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

●サイレント・キラー/C型肝炎ウイルス

 C型肝炎――ウイルス性肝炎の中でもっともキャリアになる可
能性が高い肝炎であるといわれます。C型肝炎ウイルスが発見さ
れたのは1988年のことであり、「薬害C型肝炎」として現在
最も注目度の高いウイルス性肝炎であるといえます。
 ところで、C型肝炎ウイルスが発見されたのは正確にいうと、
1998年1月3日のことなのですが、この年は昭和と平成の境
目の年なのです。これは昭和の時代に病院で手術などで輸血をし
た経験のある人は、C型肝炎ウイルスの有無を調べてみる価値の
あることをあらわしています。
 現在、C型肝炎のキャリアは全国で約200万人いるといわれ
ていますが、なぜこんなに多いのかというと、1969年から1
994年までの25年間にわたって、手術や出産時に止血に使わ
れた血液製剤が原因でC型肝炎にかかった人が多いからです。早
くから血液製剤に問題があるとわかっていたのに、それを無視し
て使い続けたことが多くのキャリアを生んでしまったのです。
 C型肝炎が怖いのは、キャリアの80%が慢性肝炎に移行し、
その大部分は進行性で、肝硬変に進むといわれている点です。肝
硬変になると、肝がんになる可能性が非常に高くなります。現在、
肝がん患者の75%は、血液検査でC型肝炎ウイルスに陽性反応
が出た人であるという事実は見逃すことはできないことであると
思います。
 C型肝炎には自覚症状というものがないのです。健康診断で肝
臓の数値に異常がないからといって安心していると、気がついて
みたら、肝硬変や肝がんになっていたということが多いのです。
したがって、このウイルスは「サイレント・キラー」と呼ばれ、
恐れられているのです。
 C型肝炎ウイルスが体内に入ると、肝臓の中でウイルスは増殖
し、肝臓の組織が破壊され、線維化が起こるのです。これによっ
て肝硬変になるのです。ここまで自覚症状はほとんどないので、
ある日突然ということになります。

●B型/C型肝炎ウイルスの検査は受けるべきである

 C型肝炎ウイルスはどのような構造をしているのでしょうか。
 大きさは60ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メ
ートル)ほどの球形の粒子です。外側の被膜の表面に長短2種類
の突起を出しており、その突起の根っこに遺伝子のRNAを持っ
ています。エイズウイルスはC型肝炎ウイルスと同じウイルスか
らできているのです。
 これに対してB型肝炎ウイルスは、DNAを持っているのです。
RNAとDNAはともに核酸の種類ですが、その違いは非常に専
門的なものになります。ごく簡単にいうと次の通りです。血液検
査では、これらDNAとRNAを調べて肝炎ウイルスの有無を確
認するのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
 DNA/生物の遺伝情報を記録し、子孫に伝えていく記録
媒体である
 RNA/DNAに記録された遺伝情報を取り出して、動く
ようにする
―――――――――――――――――――――――――――――
 C型肝炎ウイルスの有無を調べるには、病院の肝臓内科の外来
を訪ねることになります。そこで、C型肝炎ウイルスの抗体があ
るかどうか、陽性か陰性かを調べます。この検査で陽性が出ると、
C型肝炎の疑いがあるのです。ここではじめて、C型肝炎ウイル
スの量を調べるのです。「HCV−RNA検査」といっています。
 血液の中に肝炎ウイルスが入ると、抗原抗体反応が起こって、
外から侵入した異物である「抗原――ウイルスのこと」は排除さ
れます。そのとき、異物に対抗するために作られたタンパク質で
ある「抗体」は残ります。
 この抗体のあるなしによって陽性と陰性が決まります。抗体が
あれば陽性と出るのですが、B型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイル
スとでは、診断結果が違ってくるのです。
 B型肝炎ウイルスの抗体検査で陽性になると、それは感染した
ウイルスが既に駆逐され、抗体だけが残っているということを意
味します。しかし、C型肝炎ウイルスの場合は、抗体反応が陽性
になると、ウイルスが駆除された人と、そうでなくて依然として
ウイルスを持っている人の2つのケースが考えられるのです。同
じ「抗体陽性」でもB型とC型では意味が違うのです。
 「HCV−RNA検査」では、C型肝炎ウイルスの「抗体陽性」
となった人に対して、RNA検査をしてウイルスの有無を調べる
のです。この検査でウイルスがないということがわかると、C型
肝炎ではないことになります。
 ここで大切なことがあります。健康診断の血液検査で、GOT、
GTPという2つの数値を調べますが、この数値が正常でもC型
肝炎にかかっていることはあるのです。C型肝炎ウイルスを持っ
ているかどうか調べるには、病院の肝臓内科に行って、抗体の有
無を調べる検査を受ける必要があります。
 そしてそれが陽性であれば、続いてHCV−RNA検査を受け
ることになります。この検査でC型肝炎ウイルスがいないことが
確認できれば心配ないのです。さいわいこの検査はオプションで
すが、保険適用ですので、1300円ほどで受けることができま
す。
 健康を維持するためには、GOT、GTPという数値だけに頼
らず、病院でB型、C型肝炎ウイルスのチェックをやってもらう
ことは大切です。           ・・・肝臓の話/10 
posted by キーヘルス at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

●肝臓の線維化について知る

 肝臓には不思議なことがたくさんあるのです。C型肝炎ウイル
スに感染していても、GOT、GPTが正常値である人がいるの
です。ウイルスに感染していても、なぜか肝臓の細胞が壊れない
人がいるのです。
 しかし、そういう人でも肝臓の線維化は少しずつ進み、肝硬変
になっていくのです。GOT、GPTの数値が高い人がC型肝炎
ウイルスに感染すると、かなり早いスピードで肝臓の線維化が進
み、肝硬変になります。GOT、GPTの数値の良し悪しによっ
て、肝硬変になる速度が異なるのです。
 GOT、GPTの数値が高いということは、肝細胞が生まれる
先から壊されている状態が続いていることを意味しており、それ
が繰り返されることによって、肝臓の組織がダメージを受けて線
維化が起こるのです。この線維化の進んだ状態が肝硬変というこ
とになります。
 肝臓の線維化についてもう少し詳しくお話ししましょう。肝細
胞が壊されると、なぜ線維化が起きるのでしょうか。それに線維
化された肝臓は修復できないのでしょうか。
 既出の日本大学医学部消化器外科部長の高山忠利氏は、肝臓の
線維化の修復について次のようにわかりやすく説明しています。
――――――――――――――――――――――――――――
 細胞修復にはコラーゲンというタンパク質が必要になります。
 たとえば、転んで膝に擦り傷をつくると、やがてかさぶたが
 できますね。それと同じことが肝臓で起きているわけです。
 かさぶたは周りの皮膚より硬いでしょう。あれは線維化を起
 こしているからなのです。絶えず修復を繰り返していると、
 線推化が進むというのは、ケロイド状の皮膚をイメージする
 とわかりやすいかもしれません。 ――高山忠利著/講談社
 +アルファ新書/383−1B
 『肝臓病の「常識」を疑え!/世界的権威が説く肝臓メンテ
  ナンス法』
――――――――――――――――――――――――――――
 肝臓の線維化はどのようにして調べるのでしょうか。
 これは血液検査で簡単に調べることができます。この血液検査
は次の3つのポイントについて調べます。
――――――――――――――――――――――――――――
  1.線維化の進行速度 ・・・ V型プロコラーゲン
  2.線維化の程度計測 ・・・   W型コラーゲン
  3.線維化が作るもの ・・・    ヒアルロン酸
――――――――――――――――――――――――――――
 「V型プロコラーゲン」というのは、線維化の進む速度を反映
するもので、コラーゲンと一緒に作られて血液中に流れ出てきま
す。「W型コラーゲン」は肝臓の中にあるコラーゲンが分解され
てできるものです。そして「ヒアルロン酸」は、肝臓が線維化を
起こすときに多く作られるものです。
 実は1と2のコラーゲンは、肺に線維化が起きたときや膝の関
節が線維化を起こしたときにも出るのですが、3のヒアルロン酸
の有無を調べて肝臓の線維化を特定するのです。これは肝臓に特
有のものであり、これがあると肝臓の線維化であることをあらわ
しているのです。

●「インターフェロン」という薬がある

 「インターフェロン」――C型肝炎訴訟のときしきりと使われ
ていた言葉です。読者も何回かは聞いたことがあると思います。
インターフェロン――C型肝炎の薬であることは知っていても、
それが飲み薬なのか注射薬なのかわからないと思います。
 インターフェロンは、C型肝炎ウイルスの増殖を抑え、駆除す
る注射薬なのです。ウイルスが単に減少するだけでなく、根源を
絶って駆除できる可能性が高いところから、C型肝炎の治療法で
最も効果がある薬がインターフェロン注射なのです。根源を絶つ
ことができるので、発がんも抑制できるのです。なお腎がん、皮
膚がんなどの一部のがんには、インターフェロンが抗がん剤とし
ても使われているのです。
 インターフェロンは、人間がウイルス感染を受けたときなどに
体の中で作るタンパク質の一種なのです。インターフェロンの種
類は、現在までにα型、β型、γ型の3種類が分かっています。
 それぞれの性質は少しずつ異なっていますが、主な作用として
抗ウイルス作用、免疫増強作用、抗腫瘍作用などがあります。イ
ンターフェロンによる慢性ウイルス性肝炎の治療は、この抗ウイ
ルス作用により肝炎ウイルスを攻撃し、ウイルス性肝炎の治療を
するのです。
 初期のインターフェロンは、週3回の注射を1年続ける必要が
あり、しかも保険適用でなかったために、患者さんにとってかな
り敷居の高い薬であったといえます。
 しかし、「ペグインターフェロン」というインターフェロンに
ポリエチレングリコロールという新しいタイプができ、インター
フェロンの排泄がゆっくりとなり、効き目が持続するようになっ
たのです。そのため、週1回の注射で済むようになり、外来での
治療も可能になったのです。しかも、2004年12月から保険
適用になったことで、患者さんにとってかなり垣根が低くなった
といえます。

posted by キーヘルス at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

●4つのタイプごとに異なるインターフェロン治療

 C型肝炎ウイルスは、「1型」「2型」という2つの遺伝子型
とウイルス量の多い「高ウイルス」と量の少ない「低ウイルス」
によって、次のように4つのタイプに分類されます。
――――――――――――――――――――――――――――
          「遺伝子1型」  「遺伝子2型」
  「高ウイルス」  高――1型    高――2型
             50%      70%
  「低ウイルス」  低――1型    低――2回
             80%      90%
――――――――――――――――――――――――――――
 肝臓病の治療を受けている患者さんの数でいうと、高ウイルス
と低ウイルスでは、7:3と圧倒的に高ウイルスの患者さんが多
いのです。インターフェロンの治療を行う場合も、肝炎ウイルス
のタイプを調べてから行います。
 ところで病院のどこでインターフェロンの治療をしているのか
というと、内科――消化器内科か肝臓内科で行っています。基本
的には他の病気でも同様ですが、とくに肝臓の治療は医師と患者
との充実したコミュニケーションがないとうまくいかなのです。
 インターフェロンの治療の効果は、上記4つのタイプで大きく
異なります。インターフェロンの治療が一番効果が上がるのは、
「2型・低ウイルス」でありその有効率は90%です。続いて
「1型・低ウイルス」の80%、「2型・高ウイルス」の70%
と続き、一番治療が困難なのは、「1型・高ウイルス」の50%
となっています。
 インターフェロン治療には、高ウイルスの1型と2型に関して
は、ペグインタ−フェロンとリバビリンという抗ウイルス剤の併
用治療をすることになっています。「1型・高ウイルス」の有効
率は高くありませんが、それでも50%の人はC型肝炎ウイルス
が消える効果的な治療法であるといえます。しかし、治療期間は
「1型・高ウイルス」の場合は1年、「2型・高ウイルス」の場
合は6ヶ月〜1年続ける必要があります。費用は6ヶ月で約60
万円、1年で約100万円もかかります。これに対して「1型・
低ウイルス」と「2型・低ウイルス」の場合は、ペグインターフ
ェロンの単独治療になります。
 インターフェロンには比較敵強い副作用があります。その副作
用は女性に多いのです。どうやら女性ホルモンが影響しているよ
うですが、本当の原因はわかっていません。既出の高山忠利氏は
インターフェロンの副作用について次のように述べています。
――――――――――――――――――――――――――――
 主な症状は、悪寒と発熱、関節痛、筋肉痛など。インフルエ
 ンザに近い症状が出ます。注射をして2時間ぐらいでガタガ
 タと震え出し、一気に40℃ぐらいの高熱が出る人もいれば、
 打って10時間ぐらい経ってから発熱してくる人、あるいは、
 打った日は何でもないのに翌日に38℃ぐらいの熱が出る人
 と、本当に人それぞれです。
  ――高山忠利著/講談社+アルファ新書/383−1B
 『肝臓病の「常識」を疑え!/世界的権威が説く肝臓メンテ
 ナンス法』
――――――――――――――――――――――――――――

●インターフェロン治療ができない人もいる

 ペグインターフェロンは、肝臓病であれば誰にでも使える薬剤
ではないのです。この薬剤は慢性肝炎の患者さんを対象としたも
のであり、肝硬変の患者さんには使えないのです。
 また、甲状腺などのホルモン関係に異常のある人や、重い心臓
病、脳出血などの脳血管障害を患ったことのある人には使えない
のです。これにはちゃんとした理由があります。
 インターフェロンを使うと白血球や血小板が減少し、併用する
リバビリンは貧血の原因になります。白血球が減ると、感染しや
すくなりますし、血小板が減ると出血リスクが高くなります。で
すから、脳血管障害を患った人には危険なのです。また、肝臓病
という病気にとって、貧血は歓迎すべきものですが、一般的には
貧血は心臓に負担をかけるので、心筋梗塞などの重い心臓病を持
つ人には危険なのです。
 もうひとつインターフェロンを使うと、人によってはうつ症状
が出てくるリスクがあります。したがって、インターフェロン治
療をするときは、うつがあるかどうか、ある場合はそれがどの程
度のものなのかなどについて、メンタルクリニックで検査をする
ことが必要になります。どうして、インターフェロンを使うとう
つが出るのかは、まだ解明されていないのです。
 さらに、インターフェロン治療で気をつけるべきことがありま
す。それはC型慢性肝炎の患者さんは、肝臓内に鉄分がとてもた
まりやすい体質になっていることです。これを「鉄沈着」といい
ます。
 レバーに青野菜の濃縮汁、味噌汁に納豆――これらは健康食の
定番ですが、肝臓病にとってはことごとくマイナスなのです。そ
の原因は鉄分を吸収しやすいという点にあります。        
posted by キーヘルス at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

●原因がわからないがんとわかるがん

 日本人の死因の第1位はがんです。年間に約33万人の人が亡
くなっているのです。そのがんができる部位のベスト5は、男女
によって次のように違うのです。肝がんは男性の第3位になって
います。
――――――――――――――――――――――――――――
    第1位  第2位  第3位  第4位  第5位
 男性  肺    胃    肝臓   大腸   前立腺
 女性  大腸    胃    肺    肝臓   乳房
――――――――――――――――――――――――――――
 肝がんは1975年から男女ともに増加していて、2005年
には男性で人口10万人当たり38人(全体で2万3000人)
女性で17人(全体で1万1000人)亡くなっています。
 がんは細胞の異常増殖ですが、その原因は何でしょうか。
 がんがなぜできるのか、その原因については、これほどまで医
学が進歩している現代でもわかっていないのです。
 しかし、唯一原因が特定できるがんがあります。それは肝がん
です。肝がんについては、その原因の90%は肝炎ウイルスであ
ることがわかっています。とくにB型・C型肝炎ウイルスについ
ては、どのくらいの確率でがん化し、がんになるまでどのくらい
の期間を要するのかについてもある程度わかっているのです。こ
ういうがんは肝がんしかないのです。
 肝がんはどのようなかたちをしているのでしょうか。
 肝がんは、その周りに被膜と呼ばれる厚い膜を持っています。
この膜の中でがん細胞は少しずつ増殖していくのですが、めった
なことでは膜の外に飛び出すことはないのです。しかし、まれに
この膜を突き破って外に飛び出し、血管の中に入ってしまうがん
があるのです。このがんは「門脈腫瘍栓」と呼ばれ、治療の困難
ながんなのです。
 門脈というのは、腸で吸収した栄養分を含む血液を肝臓に運ぶ
血管です。門脈腫瘍栓というのは、この門脈の中にがん細胞が入
り込んで、血管を塞いでしまう病気です。こうなってしまうと、
手術でこれを完全に取り除くことはかなり困難になります。いわ
ゆるタチの悪い肝がんの一種といえます。このタイプの肝がんは
腫瘍が小さくても要警戒なのです。
 このように肝がんは、肝炎ウイルスが原因のほとんどなので、
その有無を自ら申し出て検査しておくべきです。もし、肝炎ウイ
ルスがないとわかれば、少なくとも肝がんにはならないといえる
からです。

●肝がんのステージは何によって決まるのか

 肝がんの専門医である高山忠利先生によると、肝がんを4つに
分けて手術の方針を決めるそうです。そのさい、チェックするの
は次の3つです。
――――――――――――――――――――――――――――
    1.がんの個 数 ・・・・・ 個数は1個
    2.がんの大きさ ・・・・・ 2センチ以下
    3.腫瘍栓の有無 ・・・・・ 腫瘍栓なし
――――――――――――――――――――――――――――
 肝がん手術をするさいのステージを決めるポイントは、上記1
〜3の判断基準によって次のように決められます。
――――――――――――――――――――――――――――
     ステージ1:ポイント123すべてに合致
     ステージ2:ポイント2項目が合致
     ステージ3:ポイント1項目が合致
     ステージ4:ポイントはすべて合致しない
――――――――――――――――――――――――――――
 「ステージ1」はいわゆる早期がんであり、手術をすれば完治
できます。手術として一番多いのは「ステージ2」と「ステージ
3」の肝がんです。「ステージ4」になると手術はできないので
す。
 しかしもうひとつ「分化度」といわれるポイントがあります。
これを決めるのは病理部門の仕事です。病理検査とは、患者さん
から摂取したがん細胞を顕微鏡で調べる検査で、高い専門性が要
求されます。
 「分化度」はがんの顔つきといわれ、次の3つに分けられるの
です。
――――――――――――――――――――――――――――
   1.高文化 ・・・・・ 正常ながん細胞に近いがん
   2.低文化 ・・・・・ 細胞の形が不整であるがん
   3.中分化 ・・・・・ 高分化と低分化の中間存在
――――――――――――――――――――――――――――
 「高分化」というのは、比較的おとなしいタイプのがんです。
これに対して「低文化」はとてもタチの悪いがんです。「分化」
というのは、正常な細胞に付ける名称であり、正常の度合いが高
いのが「高分化」、度合いが低いのが「低分化」なのです。「中
分化」はその中間です。
 「高文化」の肝がんであれば、相当大きくなっていても手術で
取れる可能性が高いのですが、「低文化」になると、がんが小さ
くても取れないことが多く、取れた場合でも再発を防ぐことが困
難になります。
posted by キーヘルス at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

●手術時の出血量をいかにして少なくするか

 駅前でよく行われている献血の採血量の上限は約500CCで
す。したがって、手術時の出血量が500CC以下であれば、輸
血の必要はないわけで、手術ではなるべく出血を500CC以下
で抑えるべく努力をしているのです。
 しかし、かつての肝がんの手術では、5000〜10000C
Cという大量出血は避けられなかったのです。まさに血の海の状
態になったのです。しかしここ20年ほどの間に肝がんの手術は
飛躍的に技術が向上したのです。
 手術後の5年生存率は20年前はわずか20%であったのに、
全国平均で60%に達しています。ステージ1であれば90%、
ステージ2でも70%と高生存率を記録していますし、出血量も
平均で1000CC、がんの個数が少なく、転移がない場合は、
腕のいい外科医であれば献血量レベルの500CC以下に抑える
までに肝がん手術の技術レベルは向上しています。
 しかし、大事なことがあります。このように手術の技術は大き
く向上しているのですが、実際に手術を受けられる人は、全体の
30%でしかなく、70%の人は手術を受けられないのです。
 肝がんと診断されて検査をすると、既に肝硬変が進行していて
手術できないほど肝機能が低下しているケースや手術では取れな
いほど、がんが進行してしまっているケースが多いのです。
 早めに肝炎ウイルスの存在をチェックし、自主的に年に2〜3
回程度の定期的な検診さえ受けていれば、たとえ肝がんになった
としても高度な手術によって完全に治すことができるのです。何
よりも肝炎ウイルスの検査が肝要です。

●肝がんはこうして発見する

 それでは肝がんはどのように見つけるのでしょうか。
 まず、血液検査で肝炎ウイルスの有無を検査します。それに加
えてエコー検査をして肝臓の状態を調べます。ウイルスが陽性だ
った場合は、家族病歴を調べて、ビリルビン(第04号参照)な
どの肝機能を調べる血液生化学検査を行うのです。
 また、血液検査では腫瘍マーカーの値である「AFP」や「P
IVKA−U」の動きをチェックできます。腫瘍マーカーという
のは、肝がんの細胞が産出し血液中に流れ出る異常なタンパク質
のことであり、この値が上昇していると肝がんが疑われます。
 血液検査と並行して行われるエコー検査では、肝がんを直接見
つけることができるのです。しかしエコー検査やCT検査では、
検査者のうでが問われることになります。エコー検査やCT検査
などの画像診断では、次の2つの診断が行われます。
――――――――――――――――――――――――――――
   1.存在診断 ・・・ がんの存在と場所の特定
   2.質的診断 ・・・ 腫瘍ががんかどうか確定
――――――――――――――――――――――――――――
 肝臓は8つのブロックに分かれています。肝臓というところは
1丁目から8丁目まであるといわれるゆえんです。腫瘍があるな
らば、その腫瘍はどこにあるのか――8ブロックのどのブロック
にあるかを特定するのが「存在診断」です。これにはエコー検査
やCTの撮影技術の質が問われます。とくに重要なのが、撮影し
た画像を読む技術です。
 肝臓に見つかった腫瘍が本当にがんであるかどうかを確定する
ことを「質的診断」といいます。肝臓にできる腫瘍には、がんば
かりではなく良性腫瘍も数多く発生するからです。
 画像診断のポイントについて、自らも画像診断のエキスパート
である高山忠利先生は次のように述べています。
――――――――――――――――――――――――――――
 画像のどこを見るか。まず肝臓の全体像です。続いてその中
 を走る血管群。主に門脈と肝静脈を見ます。次に腫瘍の形、
 内部の構造や、周りの変化などを見ていきます。三大肝腫瘍
 といわれる肝細胞がん、転移性肝がん、肝血管腫に、画像上
 それぞれ際立った特徴がありますが、「読影する」という言
 葉どおり、画像検査では腫瘍から得られる間接的な影を読ん
 でいるのです。読影に優れた医師というのは、手術で切り取
 った肝臓の標本から腫瘍の生の姿形を頭に焼き付けています
 から、専門の診療科にかかわらず、この勉強を積んだ医師こ
 そ真に画像を読めるエキスパートといえるのです。
   ――高山忠利著/講談社+アルファ新書/383−1B
 『肝臓病の「常識」を疑え!/世界的権威が説く肝臓メンテ
  ナンス法』
――――――――――――――――――――――――――――
 高山忠利氏が所属する東京大学付属病院では、外科主治医グル
ープ4名と、放射線科グループ2名の独立した2チームがそれぞ
れ読影して、最終的に全体会議で決定するという慎重な体制をと
っているそうです。
 このように考えると、医師にはもっとゆとりとか余裕というも
のが必要であることがわかります。しかし、日本の現状は極端な
医師不足で医師はぎりぎりの診療を行っています。したがって、
一人の患者さんの検査などに多くの時間を割くことが困難になっ
ています。小泉改革で壊された日本の医療制度――根本からの建
て直しが必要であると思います。            
posted by キーヘルス at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

●肝がん治療の4つの方法

 検査の結果、肝がんであることがわかったとき、どのような治
療法がとられるのでしょうか。肝がんの治療には次の4つがあり
ます。
――――――――――――――――――――――――――――
         1.肝切除手術
         2.ラジオ波焼灼療法
         3.肝動脈塞栓療法
         4.化学療法
――――――――――――――――――――――――――――
 「肝切除手術」ができるかどうかは、がんの個数とがんの大き
さによって決まります。
――――――――――――――――――――――――――――
 がん個数  1個 ・・・・・・・・・・・・・ 手術可能
           I――3センチ以内 ・・ 手術可能
 がん個数2〜3個  I
           I――3センチ以上 ・・ 手術可能
 がん個数4個以上 ・・・・・・・・・・・・・ 手術不能
――――――――――――――――――――――――――――
 がんの個数が1個のときは、大きさにかかわらず手術が勧めら
れます。それが完治のために一番良い方法だからです。がんの個
数が2〜3個のときは、がんの大きさが問題になります。
 3センチ以内の場合は、手術が最善の方法ですが、どうしても
手術はしたくないという患者さんには「ラジオ波焼灼療法(RF
A)」といって、エコー検査を使って皮膚から肝臓に太い針を刺
し、高周波でがんを焼き切る治療を行うことになります。
 がんの大きさが3センチ以上あるときは、その状況によって、
手術か「肝動脈塞栓療法(TAE)」を行います。肝動脈塞栓療
法は、いわゆる兵糧攻めでがんの栄養源である冠動脈を閉塞し、
血流を遮断することによってがんを殺す治療法です。
 がんが4個以上あるときは肝動脈塞栓療法で治療を行います。
肝切除手術はもちろん外科の担当であり、ラジオ波焼灼療法と肝
動脈塞栓療法は、内科か放射線科で行います。
 入院期間は症状による違いはあるものの、肝切除手術は2週間
ラジオ波焼灼療法は3〜5日間、肝動脈塞栓療法は1週間ほどで
す。
 化学療法としては、5−FU、ファルモリビシン、シスプラチ
ンなどの抗がん剤が肝がんによく効くので、主として肝動脈注入
で使われます。その他に放射線治療レチメイド、活性化リンパ療
法などがあります。

●日本人医師がリードする肝がん治療のノウハウ

 高山先生によると、上記の肝がん治療法のほとんどは、日本の
医師による開発であるというのです。ラジオ波焼灼療法と肝動脈
塞栓療法についても日本人が開発したのです。
 当の高山先生については、手術の方法「術式」の開発者として
も知られているのです。1980年頃までは肝臓の奥にあるがん
は肝臓を2つの部分に(右葉と左葉)に分ける中央線(カントリ
ー線)で切って左右どちらかを取る手術法しかなかったのです。
 しかし、これで手術をすると、肝臓の60%以上を切除するこ
とになり、肝不全で死亡するケースが多く、死亡率はどうしても
高くなったのです。そこでこの問題を解決するため、幕内雅敏先
生が肝臓を8つのブロックに分けて切り取る「幕内術式」を開発
したのです。
 このブロックは、1番地から8番地の8つの区域に分類された
のですが、その中の「尾状葉」とよばれる1番地だけが、表面か
らは見えない奥まったところにあるのです。
 以前はここにがんができた肝硬変は「手の出しようがない」と
されていたのですが、高山先生の考案した術式により、2−8番
地は無傷のまま、1番地のがんだけを摘出することが可能になっ
たのです。これは「高山術式――肝臓の高位背方切除法」とよば
れる画期的なアプローチ法であり、現在世界中の肝臓外科医の間
で注目されているのです。
 このように肝がん手術については、日本が大きくリードしてい
るようですが、ごく最近も肝がん手術について、次のようなニュ
ースが入ってきていますのでご紹介しましょう。ますます日本の
優位が強まりそうです。
――――――――――――――――――――――――――――
 肝臓がんの手術中にがん細胞だけを光らせる新しい手法を、
大阪府立成人病センター(大阪市)が開発し2008年10
月27日発表した。これまで約5人に1人で起きていた可能
性がある小さながんの取り残しが、避けられるという。肝臓
がんの手術を受ける患者は年間約5千人いるが、この手法を
使えば、早期の再発が防げそうだ。  ――asahi.comより
――――――――――――――――――――――――――――
 他のがんへの応用ですが、大腸がんでは光らず肺がんでは1例
しか光っているのが見つかっておらず、ほかのがんへの応用は難
しいようです。   
posted by キーヘルス at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。