2009年05月21日

●「西洋医学」と「漢方医学」の違い

 今回から「漢方医学」をテーマとして取り上げます。参考書として、
次の書籍をベースとして書いていきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
              丁 宗鐡著/講談社+α新書
   『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「西洋医学」と「漢方医学」――これら2つの医学は、ともに病気を
治して人を健康にする医療ですが、病気に対するアプローチが違うので
す。
 西洋医学は、特定の病気を治療することに重点を置き、病変部や関連
症状に効く治療が行われ、薬が投与されます。したがって、同じ病気で
あると判断されると、同じ治療・投薬が行われます。
 これに対して「漢方医学」はひとりひとりの患者を「ひとりの病める
人間」――身体の調子の良くない人間としてとらえて、それぞれの体質
に合わせて治療や投薬を行うのです。したがって、同じ症状や病気であ
っても、人によって治療や投薬は異なることはあり得るのです。このよ
うに、西洋医学と漢方医学の違いについては、次のようにいわれている
のです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
   西洋医学は「病気」を治し、漢方医学は「病人」を治す
――――――――――――――――――――――――――――――――
 漢方医学には「未病」という概念があります。「未病」とは、病気の
ような明確な異常があらわれていなくても、体内バランスに何らかの乱
れを認めたときは「未病」として対応するのです。昔の漢方の原典には、
次の名言が書かれています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
          上工(名医)は未病を治す
――――――――――――――――――――――――――――――――
 つまり、本格的な病気になる前に、病気のもとを治療して治してしま
うのです。これこそ本当の名医であるといえます。心を含めた体内バラ
ンスを調和させ、自然とも調和した真の健康を実現しようとしているの
です。なお、西洋医学にはこういう未病の考え方はないのです。

●人間の体質――8つの「証」

 最近西洋医学では「オーダーメイド医療」の研究が行われています。
「オーダーメイド医療」というのは、人間ひとりひとりのDNAの配列
を読み取った上で、患者個人に最も適した治療方法を考えていくもので
すが、これは基本的には漢方医学の考え方に通じるものです。
 漢方の基本的な概念に「証」というものがあります。「証」は、漢方
医学の治療指針となるべくものです。丁宗鐡先生は「証」について次の
ように述べています。人間の体力や病状によって証は分けられ、次の8
つに分類されます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 証は漢方で診断を行う際の基準となるもので、簡単に言うと、人間の
体質を表します。――――――――――――――――
        1.虚証        5.寒証
        2.実証        6.熱証
        3.隠証        7.表証
        4.陽証        8.裏証
        ――――――――――――――――
                  丁 宗鐡著/講談社+α新書
       『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
――――――――――――――――――――――――――――――――
 漢方医学では、患者ひとりひとりの「体質」、すなわち「証」――虚
証と実証に合わせて薬を処方するのです。虚証と実証――漢方では基本
的に人間をこの2つのタイプに分けて対応しています。
 丁宗鐡先生は、虚証と実証のそれぞれのタイプを次のように表現して
いるのです。これを見ると、実証の方は魅力的に見えるのに対し、虚証
の方は頼りなく、良くないイメージに見えます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
   ≪実証タイプ≫         ≪虚証タイプ≫
    1.体力にむ自信がある     1.体力がない
    2.元気がある         2.疲れやすい
    3.無理がきく         3.色が細い
    4.食欲旺盛          4.感染症に弱い
    5.徹夜は平気         5.徹夜は無理
                  丁 宗鐡著/講談社+α新書
      『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
――――――――――――――――――――――――――――――――
 人生における生き方という側面から考えたとき、実証は太く短く、虚
証は細く長くとなるのです。衣食住が足りた環境では、総じて実証は短
命、虚証は長命となります。       ―― [漢方医学/01]
posted by キーヘルス at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

●あなたは「実証」か「虚証」か

 漢方医学では、「実証タイプ」と「虚証タイプ」に分けています。実
は、これら2つのタイプはどちらも「未病」であり、健康的な状態では
ないのです。一番望ましいのは、2つのタイプの中間にあたる「中庸」
なのです。
 次の21の項目にチェックを入れてください。自分のタイプがわかり
ます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
    Q           A       B
  1.体形は?        □筋肉質    □痩せ、水太り
  2.顔の色つやは?     □よい     □青白い
  3.顔の左右のバランスは? □対称     □非対称
  4.体力は?        □ある     □ない
  5.声は?         □大きく力強い □小さく弱々しい
  6.血圧は?        □高め     □低め
  7.脈は?         □力強い    □弱々しい
  8.食欲は?        □旺盛 早食い □細い 遅食い
  9.体の異変には敏感?   □気付かない  □すくに気づく
 10.健康に自信は?     □ある     □ない
 11.疲労の回復力は?    □早い     □遅い
 12.睡眠時間は?      □短くて大丈夫 □短いと調子悪い
 13.冷たい飲み物は?    □好む     □苦手
 14.消化吸収力は?     □強い     □弱い
 15.風邪は?        □ひきにくい  □ひきやすい
 16.生活のリズムは?    □不規則    □規則的
 17.手足の冷えは?     □ある     □ない
 18.服装は?        □薄着を好む  □厚着を好む
 19.行動や交際範囲は    □広い     □狭い
 20.季節の変わり目は?   □体調不変   □体調に乱れ
 21.スポーツは?      □好む     □好まない
                   丁 宗鐡著/講談社+α新書
        『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
――――――――――――――――――――――――――――――――
 判定はチェックの数によって、次のように行います。自分のタイプを
判定してください。しかし、このテストによって明確にタイプが決まる
のではなく、その傾向がわかる程度であると考えてください。
――――――――――――――――――――――――――――――――
  Aのチェック   11個以上 ・・・・・ 実証の傾向
  Aのチェック   16個以上 ・・・・・ 実証に傾いた未病
  Bのチェック   11個以上 ・・・・・ 虚証の傾向
  Bのチェック   16個以上 ・・・・・ 虚証に傾いた未病
  A/Bにチェック 10個以下 ・・・・・ 中庸の状態
――――――――――――――――――――――――――――――――

●「実証」と「虚証」はどう違うか

 漢方における「実証」と「虚証」の概念は、かなりわかりにくい概念
です。丁 宗鐡先生は、「実証」と「虚証」について次のように述べて
います。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 プロとして活躍しているスポーツ選手は、そのはとんどが実証です。
実証の人というのは人生のピークを20〜30代で迎えます。総じて
 寿命は短く、まさに夏の夜の花火のような人生と言えます。人生の
ピークを過ぎた後は、病気とのつきあいが始まります。中年以降は騙
し騙し、耐用年数の切れた体をどう使うかということがポイントにな
ってきます。一方、虚証の人が人生のピークを迎えるのは40歳以降
です。虚証の人には20代くらいまでは何をやってもうだつの上がら
ないといった感じの人が多く、50歳、60歳になってから人生のピ
ークを迎える人もいます。人間国宝になるような人は、ほとんどが虚
証です。70歳、80歳になっても地道に働き続けられるのが虚証の
人の特徴なのです。
                  丁 宗鐡著/講談社+α新書
      『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ここに書かれていることによると、プロ野球の選手は20〜30代で
ピークを迎えるといいますが、選手の中には40歳を過ぎてもバリバリ
と現役でやっている人がいます。プロ野球では横浜ベイスターズの工藤
公康投手、サッカーでは、Jリーグの三浦和良選手はそれに該当します。
彼らは実証なのに、なぜ長くピークを保っていられるのでしょうか。
 それは、おそらく彼らが徹底した健康管理法や独自の理論を持ってい
るからであると思われます。つまり、漢方的な発想で、疲れを残さない
ようにする入念なストレッチの実施や、食事や生活面での節制などを行
っているからであると考えることができます。
 健康とは何でしょうか。病気でないことが健康とはいえないのです。
病気になってからではなく、病気にならないようにする――これが漢方
の健康の考え方であるといえます。    ―― [漢方医学/02]
posted by キーヘルス at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

●証には「陽証」と「陰証」がある

 漢方医学における「証」の概念について、もう少し考えましょう。
 熱が出て風邪のような症状が出たとします。インフルエンザが流行っ
ている現在では、なかなか治らないときは病院の発熱センターに行く必
要がありますが、このような症状では西洋医学では「風邪」と診断され
解熱薬、風邪薬などが処方されます。この場合、年齢などには関係なく
同じ処方が行われるのが西洋医学の常識です。
 しかし、漢方医学では、証すなわち患者の体質(実証、虚証)、病気
の表れ方、体内での病気の位置(表裏内外)病気の進行状況(六病位)
に基づいて診療方針が決定され、処方が決まるのです。
 漢方医学では、基本理論として疾病を時間的経過でもって動的にとら
えているので、同じ疾病でも治療法が異なる場合があるのに対し、西洋
医学では一つの疾病に対して治療法は一つなのです。
 時間的経過でとらえるとは、具体的には、病態を進行状況にしたがっ
て「六病位」という6段階に分類していることです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
       1.太陽病(表)    ――
       2.少陽病(半表半裏)   I――陽証
 ≪六病位≫ 3.陽明病(裏)    ――
       4.太陰病(裏)――――――
       5.少陰病(裏)      I――陰証
       6.厥陰病(裏)――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――
 六病位とは、病気の時間的経過を表しているのです。刻々と変わると
いう認識に基づいているわけです。同じ風邪でも初期段階とそうでない
場合、漢方医学では異なる処方(治療法)が用意されているのはこうい
う理論が根底にあるからなのです。
 漢方医学では病位を示す要素として表裏(ひょうり)というのがあり
ます。病毒が皮膚や筋肉、関節など身体の表層にとどまっている状態を
「表」、内蔵などのように身体内部にある状態を「裏」、その中間状態
にある場合を「半表半裏」というのです。太陽病は「表」少陽病は「半
表半裏」、そして陽明病は「裏」、陰証の三陰はどの状態も「裏」にな
っています。そして、この考え方を「三陰三陽」というのです。

●陰陽思想に基づく三陰三陽の考え方

 陰陽というのは、古代中国の思想に端を発し、森羅万象、宇宙のあり
とあらゆる事物をさまざまな観点から陰と陽の2つに分類するという考
え方です。陰と陽とは互いに対立する属性を持った2つの気であり、万
物の生成消滅という変化は、この2つの気によって起こるとされるので
す。
 このような陰陽に基づいた思想や学説を陰陽思想、陰陽論、陰陽説な
どといい、五行思想とともに陰陽五行説を構成したのです。漢方医学の
理論でもこのように陰陽思想の影響は強く、病気診断でもすべて対比要
素で記述され、病人も「陰証」と「陽証」に大別して考えるのです。
 陰陽理論では、「陰」とは沈滞、消極、退行、寒涼など、「陽」とは
陰の反対であり、発揚、積極、能動、進行、温熱などを意味します。陰
証とは病毒が勝って抵抗力が落ち、熱感がなく悪寒や手足の冷えを感じ
る状態をいいます。陽証は逆に体力が病毒に勝り、発熱の状態および発
熱と悪寒を感じる状態――難しい言葉ですが、これを「往来悪寒」とい
うのです。
 寒熱(かんねつ)は漢方で様々な症状の記述によく用いられる要素で
すが、「熱」とは必ずしも体温の上昇を意味しているわけではなく、自
発的な熱感を訴えるときや医師の診断で熱感を認めたときのことをいう
のです。つまり、のぼせ気味で赤ら顔の状態、尿の色が濃く少ない状態
は「熱証」と考えます。
 これに対して「寒」とは、新陳代謝が衰え、自覚的に冷えの感覚を感
じるときの状態を指し、脈は弱く、顔色が青白いなどはこの状態をいい
ます。寒証も必ずしも体温の低い状態を指すのではなく、尿の色が薄く
大量に出る状態も典型的な「寒証」とされます。
 陰証は寒(漢方的概念の寒熱の寒)でもって始まりますが、三陰は三
陽ほど明確な区別があるわけでなく、症状の程度の違いにすぎないので
す。症状は、太陰病→少陰病→厥陰病の順に症状が進行すると考えるのです。
 太陰病は腹が張るが力強さがなく、下痢、嘔吐があり、脈は沈脈――
指を軽く触れただけではわからないような弱々しい脈のこと――です。
少陰病は腹は軟弱無力、手足が冷え、心機能低下、太陰病のときより更
に激しい下痢があり脈は弱い。厥陰病はさらに重い症状で意識朦朧の状
態となります。
 病気は原則的には陽証から陰証への順序で進行しますが、太陽病から
陽明病あるいは陰証になることもあり、また陰証から始まることもあり
ます。漢方治療には次の原則があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――陰証に対しては熱をもって治療し、陽証に対しては寒をもって治療する
――――――――――――――――――――――――――――――――
 陽証は体を冷やす作用の薬、陰証は温める作用の薬を使うという意味
です。
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

●生活のリズムを守ることが健康の条件

 定年になって時間に余裕ができると、急に運動を始める人がいます。
ゴルフの練習を今までよりも多くの時間をかけてやったり、毎朝ジョギ
ングをしたり登山をしたり、散歩をやったりする人が多いのです。
 しかし、多くの場合、それらは長続きしないのです。それどころか、
はじめたとたんに腰を痛め、歩くのもままならない状態になってしまう
人がたくさんいるのです。まして経験者でもない人が登山など危険がい
っぱいでいす。
 登山が危険なことは誰でもわかっています。しかし、登る対象が富士
山であると奇妙に変な安心感があるようです。頂上は無理としても行け
るところまで行けばよいとして、登山に挑戦してしまう高齢者が多いよ
うです。そのせいか富士登山で亡くなる高齢者がこのところ非常に増え
ているのです。
 その典型的な例が、2009年3月22日に行われた東京マラソンで
起きています。そのときランナーとして参加していたタレント松村邦洋
(41)氏が午前11時半ごろ、15キロ地点手前の東京都港区の路上
で倒れ、一時心肺停止状態になったのです。駆けつけた医師団の処置を
受け意識を回復したので、都内の病院に搬送され入院したのです。幸い
生命に別条はなく、言葉も交わせる状態に回復したが、一歩間違えば命
にかかわるところだったのです。
 松村氏は普段からマラソンをしていたわけではなく、たまたま応募し
た東京マラソンが当たったので、気軽に参加したというのです。これは
日頃やっていないことを急に始めることがいかに危険であるかを示して
います。
 生活にはリズムというものが必要なのです。その基本になるものが、
朝・昼・晩の、一日3度の食事です。これを規則正しく摂るということ
は、とても大切なことなのです。
 「お腹が空いた」という欲求は、人間の体の中にプログラムされてい
る自然な行為なのです。正常なプログラムが確立している人は、決まっ
た時間にお腹が空いて、規則正しく食事を摂ることができます。しかし
プログラムが未熟な場合は、食事が不規則になるばかりではなく、生活
のリズム全体が崩れてくるのです。すなわち、未熟なプログラムにのっ
とって生きていると、生活のリズムが崩れてきます。生活のリズムが良
くないということは、身体のどこかに欠陥があるという証明なのです。
 生活のリズムが崩れるとどうなるかを実感できるのは、時差の開きの
ある外国に旅行に行った時に誰でも体験する時差ぼけです。寝るべき時
間に寝られずに起きていて、起きているべきときに眠たくなって寝てし
まう――あのときの不快感です。これに関して、丁 宗鐡先生は次のよ
うに述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 時差などへっちゃらの実証の人と、プログラムが乱れると生きてい
 けない虚証の人、どちらも健康とは言えません。実証のように生活
 のリズムがちょっとぐらい崩れても対応できてしまう体は一見強そ
 うですが、いつかどこかに必ず問題が発生します。脆弱な対応力し
 か持っていない虚証の人も、それはそれで問題があるのです。漢方
 では実証と虚証の中間に「中庸」という概念を置いているわけで、
生活のリズムにのっとって中庸で生きていくのが理想なのです。
                 丁 宗鐡著/講談社+α新書
       医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
――――――――――――――――――――――――――――――――

●適度なストレスは人間の生命力を高める

 腹八分は医者いらず――こういうことばがあります。お腹が空いたら
食事をするが、決して満腹するまで食べない。本能のままに食べると満
足してやる気がなくなるので、もう少し欲しいというところで止めるの
です。
 食事の量を減らすと、かえって生命力が表れるといいます。それは、
呼吸や消化といった身体機能の基本を司る「脳幹」が刺激され、隠され
ていた生命力が表れてくるからです。
 つまりこういうことです。生命の危機を本能的に感ずると、脳幹は活
性化されるのです。人間は、脳幹によって導き出される潜在能力がある
ことは確かなのです。逆に脳幹がつねに満たされていると生命力は徐々
に失われて行くことになります。
 甘いものが体内に摂取されると、脳幹は活力がなくなるといわれてい
ます。野性的な本能が失われて、人間がお人好しになってしまう――丁
 宗鐡先生はそういっています。若いからといって甘いものを摂り過ぎ
ると、脳幹の活力が弱体化するのです。
 定年退職などで会社を辞めると、仕事のストレスから一気に解放され
るのです。しかし、それによって、幸せを感ずる時間はそれほど長くな
いのです。ストレスがなくなってしまうと、人間から活力が失われるの
です。ストレスを悪としてしまうことは間違いです。いい意味で適度の
ストレスや緊張が必要になるのです。
 そのため、多くの人は自らストレスを求めて、わざわざ冒険をしたり
何らかの教室に通ったりするのです。そういう適度な緊張があるからこ
そ、ゆったりとした時間、心身を弛緩させることが楽しいと感ずるので
す。緊張と解放の関係から生まれる高揚感は年齢や性別を問わず、誰で
もが感ずるものです。適度なストレスは人間にとって必要なのです。
                    ―― [漢方医学/04]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

●交感神経と副交感神経――バランスが重要である

 人間は生きている限り、外界からさまざまな刺激を受けます。この刺
激をストレスというのです。このストレスに対して人間はそれに対応す
る適当な行動を起こさなければならないのです。そうしないと危機に陥
り、最悪の場合は、その生存が許されない事態も起こりうるのです。
 この外界からのストレスに対してまず反応するのが自律神経系です。
自律神経系は次の2つの神経系が拮抗する作用を持っています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      1. 交感神経 ・・・・・ 昼の神経
      2.副交感神経 ・・・・・ 夜の神経
――――――――――――――――――――――――――――――――
 交感神経は、別名「昼の神経」と呼ばれ、昼間、活動的なときに活躍
する神経です。交感神経が働くと、瞳孔は拡大し、心臓の拍動は速くな
り、血管は収縮して血圧を上げ体はエネルギッシュな状態になります。
 自律神経は、体を動かしたり、寒さや暑さなどの物理的な刺激にのみ
反応するわけではなく、精神的な刺激に対しても働きます。たとえば強
い恐怖を感じたり、興奮したとき、はげしい怒りを感じたとき、緊張し
たとき、悩みや不安をかかえているときなども、それらに反応して交感
神経が働くのです。
 これに対して副交感神経は「夜の神経」とも呼ばれ、体を緊張から解
きほぐし、休息させるように働く神経です。副交感神経が優位になると
瞳孔は収縮し、脈拍はゆっくりとなり、血圧は下降して、体も心も夜の
眠りにふさわしい状態になります。
 自律神経の働きというのは、そのときどきの状況に応じて体をうまく
適応させることですが、それを具体的にみると、このように交感神経と
副交感神経という2つの神経が必要に応じて、ちょうどスイッチを切り
かえるようにお互いがうまく切りかわりながら、各器官の働きを調節し
ていることがわかります。そのおかげで、体や心の健康が保たれている
のです。
 理論的には、12時間ずつ交互に交感神経と副交感神経を働かせるの
が理想です。起きているときは交感神経、寝ているときは副交感神経と
いうのであれば、労働時間が12時間を超えることは問題であるといえ
ます。交感神経と副交感神経のバランスのとり方は健康に大きく影響す
るのです。
 寝ないで起きていても、好きなことをしていたり、家族とくつろいだ
りしているときは副交感神経が働いています。この副交感神経の働いて
いる時間を寝ている時間を含めて12時間にすることは大事なのです。
このバランスがとれていると病気はしないものです。

●交感神経と副交感神経をどのように切り替えるか

 「眠れない」とさかんにいう人がいます。しかし、人間というものは
一日のどこかで必ず寝ているものです。こんな話があります。「眠れな
い」と訴える患者さんを本人の了解のもとにカメラで監視したのです。
 そうすると、その患者さんはベッドに入ると大いびきをかいて寝てし
まったといいます。そこで朝起きたときに具合を聞くと、「一睡もでき
なかった」というのです。このように人間はちゃんと寝ているのです。
 問題は「睡眠の深さ」なのです。9時間、10時間寝ないと疲れが取
れないという人は、眠りが浅い人です。ぐっすりと眠れる人であれば、
睡眠は4〜5時間でも十分なのです。
 交感神経と副交感神経の切り替えは人によって違います。晩酌をする
ことで眠りを誘える人はお酒によって2つの神経を切り替えているので
す。お酒でなくても入浴でもいいし、お香だったり、アロマオイルだっ
たり、人によって違いがあります。
 午前中に調子が出ず、ぐずぐずしている人がいます。副交感神経がま
だ働いているのです。そういう人は昼過ぎから調子が出て、夕食が終わ
ったときにはピークに達します。交感神経が働いているのです。こうい
う人は夜寝られなくなります。そして夜ふかしして体調がすぐれないま
ま朝を迎えて、その日も同じことを繰り返すのです。
 したがって、朝は素早く起きて意識して副交感神経を交感神経に切り
替えるのです。この切り替えに入浴が良いといわれますが、朝が忙しい
勤め人には現実的ではありません。そして、交感神経の働いている12
時間はバリバリと仕事を含む活動的なことをするのです。そして、仕事
を終えた後は何らかの方法で、スイッチを副交感神経に切り替えるので
す。
 しかし、なかなかこのバランスがうまくとれないことが多いのです。
悩みや心配事―――ストレスをかかえて交感神経の興奮状態がつづいた
り、夜ふかしして生活のリズムが乱れ、本来なら副交感神経の働く時間
帯に交感神経が働く状態が続いたりすると、2つの神経の切り替えがう
まくいかなくなります。
 そして、交感神経だけが、極端に偏って働くようになります。つまり
自律神経のバランスがくずれるのです。その結果、ときには活動させ、
ときには休息させるという各器官のコントロールがうまくいかなくなり
全身ありとあらゆる器官にさまざまな不定愁訴があらわれてきます。こ
れが自律神経失調症――一般的にはノイローゼと呼ばれる症状です。鬱
というものの正体も自律神経失調症なのです。 
                    ―― [漢方医学/05]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

●「お茶」の違いは加工法によって決まる

 「お茶」は健康にいいといいます。しかし、健康のためにお茶を飲む
ならお茶について正確な知識を持つ必要があります。
 お茶といってもその種類はさまざまあり、その効能もさまざまです。
おなじみの日本茶から紅茶・中国茶・健康茶・ハーブティーなど沢山あ
りますが、これらのお茶はすべて「カメリア・シネセンス」という学名
のツバキ科の植物から作られているのです。
 同じ茶の樹の葉が原料なのですが、色や味に違いが出るのは、加工法
――発酵のさせ方が異なるからです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
          日本茶 ・・・・・ 無発酵
          中国茶 ・・・・・ 半発酵
          紅 茶 ・・・・・ 全発酵
――――――――――――――――――――――――――――――――
 無発酵というのは、茶葉を摘んですぐ熱処理を加えて酸化させない加
工法のことをいいます。日本茶は「無発酵」です。
 半発酵というのは、発酵の途中で茶葉を加熱して発酵を止めてしまう
加工法をいいます。中国茶、ウーロン茶は「半発酵」で作ります。
 全発酵というのは、茶葉を完全に酸化発酵させる加工法です。紅茶は
「全発酵」という加工法で作られるのです。
 日本茶のように発酵させていないお茶は、体を冷やす作用が強いので
す。したがって、お茶は暖めて飲むのがベストなのです。しかし、最近
では冷やしたお茶がたくさん売られていますが、冷たい日本茶を飲むと
代謝機能を鈍らせ、体にとって何のプラスにもならないのです。
 これらの冷たい日本茶の弊害について、丁 宗鐡先生は、次のように
いって警告しています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 お茶に含まれるカテキンは抗酸化作用や血中コレステロール調節作用
など多様な生理活性作用があることで知られていますが、過剰摂取す
ると体を冷やすだけでなく腸にもよくないなど、いろんな弊害をもた
らすものなのです。しかし温かくして飲んだり、さらにはウ一口ン茶
紅茶などのように発酵させることで、カテキンは体にやさしいマイル
ドなものに変化します。日本茶を飲むにしても温かい状態で飲むよう
にしてください。最近ではカテキンを大量に含んだ冷たいお茶がペッ
トボトルでたくさん販売されていますが、私はおすすめしません。漢
方の虚証にあたる人や胃腸の弱い人は、無発酵の日本茶よりも発酵さ
せてあるウ一口ン茶や紅茶があっていると思います。年配の人には全
発酵の紅茶が最も適していると言えるのでしょう。
                  丁 宗鐡著/講談社+α新書
       『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
――――――――――――――――――――――――――――――――

●高血圧における西洋医学と漢方医学の違い

 高血圧症の人に対する治療の考え方も西洋医学と漢方医学では異なり
ます。高血圧の人は実証の人に多くみられるそうです。いつも元気でテ
ンションが高く、活動的な人に多いのです。
 そういう人に対して、西洋医学では血圧が高いとすぐ薬で下げようと
しますが、それをすると、別の問題が出てくるのです。もともと高血圧
は末梢血管の流れが悪くなるのが原因で起こります。どうしてかという
と、末梢血管の重要な組織に酸素や栄養が行き渡らないと体は機能しな
くなってしまいます。そういう事態を避けるため、体は自ら血圧を上げ
て、末梢血管に血液を送ろうとするのです。
 したがって、高血圧を治療するには、末梢血管の詰まりや滞りを解消
する治療と並行して血圧を下げる必要があるのです。また、その人の性
格や人生の質を考慮しながら、少しずつ下げていくのです。
 高血圧の漢方医学における治療について、丁 宗鐡先生は次のように
述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 かつて末梢血管の滞り、動脈硬化は一度なってしまったら治らないと
言われていました。「動脈硬化は血管が錆びてしまったからで、その
錆は二度と落ちない」というワケです。しかし近年の研究で決してそ
んなことはなく、錆もちゃんと落とすことができるということが分か
ってきました。血管の錆を落とすには適度な運動をすることが一番効
果的です。コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDI)があ
りますが、その善玉を増やしっつ、全体としてのコレステロール値は
下げるようにすることも大切です。また、大柴胡湯や柴胡加竜骨牡蠣
湯といった漢方薬も、動脈硬化や血液中の脂質に対して改善効果があ
ります。こうした漢方治療や適度な運動を続ければ血管が若返って血
圧も正常になりますし、動脈硬化やその他の合併症を防ぐことにもな
るのです。 
                 丁 宗鐡著/講談社+α新書
       『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
―――――――――――――――――   ―― [漢方医学/06]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

●生野菜は「毒性の食べ物」である

 「野菜は身体に良い。野菜を食べないと病気になる」――これは常識
であると思っている人が多いと思います。確かに野菜は食物繊維が豊富
で大腸がんなどの予防によいと誰でも考えます。しかし、丁 宗鐡先生
によると、これは完全に間違った考え方であるというのです。
 丁 宗鐡先生は、その理由を次のように述べています。いわゆる「生
き物」は、本能的に種を残そうとします。それは動物だけでなく、植物
も同様なのです。したがって、植物は人間や動物に食べられてしまった
ら、種を後世に残していくことができなくなります。
 それではどうして植物は種を後世に残しているのでしょうか。
 人間や動物に食べられてしまったら、種を後世に残せなくなってしま
うので食べられないようにしようとします。その結果、毒を身につけて
食べられないようにしています。
 「人に飼われていた猿を野生に戻すと3日で死ぬ」――よくこのよう
に言われますが、なぜかわかるでしょうか。
 それは、飼われていた猿は毒草などを見分けることができないので、
訳もわからずお腹が空くと、毒草や毒の実を食べてしまうのです。その
結果、3日で死んでしまうのです。これに対して野生の猿は本能的にそ
ういう毒草や毒の実を食べないのです。
 昔の人はどうしたのでしょうか。昔の人は生野菜を食べるとき、身の
回りにいた牛や馬やヤギなどに野菜を食べさせて、動物がどういう食べ
方をするか観察をし、食べられる野菜とそうでない野菜を判断していた
のです。
 ひとつ例を上げると、野生に近い馬はほうれん草を食べないのです。
どうしてかというと、ほうれん草にはシュウ酸を多く含むので、無理に
食べると結石ができてしまうのです。それを見ていた昔の日本人はほう
れん草を食べなかったのです。
 現在では、ほうれん草はおひたしにしたり、和えたりして食べるのが
当たり前になっています。おひたしにするとか、和えたりするのは「毒
消し」をしているのです。もちろん煮たり、焼いたりすれば毒は抜けま
す。このように、丁 宗鐡先生は自分の身体の健康を考えるうえで、野
菜について次のことを理解すべきだとしています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
   食べられる植物というのはあくまでも例外的な存在である
――――――――――――――――――――――――――――――――
 人間の身体に100%よい植物は存在しないのです。野菜の中には、
アレルギーを引き起こすもの、体の消化器系を痛めてしまうものなど、
体にとっていろいろなものが入っているのです。

●野菜を安全に摂取するにはどうするか

 したがって、代謝が活発な若い世代は多少毒を含む野菜を摂っても大
丈夫ですが、消化液の分泌が少なくなっているお年寄りは、野菜を食べ
ることによって、体がだるくなったり、胃腸障害を引き起こしたりする
ことがあるのです。
 それでは、お年寄りや胃腸の弱い人は、どうやって野菜を摂ったらよ
いのでしょうか。
 丁 宗鐡先生によると、温野菜や漬物にするとよいそうです。野菜に
火を通して温野菜にすると、体に悪い影響を与える毒素の働きを弱める
ことができるからです。しかし、火を通すことによって、野菜の中に含
まれているビタミンは、30%に減ってしまいます。
 野菜のビタミンは硬いセルロースの膜で覆われているのですが、火を
通すことでその膜が壊されビタミンの70%が流出してしまうのです。
この硬い膜は、胃腸の強い人でないと消化できないので、お年寄りや胃
腸の弱い人には温野菜がお勧めなのです。
 それでは、野菜を漬物にするとなぜよいのでしょうか。
 「漬ける」ということは「発酵させる」と同意義です。野菜は発酵さ
せると繊維が分解されるのです。そうすることで、温野菜同様に栄養素
が吸収しやすくなるのです。しかし、日本式の漬物は少し塩分が高すぎ
るので、高血圧の人には勧められないのです。
 しかし、キムチはよいと丁 宗鐡先生はいいます。その理由について
次のように述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 キムチはまず最初に酵母菌で発酵させます。ここでセルロースが分解
されます。そして一度塩抜きをした後、今度はヤンミョというトウガラ
シなどを混ぜて再度漬け込むのです。キムチはこの二段発酵という手順
を踏んでつくられていますから、塩分も日本式の漬物の30%〜50%
ほどです。韓流ブームの波に乗り、最近ではインチキなキムチもたくさ
ん出回っているので一概には言えませんが、ちゃんとつくられたキムチ
ほど体にいい野菜はないのです。
                  丁 宗鐡著/講談社+α新書
      『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
――――――――――――――――――――――――――――――――
                    ―― [漢方医学/07]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

●世間常識とは真逆の丁 宗鐡先生の健康法

 「キーヘルス/健康情報」で現在取り上げている丁 宗鐡先生は最近
よくテレビで独特の健康論を展開しています。何しろ、丁先生の主張し
ていることは世間常識とはまるで逆です。しかし、丁先生のいっている
ことをよく聞くと、納得することが多いのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
        1.生野菜はもともと毒物である
        2.野菜ジュースは健康にわるい
        3.旬の山菜は身体を壊すこと大
        4.肉より野菜の方が太りやすい
        5.玄米食にはいろいろ問題あり
        6.納豆は賞味期限間近かを買え
        7.和牛よりも米国牛の方が安心
        8.冷やして飲む健康茶は逆効果
        9.冷たいヨーグルトは意味なし
――――――――――――――――――――――――――――――――
 この中で、既に1については前回取り上げていますが、ひとつずつ取
り上げてご紹介していきます。

●野菜ジュースや山菜は身体に良くない

 最近テレビで野菜ジュースのCMが多くなっています。いかにも健康
に良いように見えるので、かなり売れているようです。しかし、丁先生
は、これに疑問を唱えています。
 昔の野菜ジュースは、とても青臭く、鼻をつままなければ飲めないも
のが多かったのです。しかし、現在の野菜ジュースは、甘くておいしい
し、ラクに飲むことができます。
 丁先生にいわせると、野菜ジュースが飲み易くなったのは品質改良の
結果であり、品種改悪であるというのです。甘くしているというのは、
糖度を高くしているからであり、これは身体に良くないのです。遺伝子
組み換えで野菜はどんどん甘くなっているのです。それは本来あるべき
野菜の姿ではないのです。そんなものを長期間飲み続けたら、どうなる
かと丁先生はいっています。
 山菜は身体に良い――そう考えてワラビやゼンマイ、フキなどアクの
強い山菜を好んで食べている人が多いです。しかし、丁先生は、山菜に
はアクという毒があり、アク抜きをしないで食べると、確実に身体を壊
すといっています。
 そもそも山菜は食べるものがなかったから、食べられていたのです。
当時の農家は貧乏で、秋に収穫したものを春先には食べ尽くし、食べる
ものがなかったので、やむを得ず山菜を食べたのです。灰汁(あく)を
使ってアクを抜いて山菜を食べたのです。
 しかし、現在では、山菜をアク抜きをせず、そのまま天ぷらにして食
べたりしています。しかし、このような食べ方はとても危険です。ワラ
ビやゼンマイのアクの成分である「プタキロサイド」は膀胱がんやその
ほかの血液疾患につながるのです。タケノコのアクにも、このプタキロ
サイドは含まれています。
 したがって、山菜を食べるのなら、必ずアク抜きをして、しかも食べ
過ぎないことが肝要です。

●肉には太らない食べ方がある

 「肉を食べる太る」と思っている人は多いです。しかし、これも丁先
生によると違うというのです。丁先生は次のようにいっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「肉を食べると太るのでは?」とお思いの方も多いと思います。しか
 しそれは大きな誤解です。肉しか食べないトラやライオンは太ってい
 ません。逆に太っているのは植物しか食べない草食獣です。植物にも
 糖分があります。糖の分子が3つくつつくと中性脂肪になります。そ
 の中性脂肪が蓄積脂肪となり、草食獣を太らせるのです。肉を食べる
 と太るという誤解は、肉食中心の欧米人が太っているから言われ出し
 たのでしょう。      
  丁 宗鐡著『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
  /講談社+α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
 肉を多く食べる欧米人は胃腸が短くできています。肉の消化は雑穀や
野菜ほど手間を取らないため、腸が短くても大丈夫なのです。そのよう
な欧米人が肉を食べ過ぎたくらいで太るとは思えないのです。しかし、
日本人は逆に長い腸のために肉の栄養分をくまなく吸収してしまうとい
えます。
 牛肉や豚肉は、内蔵系、いわゆるホルモンと呼ばれる部分に豊富なビ
タミンが含まれています。野生のトラやライオンは、食料になる動物を
倒すと、内臓を食べていますが、そこが栄養豊富であることをよく知っ
ているのです。
 したがって、焼き肉屋さんに行ったとき、カルビやロースばかりを食
べるのではなく、ホルモンもしっかりと食べるべきです。何事もバラン
スというものが必要なのです。肉を食べる民族ほど動物の全体を食べる
ようにしているのに対し、肉をあまり食べない民族は肉の美味しいとこ
ろだけを食べている傾向が多いのです。 ―― [漢方医学/08]

                  
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

●玄米食には問題がある

 粗食は身体に良いということで、「粗食ブーム」が起こっています。
ここで大切なことは、粗食が良いのは若者や身体が元気な人、それに中
年を過ぎた肥満気味の人です。痩せていて、病気がちの人が粗食をする
ことは身体にとってマイナスなのです。
 有機米とか無農薬米というお米が出回っていますが、日本では完璧な
無農薬米はあり得ないのです。なぜなら、日本で使われている農薬はす
べて水溶性であるからです。自分の田んぼで農薬を使っていなくても、
上流の田んぼで使えば下流の田んぼに流れ込んでくるし、空中で農薬を
散布すればどこの田んぼにも農薬は混入してしまうからです。
 しかし、農薬は水溶性ですから、普通に精米したお米なら、お湯で3
回洗えば農薬の95%以上は取れるのです。ところが、玄米を研ぐと、
玄米には米の油が残っているので、油があると水が浸透しにくいため、
農薬が完全に落とせないのです。玄米を食べるうえで一番問題なのは、
この残留農薬なのです。丁 宗鐡先生は、健康に良い食事は玄米食など
ではなくて、次のようにアドバイスをしているのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
私のすすめる食事は普通の和食です。無理に気張って粗食にする必要
はありません。和食で火を通した料理を中心にする。塩分もできる限
り抑える。それだけで十分だと思います。食事というのは服と同じで
す。「あの人が着ててすごくよかったから」と言って、同じ服を買っ
てきてどうするんだという話なのです。食事に限らず健康法すべてに
言えることですが自分にあったものを選ぶ≠アとが大切です。それ
をみんな勘違いして、すぐに流行に飛びついてしまう。その結果、自
分にあわない服(自分にあっていない健康法)を選んで実践してしま
っているのです。           
丁 宗鐡著『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
/講談社+α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――

●納豆は賞味期限間近かが最適である

 「納豆は健康に良い」というのは常識化しています。豆はすべて健康
に良いと考えている人もいます。しかし、これは大きな間違いです。と
いうのは、次の2つの事実を知らないからです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
     1.豆というのは腸に負担をかける食材である
     2.腸にとって良くないのは豆の皮部分である
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1は、「豆というのは腸に負担をかける食材である」ということで
す。
 コーヒーを飲むと、便通が良くなるという人がいます。この現象は腸
がコーヒーによって刺激されて、異常運動を起こした結果なのです。コ
ーヒーのこの働きを利用して最近便秘にはコーヒー浣腸が行われること
が多いのです。
 第2は、「腸にとって良くないのは豆の皮部分である」ということで
す。
 豆には、免疫を乱すペクチンという物質が含まれています。ペクチン
は実よりも皮の部分に多く含まれています。そのため、皮の部分まで調
理してしまう加工食品は食べ過ぎないことが大切です。
 豆を使った加工食品の代表格は何といっても「豆腐」です。豆腐は火
を通し豆の皮を取ってから作られていますので安全な食品です。昔から
豆腐は、これを精進料理として食していた僧侶や、多く摂っていた地方に長寿者が多いことから、長寿食といわれてきました。近年に至り栄養学等の確立によって、極めて高い良質タンパク食品であることが科学的に立証され、栄養面ですぐれた食品といわれています。
 ところが、豆腐を作るさいに搾りかすとして残るおからは食物繊維や
ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、健康食品としてとても
人気があります。しかし、おからは皮の部分も一緒になっているので、
食べ過ぎないよう注意するべきです。加えて、最近では豆腐の製法に変
化が起きているのです。大豆を皮を含めてすべて使って、おからを出さ
ないで作る豆腐もあることを知っておくべきです。
 それでは、納豆はどうなのでしょうか。納豆について丁 宗鐡先生は、次のようにいっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
納豆も豆を聾しと食べる食品ですから、食べすぎは腸に負担をかける
ことになってしまいます。しかも最近の納豆は発酵が十分に進んでい
ません。発酵食品というのは発酵が進むほど腸での吸収もよくなりま
す。生産メーカーが賞味期限を早めに設定している昨今の納豆は、実
は賞味期限が切れた頃に食べるのが本当は体にいちばんよいのです。
私などはスーパーなどで賞味期限が迫り値引きになっている納豆を見
ると、迷わず買っています。納豆に限らず発酵食品は賞味期限が過ぎ
てから食べる。これが上手な食べ方なのです。
  丁 宗鐡著『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
/講談社+α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
                    ―― [漢方医学/09]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

●野生に近い環境で育った牛が安全である

 一般的には、「米国牛は危険である」と考える人が多いです。そのた
め、価格が高いことを承知で国産牛を買う人がいます。しかし、丁 宗
鐡先生はまったく逆の説を唱えています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 数年前にBSE(牛海綿状脳症)が社会問題となりましたが、私に言
 わせれば日本の牛などより野生に近い環境で育ったアメリカの牛のほ
 うがよっぽど安全です。BSEが怖いのなら牛肉を食べなければいい
 だけなのに、なんでそんなに騒ぎ立てるのか。余談になりますが、戦
 前の日本人より戦後の日本人、とくに男性が大型化したのは食品に含
 まれるホルモンや環境ホルモンの影響とも考えられているのです。
 ―丁 宗鐡著『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
 /講談社+α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
 丁 宗鐡先生は、霜降り肉のような肉には注意が肝心であるといいま
す。自然の霜降り肉ならいいのですが、人工的に霜降り肉にしているケ
ースがあるからです。霜降り肉にするには、高い栄養価のエサを与える
必要があり、さまざまな化学物質をエサに混入している可能性があるか
らです。
 諸説がありますが、霜降り肉を作るにはビタミンAを与えないことと
いう説があるのです。なぜかというと、ビタミンAは筋肉に脂肪が付く
のを抑える働きがあるからです。したがって、ビタミンAを与えないと
脂肪がついて霜降りになりやすいというわけです。しかし、ビタミンA
を与えないと牛は失明して最悪の場合死んでしまう恐れがあるのです。
このように自然の営みを狂わせることは良いことではないのです。それ
にビタミンAを減らすさじ加減も難しいのです。
 この考え方に立つと、要するに霜降り高級和牛というのは、正常な生
育を阻害された牛ということになります。運動不足で肥満体、ビタミン
A不足で病気一歩手前のあるいはすでに夜盲症にかかっているかもしれ
ない不健康な牛、それが霜降り肉であるという説もあるのです。

●冷たいお茶は代謝を下げるので要注意

 現在日本では「冷たいお茶」が流行っています。スーパーに行くと、
さまざまな種類の冷たいお茶が並んでいます。また、近頃はダイエット
で冷たいお茶を飲む人も多いようです。
 しかし、冷たいお茶を飲むことはダイエットにはなりませんし、それ
どころか身体に良くないのです。冷えたものを飲めば、当然のことなが
ら、体温が下がります。体温が下がるということは代謝が落ちることで
あり、ダイエットにはならないのです。
 ダイエットをしたのであれば、温かいものを飲んで、代謝を上げるこ
とが必要なのです。温かいお茶を飲んで、代謝が上がれば、じっとして
いても使われるエネルギーの量は増えていくのです。とくにお茶自体に
は身体を冷やす機能があり、温かくして飲むものと昔から決められてい
るのです。
 夏場でお茶を飲みすぎると結石ができるといわれていますが、冷たい
お茶を飲みすぎると本当に結石ができる恐れがあるのです。37度の体
温で通常なら溶けているものが冷たい飲み物を摂りすぎると結晶化し、
尿管結石となってしまうのです。お茶に限らず冷たい飲み物はなるべく
控えるべきです。

●ヨーグルトは温めて飲むべし

 ヨーグルトを定期的に摂取することはとても良いことです。なぜ、ヨ
ーグルトが身体に良いかというと、ヨーグルトの中に含まれるカルシウ
ムやタンパク質が高血圧を防ぎ、免疫力を高めるからです。
 しかし、これもお茶と同様に冷たくして飲んではダメなのです。ブル
ガリア人はヨーグルトを40度ぐらいに温めて飲んでいるのです。なぜ
かというと、温めて飲む方がヨーグルトに含まれる菌が活性化するから
です。
 しかし、日本人は、ヨーグルトを冷蔵庫に入れて冷やして飲んだり、
食べたりしていますが、その飲み方、食べ方は間違っているのです。丁
 宗鐡先生はその理由を次のように述べているのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 基本的に乳製品というのは、消化する際に胃腸にとても負担をかける
 食材です。ただでさえ負担のかかるものを冷やして飲んだら、さらに
 体に負担をかけることになってしまいます。ヨーグルトを飲むなら、
 最低でも室温まで戻してから飲むようにしてください。その際、電子
 レンジなどは間違っても使わないように。電子レンジでヨーグルトを
 温めたら菌が全部死んでしまいます。ヨーグルトは自然な状態で室温
 に戻してから飲む。これがヨーグルトを飲む上での基本条件です。
 ―丁 宗鐡著『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
 /講談社+α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
 丁 宗鐡先生のいっていることは世間の健康常識とはまるで逆です。
漢方医学の考え方はきちんとした理論に基づいており、理由がわかると
ナットクできることが多いといえます。  ―― [漢方医学/10]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

●エアコンをつけたり切ったりするとカビを撒き散らす

 ここ何年かにわたって、日本の夏は異常な暑さが続いています。まる
で亜熱帯そのもの、日によっては熱帯地域よりも日本の方が暑い日もあ
るようです。したがって、エアコンがないと夏は過ごせなくなっていま
す。
 温度が高い中で生活していると、どうしても活動性が落ちますし、健
康障害も引き起こします。熱中症にならないよう注意が必要です。その
ため、日本の夏にはエアコンは欠かせなくなっています。
 問題はエアコンの使い方なのです。人間の体温調節をつかさどる自律
神経は5℃以上の急激な気温変化に対処できないのです。エアコンを使
うと、温度の違う中と外を行き来し、それが繰り返されると、体温を下
げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスに異常をきたし、自
律神経失調症類似の症状になってしまうのです。
 エアコンの使い方でもうひとつ気をつけるべきことがあります。最近
はエコな時代ということで、エアコンをこまめに切ったり、つけたりす
る家庭が多いようですが、これはエアコンの使い方としては最悪なので
す。
 夏場にエアコンをつけたり、切ったりすると、ダクトの中に結露が生
じ、これがカビの発生源になるのです。カビはわずかな時間でもすぐ生
えるので、エアコンをつけたり、切ったりするたびにカビが室内に撒き
散らされてしまうのです。これではたちまち健康障害を起こすことにな
ります。
 そうかといって、エアコンをつけっぱなしにすると、それによる弊害
も大きいのです。とくに寝るときは注意が肝要です。丁 宗鐡先生は、
温度設定を高めにした弱いドライ状態でつけっぱなしにするのがよいと
して、夜寝るときの注意事項を次のように述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
気をつけてほしいのは夜寝ているとき。エアコンをつけたまま寝る場
合は、必ずパジャマを着て寝るようにしてください。それも長袖、長
ズボンの冬用のパジャマです。寝ている最中というのは人間の体はと
ても熟を発します。副交感神経が活発になり、毛穴も開くからです。
つまり夜寝ているときというのは体温も下がりやすいのです。男性の
中には上半身裸で寝る人などもいるようですが、そんな寝方は論外で
す。お年寄りやお腹の手術を受けた方、胃腸の弱い方などはさらに腹
巻をして寝るといいでしょう。
丁 宗鐡著『医者を信じると病気になる/「常識」破りの養生法』
/講談社+α新書
――――――――――――――――――――――――――――――――

●家の中にいても熱中症にかかるときがある

 熱中症についても述べておきましょう。熱中症は、外気においての高
温多湿などが原因となって起こる症状の総称です。熱中症には、その病
態によって、次の4つの種類があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
            1.熱失神
            2.熱疲労
            3.熱痙攣
            4.日射病
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1は「熱失神」です。
 「熱失神」は、直射日光の下での長時間行動や高温多湿の室内で起き
ることが多いのです。発汗による脱水と末端血管の拡張によって、体全
体の血液の循環量が減少した時に発生します。突然の意識消失が起きる
ことがあります。
 第2は「熱疲労」です。
 多量の発汗に水分・塩分の補給が追いつかず、脱水症状になったとき
に発生します。症状は様々で、直腸温は39℃程度まで上昇しますが、
皮膚は冷たく発汗が見られます。暑いときは家にいても水分は切らさな
いことです。
 第3は「熱痙攣」です。
 大量の発汗後に水分だけを補給して、塩分やミネラルが不足した場合
に発生します。症状としては、突然の不随意性有痛性麻痺と硬直が生じ
ます。体温は正常であることが多く、発汗が見られるときがあります。
 第4は「日射病」です。
 言葉としては一番怖そうではありませんが、実は一番怖いのはこの日
射病なのです。視床下部の温熱中枢まで障害されたときに、体温調節機
能が失われることにより生じる病気です。高度の意識障害が生じ、体温
が40℃以上まで上昇し、発汗は見られず、皮膚は乾燥しています。緊
急入院で速やかに冷却療法を行う必要があります。
 熱中症になったときは、霧吹きで水を浴びせて気化熱によって冷やす
とよいでしょう。そして、食塩水またはスポーツドリンクの経口投与を
行います。冷たい缶ジュースや氷枕などを腋の下、股などの動脈が集中
する部分にあてて冷やすと効果的です。
 自覚症状で熱中症を感ずることはまずありません。そのため、何とな
くおかしいと思ったらその時点で医師の診断を受けることが必要です。
体温調整ができなくなっている可能性があります。
―― [漢方医学/11]    

posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

●朝食は摂るべきか否か

 漢方の立場から説く丁 宗鐡先生の健康法について、ご紹介してきていますが、ほぼ世間の常識とは逆の主張が多いようです。日本では「朝食を摂る」という行為は健康に欠かせないということがほぼ常識化していますが、これについては丁 宗鐡先生も同じ意見のようです。
 重要なポイントは、人間は、夜の就寝中は副交感神経、日中は交感神経が活発に働いているということです。朝食は副交感神経を交感神経に切り替えるために必要であるというのです。
 朝起きたばかりのときは、副交感神経が優位に働いています。つまり身体は半分寝ているのです。そういうときに朝食を摂り、副交感神経優位な状況を交感神経優位な状況に切り替えていくのですが、人によっては――とくに虚証の人は、午前中は調子が出ないという人がいます。そういう人はなるべく早い時間に朝食を摂り、仕事にかかるまでの時間を十分とることが必要です。
 これに真っ向から異を唱える医師もいるのです。それは、四谷メディカルサロン(東京・新宿)の風本真吾院長です。風本院長は、朝食にこだわるよりも夕食の方が重要であるとして、次のようにいっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 これだけ栄養の過剰摂取が問題になる時代では、朝食に執着するより
 も、体重管理のほうがはるかに重要。デスクワークが中心の人なら、
 朝食を抜くことはむしろ合理的な選択だ。一日3食をきちんと取って
 も、肥満のままでは生活習慣病にかかりやすい。本来なら、食後の活
 動量が最も少ない夕食の量を減らすのが理想だが、現実には夕食をお
 いしく食べることがストレス解消になっていたり、付き合いや接待で
 減らせない人が多い。それなら朝食を抜いて1日400−500キロ
 カロリー減らせばよい。これで一ヶ月に2、3キロ落とすことが可能
 になる。       ――オーガニックヘルシーレストランより
――――――――――――――――――――――――――――――――
 この他にも、『朝食有害説』(情報センター出版局)なる著書を上梓した渡辺医院(東京・中野)の院長の渡辺正氏がいます。渡辺正先生は「朝食抜きは体重管理だけでなく、実は人間の生理にもかなった行動である」という主張の持ち主であり、朝食を抜くことがむしろ健康につながるとして、次のように述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 朝は排せつに適した時間帯という。前日摂取した食べ物のカスを午前
 中に掃除しておくことが健康につながる。排せつ前に食事を取ると消
 化活動が本格化し、排せつが中途半端に終わってしまう。「朝は水か
 お茶を飲むのにとどめるべきである。       
            ――オーガニックヘルシーレストランより
――――――――――――――――――――――――――――――――

●朝食は脳活動に良い影響を与える

 一体どちらが正しいのでしょうか。
 朝食を重視する背景に、朝食を抜くと血糖値が低下して、脳にエネルギー源のぶどう糖が行き渡らなくなり思考能力や活動に影響が出るという考え方があるのです。1980年に自治医科大学の教授だった香川靖雄教授(現在は女子栄養大学副学長)たちが、「朝食抜きの学生ほど成績が悪かった」という論文を発表したのを受けて、“朝食信仰”が完全に定着したというのです。
 このように、脳の研究者の間では、朝食を重視する考えが根強いのです。大阪大学の中川八郎名誉教授は、「一定以上の血糖値を維持しないと脳がぶどう糖を摂取しにくい構造になっている」と指摘しています。食後の血糖値が上昇したときに、脳によるぶどう糖摂取が最も効率的になるというのです。
 実は、これについても反対意見はあるのです。浜松医科大学の甲田勝康医師は、朝食の有無が体に与える影響を検証するため、男女の学生8人を対象に生活条件を同一にして、朝食を抜いた時の血糖値などを比較したのです。そうすると、全員が朝食抜きでも低血糖状態にならなかったばかりか、昼食直前の血糖値は朝食を食べた時とほとんど差がなかったというのです。血中のぶどう糖がなくなっても、体脂肪からの合成などで賄っていると考えられます。
 このように、専門家の間で大きく意見が分かれるのが、朝食抜きが血糖値の推移を通じて脳などの活動にどう影響するかという点なのです。したがって、現状ではどちらに分があるとの結論は見いだしにくいのです。
 しかし、朝起きたら朝食を摂るというのは、日本に長くから伝わっている習慣です。朝食を食べなければ、お腹が空いてイライラするでしょうし、そういう状態では仕事に影響します。
 朝食の主な役割としては、次の3つが考えられます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
   @睡眠中に低下した体温を回復し、身体活動を活発にする
   A脳のエネルギーの糖質を補給し、知的活動を盛んにする
   Bホルモンや酵素の分泌を促して、生体のリズムを整える
――――――――――――――――――――――――――――――――
 学問的には、異説はいろいろありますが、長い間の習慣として朝食を摂るようにした方が無難であることは確かです。あなたはどちらを選びますか。                ―― [漢方医学/12]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

●胆嚢がオーバーワークにならないように

 油っこいものを食べると、胃の調子を崩す人やすぐ下痢をする人がい
ます。こういう状況が起きると、素人は胃や腸の具合が悪いのではと考
えます。しかし、多くの場合、それは違うのです。それは胆嚢の具合が
よくないのです。
 胆嚢は肝臓の下に張り付くようにある袋状の臓器です。形はちょうど
ナスのような形をしています。胆嚢は胆臓で作られた胆汁を蓄える働き
があります。油を分解して消化するには、この胆汁が必要なのです。胆
汁は特に脂肪分の消化を助ける働きがあり、胆嚢は必要に応じて収縮し
て、この胆汁の流れ道(総胆管)を通して十二指腸へ送り出し食物の消
化を助けるのです。
 胆嚢の働きが悪くなると、胆汁の分泌が少なくなり、油っこいものを
食べると胃がもたれたり、下痢をしたりするのです。冷たいものの摂り
過ぎや油っこいもの中心の食事は控えるべきです。
 既に述べているように人間には虚証の人と実証の人がいます。酸化し
た油を食べると、調子が悪くなるタイプには虚証の人が多いのです。実
証の人は油っこいものを好む人が多いのですが、実証の人でも油っこい
ものを食べ続けると胆嚢の働きが鈍って胃腸の調子を崩す人がいます。
 油っこいものを食べ過ぎると、胆嚢がオーバーワークになって、正常
に機能しなくなるのです。実証の人で胆嚢の働きが鈍るのは、中高年齢
になってからです。したがって、若い人で、油によって胃腸の調子の悪
くなる人は、ほとんどが虚証の人と考えてよいと思います。
 頻繁に便秘になったり、下痢をしたりする人は「過敏性腸症候群」の
可能性があります。「過敏性腸症候群」は、自律神経の変調が原因で起
こります。女性よりも男性に多い病気です。
 重要な会議ある、大切な商談がある、人前でスピーチをするなど緊張
する場面になると、下痢の症状を訴える人がいますが、これなどは過敏
性腸症候群であり、男性の虚証の人に多く見られます。
 漢方医学では、過敏性腸症候群を病気ではなく、体質としてとらえま
す。同じ薬を使う場合でも、病気として治そうするのではなく、コント
ロールするという考え方で対処します。そのため、胃腸の症状に対応す
るには漢方薬が適しているのです。
 最近の研究でわかったことですが、人間の小腸と大腸は免疫機能の中
心なのです。人間の身体の中にあるリンパ球などの免疫機能のうち、半
分以上は腸にあることがわかってきたのです。したがって、胃腸が強く
なるということは、健康の向上につながるのです。

●食物アレルギーは「脱感作」をして治す

 食物アレルギーのある人が多くなっています。食物アレルギーとは、
特定の食品を飲食することで体内に取り込まれ、アレルギー状態が発生
する免疫反応をいうのです。
 食品によっては、アナフィラキシーショックを発生して命にかかわる
こともあります。蕎麦アレルギーがとくに有名です。日本では食品衛生
法施行規則などにより特定原材料等として、表示の義務付けや推奨が規
定されています。
 それでは、食物アレルギーは何によって起こるのでしょうか。
 乳幼児から幼児期にかけては食物アレルギーの主要な原因として、鶏
卵と牛乳がその半数以上を占めます。青年期になるにつれて甲殻類が原
因の事例が増え、牛乳が減ります。成人期以降では、甲殻類、小麦、果
物、魚類といったものが主要なアレルギーの原因食品となっています。
 問題は、食物アレルギーがあるからといってそれを治療しない人が多
いことです。食物アレルギーになったら未来永劫治らないのではなく、
十分直すことができるからです。
 そのためには「脱感作(だつかんさ)」をする必要があります。「脱
感作」とは、過敏性の原因になる食べ物を少しずつ体内に取り入れなが
ら、体の反応――過敏性を減弱させていくことをいうのです。
 蕎麦アレルギーの場合はどうでしょうか。
 過敏性の強い人であると、蕎麦を含んだ食べ物を食べただけで体に発
疹が出てきます。そして大量に食べると全身が真っ赤になります。そう
であるからといって、脱感作をしないと、いつまで経っても体質は改善
しないのです。
 丁 宗鐡先生によると、蕎麦アレルギーの場合は、蕎麦を300度ぐ
らいの高温で揚げて食べるとよいそうです。高温で揚げることにより、
蕎麦のタンパク質は変性し、抗原性はほとんどなくなるのですが、わず
かに残った抗原性が体内に入って脱感作を進めていくのです。
 なお、蕎麦に限らず、ほとんどの食材は揚げることで、タンパク質は
変性するのです。もち米のグルテンでアレルギーを起こす人も、もち米
を焼きおにぎりのようにして食べれば大丈夫なのです。
 食物アレルギーの対処法として大切なことは、腸を丈夫にすることで
す。腸が丈夫の場合、アレルギーを起こすタンパク質が体内に入ってき
ても、それを消化吸収できれば別に問題はないのです。
 腸を強くするには、子供の頃からの規則的な食事の習慣が大事なので
す。そして極力間食を避けることです。食べる時に一挙に消化酵素が出
るようにしておくことが大切なのです。  ―― [漢方医学/13]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

●インフルエンザとは何か

 今年の冬は通常の冬とは違ってインフルエンザのハンデミック(大流
行)が心配です。最も危険な時期は11月〜12月と考えられます。2
009年8月15日には、国内で新型インフルエンザの患者がはじめて
死亡してしており、危険な兆候であるといえます。
 ところで、意外に知られていないのがインフルエンザの正体です。イ
ンフルエンザとは、一体何なのでしょうか。
 インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる急性感染症の一
種で、流行性感冒、略して流感ともいいます。2008年頃から「イン
フル」という略称が主にテレビ・新聞などのメディアによって使用され
始めています。発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪のような症状
があらわれます。急性脳症や二次感染により死亡することもあります。
 インフルエンザといえば、1918年から1919年にかけて発生し
たスペインかぜ(スペインインフルエンザ)の世界的な大流行です。感
染者数は6億人、死亡者数4000万〜5000万人にのぼり、第一次
世界大戦終結の遠因ともいわれています。さらに数年から数十年ごとに
新型のヒトインフルエンザの出現とその新型ウイルスのハンデミックが
起こっており、毒性の強い場合は多数の死者が出る可能性があります。
 インフルエンザに備えて予防接種を受けるべきかどうかが議論になり
ます。予防接種に使われるインフルエンザワクチンというのは、その年
に流行しそうな4種類のウイルスの抗原が入っているだけで、それ以外
のインフルエンザウイルスや新型インフルエンザにはまったく効き目は
ないのです。
 現在新インフルエンザに効くワクチンを早期に実用化するために、世
界中で研究が行われています。現在のところ新型インフルエンザの治療
には、抗インフルエンザ薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)が有効であると
考えられています。このため、国や一部の自治体では、新型ウイルスの
出現に備えて、抗インフルエンザ薬の備蓄を行っています。
 したがって、インフルエンザを防ぐためには、きわめて基本的な対策
しか現在ないのですが、その基本的な対策をきちんとやることがインフ
ルエンザを防ぐ一番確かな方法なのです。その予防法と、帰宅後うがい
や手洗いを徹底するマスクをつける、人混みを避けるなど、通常のイン
フルエンザと同じです。そして、インフルエンザにかかったと疑われる
場合は、すぐ医療機関にかかることが必要です。

●インフルエンザワクチンはけっして安全ではない

 丁 宗鐡先生によると、虚証の人はインフルエンザの予防接種はしな
い方が良いといわれます。人間の体内にウイルスなどの抗原が侵入して
くると、その被害を最小限に抑えるために抗体がつくられます。抗体が
増えることで抗原の増殖は抑えられ、やがて体内から抗原はなくなりま
す。
 予防接種をするということは、4種類の抗原が一気に体内に入ってく
ることを意味します。これに対して体の免疫力はその抗体づくりをはじ
めるのですが虚証の人は抗体をつくる能力が限られているのです。した
がって、虚証の人は予防接種をすることはかえって危険なのです。
 これに対して実証の人は、免疫力は強く、抗体もできやすいのです。
しかし予防接種をして注射したところが腫れたり、熱が出た経験を持つ
人は注意が必要です。こういう人の場合、病原菌の増殖を抑えるため、
抗体は抗原と結合することが多いのです。これを「抗原抗体反応」とい
うのですが、これによって全身にいろいろな異常が起きることがありま
す。
 抗原抗体反応によってつくられた抗原抗体複合物によって、腎臓病、
肝臓病皮膚病が誘発されることもあり、注意が肝要です。予防接種を受
けて熱が出たことがある人は2回タイプの予防接種は1回に止めるべき
であると丁 宗鐡先生はいっています。
 インフルエンザワクチンには次の2つの問題点があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
   1.ワクチンは鶏の卵に接種してつくられるということ
   2.ワクチンには、防腐剤が混入されているということ
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ワクチンの抗原は鶏の卵の中でウイルスを増やし、それを弱毒化して
つくられているのです。このプロセスにおいて、ごく稀に抗原に鶏のタ
ンパク質が少し残ることがあるのです。この抗原に残ったタンパク質が
アレルギーを引き起こすことがあるのです。日本でアレルギーが流行し
た原因はインフルエンザの予防接種であるという説もあるのです。 
 ワクチンにも多くの加工食品と同じように、ワクチンも傷まないよう
に防腐剤が使われています。防腐剤の種類はワクチンを製造する会社に
よって異なりますが、一番多く使われているのは水銀化合物なのです。
水銀も摂取するとこれもアレルギーの原因になりますし、水銀化合物は
臓器や脳にも影響があります。したがって、少なくともアレルギーのあ
る人は、インフルエンザの予防接種は控えるべきであると思います。ワ
クチンはけっして万能薬ではないということを知るべきです。
―― [漢方医学/14]  
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。