2008年01月03日

●コレステロールは本当に身体に良くないのか

●生活習慣病の起きる原因は何か

 中高年齢層から老年層の健康上の議論で必ず話題の中心になるのは、生活習慣病です。糖尿病、脳卒中、心臓病、高脂血症などがそうです。ところで、これらの病気は、なぜ、生活習慣病といわれるのでしょうか。
 生活習慣病というのは、毎日の良くない生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気で、日本人の3分の2近くがこれで亡くなっているのです。問題は、ここでいう「毎日の良くない生活習慣」とは、具体的に何を指しているかということです。
 ひとつはっきりしていることは喫煙、それにあまり運動をしないで食べ過ぎる、過食から起こる肥満――良くない食習慣が上げられるでしょう。別の言い方をすると、食の西欧化です。これによって脂っこいものを多く食べるので、血中のコレステロールが多くなり、血管に沈着してそれが生活習慣病の原因になるというわけです。
 しかし、喫煙が身体に良くない習慣であることはわかるとしても、食の西欧化が良くない習慣かというと、必ずしもそうとはいえないと思います。なぜなら、食の西欧化によって日本人の体格は昔に比べると格段と向上し、頑健な身体づくりにつながっているからです。
 昔は粗食だったから、生活習慣病なんかなかった、日本人は昔の食に戻るべしという意見をいう人がいます。しかし、これはおかしな意見です。それでは江戸時代の平均寿命はどのくらいかご存知でしょうか。
 寿命を決めるファクターは、衛生と栄養です。当時は衛生という概念がなく最悪の状態だったのです。したがって、人が最も高い確率で死亡するのは出産直後だったのです。そういうわけで、現在であればゼロ歳の平均余命が寿命ということになりますが、ゼロ歳を起点とすると、平均余命は10歳前後ということになってしまうのです。これでは統計上間違うので、15歳まで生きた人を起点に平均余命を調べると、江戸時代を通じて35歳だったのです。
 昭和1O年代の平均余命は、男性48歳、女性50歳――それが現在では、男性78歳、女性85歳と飛躍的に伸びています。これは何といっても食の西欧化によって、動物性タンパク質の摂取量が増えた結果なのです。良くない食習慣というのはおかしいと思います。

●コレステロールは本当に悪役か

 コレステロールとは、脂肪の一種です。食べ物として摂取されるし、脳内でも合成される物質です。このコレステロール――身体に良くない物質として認識されています。心臓に酸素や栄養を補給する冠状動脈が動脈硬化症によって詰まると心筋梗塞につながりますが、その詰まる原因がコレステロールであるからです。
 したがって、高脂血症と診断されると、心筋梗塞を防ぐために血中のコレステロールを下げるコレステロール低下薬が与えられるのです。つまり、コレステロールは生活習慣病を引き起こす原因と考えられているからです。以来、コレステロールは、狭心症や心筋梗塞を引き起こす悪役のイメージが定着するようになります。
 しかし、最近になって、コレステロールと死亡率の関係について新しい解釈が出てきたのです。コレステロール必ずしも健康の悪役にあらずという新しい考え方です。複数の研究結果を総合的に判断する方法を「メタアナリシス」といいますが、1990年にこの方法を使ってコレステロールと死亡率の関係を調べた学者がいるのです。
 ミネソタ大学の疫学の教授であるジェーコブス氏は、19の研究結果についてメタアナリシスを行ったのです。その結果、次のことがわかったのです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 心筋梗塞だけでなく脳卒中、ガン、その他の死亡率をすべて含めると、35歳から69歳の男性の場合では、血中のコレステロール値が160ミリグラム/デシリットル以下の人では対象群全体の死亡危険率を1とすると、1.2くらいになった。つまり、低コレステロールの人は2割ほど死亡率は高いのである。コレステロール値が増すとともに次第に死亡の危険率は低下し、160〜240までは大体同じくらいの死亡の危険率で推移、さらに240以上でも1.15くらいだった。同じ年齢の女性の場合は、さらにコレステロール値が160以下でも死亡の危険率は1.1くらいであり、その後コレステロール値が上ると直線的に死亡の危険率は低下し、240以上でも危険率の増加はないという結果である。
            ――高田明和著、『脳によく効く栄養学』より
                      朝日新書/朝日新聞社刊
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ジェーコブス教授の研究は、コレステロール低価薬――メバロチンが代表的――を使うと、確かに心筋梗塞の発症、それによる死亡率は下げることができるが、全体の死亡率で見るとあまり減らないのです。それどころか、コレステロール値を下げることが、全体の死亡率を高めるというケースも見られるというのです。生活習慣病の危険が連呼されている現在、これは重要な警告を含んだ情報であると思います。                    
posted by キーヘルス at 04:37| Comment(0) | TrackBack(1) | コレステロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

●コレステロールと死亡率との不思議な関係

●コレステロール値が低い人はうつ病になりやすい

 コレステロールの話題を今回も続けます。ミネソタ大学のジェーコブス教授の研究と同じ目的を持つ研究は、1990年当時からいろいろな学者によって行われていたのです。そのひとりであるピッツバーク大学のマルドーン教授はやはり多くの事例からメタアナリシスを行っています。
 マルドーン教授の研究結果によると、コレステロールを薬や食事で低下させると、心筋梗塞による死亡率は15%程度低下するが、全体の死亡率はあまり変わらないそうです。全体の死亡率が変化しないとすると、心筋梗塞による死亡率が減った分、何かの死亡が増えていることになります。何の死亡が増えているのでしょうか。
 マルドーン教授のチームの調べた結果によると、うつ病による自殺と事故死の率が高いことがわかったのです。ここでいう事故死とはうつ病による事故死だけではなく、一般の事故死も含まれるのです。交通事故などは心理的な影響による原因がかなり関与しているといわれます。
 1997年になって、オランダのライデン大学のウエーバーリング・リジュンブルガー氏のチームの研究が発表されたのです。このチームは、平均年齢が89歳の642人の高齢者を対象に、1986年12月1日から1996年の10月1日までの約10年間を追跡調査したのです。
 死亡率に関しては、コレステロール値が194ミリグラム/デシリットル以下の低いクラスの全体死亡率を1としたときの割合では、低いクラスの死亡率が最も高く、コレステロール値が高くなるにつれて、死亡率が低くなっているのです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
   194ミリグラム/デシリットル以下の死亡率 ・・・・ 1.0
   194〜245ミリグラム/デシリットルの死亡率 ・・ 0.8
   246ミリグラム/デシリットル以上の死亡率  ・・・ 0.7
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 さらに、死因に関しては、極めて興味深い結果が出ているのです。心筋梗塞を含む心血管障害は、コレステロール値が高いほど死亡率が高く、コレステロール値が194ミリグラム/デシリットルと比較すると、246ミリグラム/デシリットルでは、死亡率が17%近く増えています。これは常識的な結果であるといえます。
 ところがこれとは逆に、ガン、呼吸器障害、認知症のいずれもコレステロール値が高い方が危険は低いのです。とくに認知症の場合は、コレステロール値が低い方が高い方の倍以上かかりやすくなっているのは注目に値します。

●血中コレステロールと脳内コレステロールとの関係

 日本でもコレステロール値の高い人の方が低い人より死亡率が低いという調査は多く見られます。大阪府守口市で、1997年度に健康診断を受けた住民、約1万6000人を5年間にわたって調べたところ、男性の場合、コレステロール値の高い人の方が死亡率は低かったのです。
 男女あわせると、糖尿病の患者や喫煙者は、そうでない人に比べ死亡率が高かった一方、高コレステロール血症の人は、かえって死亡の危険が小さいという結果が出たのです。そのため、コレステロール値を薬や食事で下げる治療は、心臓病患者に限定して行うべきであるという意見も出ています。
 はっきりしていることは、血中のコレステロール値の高い人は心臓病――心筋梗塞の危険性が高いということです。これはどの調査でもはっきりとあらわれています。しかし、どうしてコレステロール値の高い人が心臓病以外の病気では死亡率が低くなるのかはまだ究明されていないのです。
 そもそもコレステロールは、人間の体内で1日に1グラム程度が代謝される――新しいものと入れ替わるのです。このうち体内で作られる分が60%、残り40%は食事で摂取されるのです。この場合興味深いのは、体内のコレステロールの合成は、食事でたくさんコレステロールをとると自動的に制御され、一定程度以上には増えないようになっていることです。
 もうひとつ知っておくべきことがあります。血中のコレステロールはそのまま脳には達しないということです。これは、特殊な方法でマークをつけたコレステロールを人の血管に注射して、その動きを追跡して調べた結果、血液を伝わって脳には達しないことがわかっているのです。
 脳内のコレステロールは、グリア細胞で作られるので、血中のコレステロール値は、脳内のコレステロール値とは関係がないように見えるのですが、両者は何らかの連携をとって、一定のバランスを保っているという説があります。これは、認知症とコレステロールとの関係を探る研究から、わかってきたことなのです。これらの研究から、「コレステロール値の高い人は認知症になりにくい」ことは確かなようです。
 なお、コレステロールには、善玉と悪玉の違いがありますが、これはコレステロールそのものではなく、コレステロールとその運び屋であるリポタンパクの複合体を指すのです。しかし、どちらもコレステロールを運ぶという重要な役割を担っており、その運び方の違いから善玉、悪玉といわれているに過ぎないのです。したがって、どちらも必要なのです。           
posted by キーヘルス at 05:22| Comment(0) | TrackBack(1) | コレステロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。