2010年10月14日

●セロトニンにとって最高の食品はバナナである

 「必須アミノ酸」といわれるものがあります。必須アミノ酸とは、そ
の動物の体内で合成できず、栄養分として摂取しなければならないアミ
ノ酸のことです。必要アミノサン、不可欠アミノ酸ともいいます。「必
須アミノ酸」には、次の9種類があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
    1.トリプトファン      6.バリン
    2.リジン          7.ロイシン
    3.メチオニン        8.イソロイシン
    4.フェニルアラニン     9.ヒスチジン
    5.トレオニン
――――――――――――――――――――――――――――――――
 セロトニンに関係があるのは「トリプトファン」です。トリプトファ
ンを含む食品は、豆類、赤身の魚、乳製品、卵などがあります。いずれ
も日本の家庭料理によく使われるものであり普通に食事をしていれば、
セロトニンが不足することはないでしょう。果物でいうと、バナナやア
ボカド、青汁の原料であるケールにも、トリプトファンは多く含まれて
います。
 しかし、トリプトファンが脳内に取り込まれるには、炭水化物の助け
が要りますし、トリプトファンを合成するには、ビタミンB6が必要に
なります。炭水化物は、人間が活動するエネルギーを作り出しているの
ですが、脳の唯一のエネルギー源になるブドウ糖は、基本的に炭水化物
を起源とするものです。
 炭水化物は米をはじめとする穀類、イモ類、果物などに多く含まれて
います。よく毎日の食事を減らしてダイエットをしている人がいますが
炭水化物をとらないと、脳の活動が低下してしまう恐れがあります。
 ビタミンB6は、サンマ、イワシ、サバ、タイ、カツオ、マグロなど
の魚や玄米、大豆などに多く含まれています。このように考えると和食
はセロトニン神経にとっては、最適の食事といえます。とくに玄米は、
ビタミンB6と炭水化物が豊富であることとバナナはトリプトファン、
ビタミンB6、炭水化物のすべてを含んでおり、セロトニン神経にとっ
てベストな食品です。忙しくて食事が取れないときなどは、バナナだけ
は食べるようにすれば、脳の活動は衰えないでしょう。

●夜ぐっすり眠ることが良い循環をつくり出す

 ストレス──これは人間が現代社会で生活していくうえで避けては通
れないものです。有田秀穂先生は、ストレスに関して、2人の人物を引
き合いに出して、面白いことをいっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ストレスは、お釈迦さまのことばでは「苦」に当たります。お釈迦さ
 まは、悟りを開くまで、あらゆる苦行をして自分自身にストレスをか
 けました。その結果、何ひとつとして苦に打ち勝つものは見出せない
 ことを知りました。つまり、生きることは苦であり、その苦に勝つこ
 とはできないというのがお釈迦さまの結論だったのです。もう一人ス 
 トレスについて重要な教えを残してくれたのは、カナダのハンス・セ
 リエ(1907〜82年)という医学者でした。セリエはストレスに
 関する研究を続け、ストレス学説を世界ではじめて発表しています。
      ──有田秀穂著『ストレスに強い脳、弱い脳』/青春新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ハンス・セリエは恐ろしいことをいっています。セリエの学説による
と、ストレスがかかる状態が長期化すると、人間は胃潰瘍になり、免疫
力が落ちて、副腎皮質というところから「ストレス・ホルモン」を出す
ようになります。このストレス・ホルモンは、血圧を高めて糖尿病を起
こす原因になります。そしてこの状態が長く続くと、最終的には死にい
たることになります。
 多少イヤなことがあっても、一晩ぐっすり眠るとすっかり忘れてしま
う人がいます。要するに図太い心を持っている人です。問題は、このぐ
っすり眠るということが重要なのです。
 もし、ぐっすり眠れないと、ストレスが残っていろいろなところに悪
影響が出てしまいます。したがって、ぐっすり眠るということは、スト
レス解消に一番良いのです。
 それでは、どうすればぐっすり眠ることができるのでしょうか。
 眠りに深くかかわっているのは、メラトニンというホルモンです。こ
のホルモンは「睡眠ホルモン」と呼ばれています。それは、メラトニン
が脳から分泌されると、グッスリと眠ることができるからです。ところ
が、そのメラトニンをつくる原料になるのがセロトニンなのです。
 セロトニンは寝ている間は生成されないのですが、昼に太陽の光の下
で活動し、多くのセロトニンが蓄えられていると、メラトニンが多くつ
くられるので夜ぐっすりと眠ることができるのです。つまり、質の良い
睡眠をとるためには昼間にセロトニンがたくさん出るような生活をする
ことが必要なのです。
 夜ぐっすりと眠れると、朝の目覚めもよく、日中は多くのセロトニン
が出る生活を送る可能性が高いのです。質の高い睡眠→良い目覚め→セ
ロトニンが出る行動──この良い循環をつくるべきです。
                  ──[ストレスと脳の話/06]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと脳の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

●過ぎたるは及ばざるが如し

 『過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し』という格言があります。物
事には程度というものがあり、その程度を過ぎると、かえって不足する
のと同じようによくないことになるという意味です。
 実はセロトニンを増やすのに、この格言はぴったりと当てはまるので
す。たとえば、太陽の光を浴びるといっても、限度を超えると、セロト
ニン神経は弱まってしまいますし、ウォーキングもやり方しだいで、セ
ロトニンが出るウォーキングとそうでないウォーキングに分かれます。
 それでは、どの点に気をつければよいでしょうか。そのキーワードは
次の2つです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
             1.時間
             2.集中
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1は「時間」です。
 例えば、ウォーキングをやり過ぎると、疲れてきます。気候のよいと
きはいいですが、暑い日に30分も歩けばバテてしまいます。疲労感を
感ずるようになると、セロトニンの「自己抑制作用」が働いて、セロト
ニンはかえって減少し、しまいには出なくなります。これに関して、有
田秀穂先生は次のように述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
セロトニンの自己抑制作用は、セロトニン神経のしくみと深く関係し
ています。セロトニンの神経細胞の軸索には、その細胞自身に戻る
「自己受容体」が存在しています。トレーニングを長時間続けている
と、この自己受容体が働いてセロトニンの分泌量が抑制されてしまう
のです。疲れたうえに、セロトニン神経を鍛える効果がないのでは意
味がありません。ですから、トレーニングで大切なのは、1回の時間
を長くするのではなく、むしろ一日5分でも10分でもいいから、毎
日続けるということにあるとおわかりいただけるでしょう。 
──有田秀穂著『ストレスに強い脳、弱い脳』/青春新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第2は「集中」です。
 ウォーキングをしながら考え事をしている人がいます。これは歩行に
集中していない証拠であり、この状態では、セロトニンは増えないので
す。理性や言葉を司る大脳の部分を働かせていると、ウォーキングして
いても、セロトニン神経は活性化されないのです。

●音楽を聴きながらウォーキングするのは効果的

 誰でもできる簡単な方法があります。それは音楽を聴きながらウォー
キングをすることです。それも片耳ではなく、両耳を使うステレオヘッ
ドフォンで聴くと効果的です。
 できれば、アップテンポのリズミカルな曲がよいでしょう。そうした
音楽を聴いていると、人間はほかのことを考えられないので、自然に歩
くことに集中できるのです。
 しかし、音楽でも歌詞のついているもの、つまり歌は好ましくありま
せん。歌詞の内容が耳に入ってくると、何を歌っているのかを聴こうと
します。そうなると、大脳皮質の言語野といわれる部分が働いてしまい
セロトニンは増えなくなってしまうのです。
 講演テープ、英会話のテープを聴きながら、ウォーキングしている人
がいますが、同じ理由では効果がないのです。とくに人間の声は、その
まま言語脳を働かせてしまうので、効果がないのです。
 それではなぜ、集中するとセロトニン神経が活性化されるのでしょう
か。
 その秘密は脳波──とくに「α2波」にあるのです。リズム運動に集
中していると、だんだん脳波が変化していき、α2波という特別な脳波
が出てくることがわかっています。α2波とは、α波のなかでも、その
人が物事に集中していて、しかも平常心の状態にあるときに出る脳波の
ことです。
 つまり、ウォーキングに集中することによって、セロトニン神経は活
性化され、それが大脳に影響を与えてα2波という脳波を発生させるこ
とで、気分が大きく改善されるのです。
 集中とは、ひとつの事柄に意識を向けることをいいます。しかし、歩
くことに集中しなければならないとあまり意識すると、それはマイナス
になります。つまり、意識しないで無心の境地になれればよいのです。
自然にそうなるのが一番良いのです。音楽を聴くことはそれを助けるの
です。
 人間ですから、いろいろな雑念にとらわれることがあります。それは
それでいいのです。それにこだわらないことが大切です。いろいろアタ
マに浮かんでくるが、それにとらわれずにいると、いつの間にか消えて
いく──そういう状態が持続できればよいのです。
 この状態をつくるにはやはり図太い心を持つことが必要になります。
回りの刺激に動ずることなく、平常心でそれに対処する──これができ
ると、セロトニンは増加していくのです。      
                 ──[ストレスと脳の話/05]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと脳の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

●セロトニン神経を鍛える3つの方法

 セロトニンを増やすには、脳内にあるセロトニン神経を鍛えて、セロ
トニンが十分に分泌されるようにする必要があります。セロトニン神経
を鍛える基本は次の3つです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
         1.太陽の光を浴びること
         2.リズム運動をすること
         3.スキンシップの必要性
――――――――――――――――――――――――――――――――
 びっくりする位簡単なことであり、誰でもできることなのです。この
3つのトレーニングを毎日20分〜30分続けることによって、セロト
ニン神経の活動レベルを高い水準で維持できるのです。

●太陽の光を浴びること

 第1は「太陽の光を浴びること」です。
 太陽の光を浴びる──おそらくこれはセロトニン神経を活性化させる
最も効果的にして簡単な方法です。そうかといってそんなに長い時間浴
びる必要はないのです。5分からせいぜい30分、長くても1時間以内
です。
 セロトニン神経を活性化させるには、2500ルクス以上の照度が必
要なのです。ちなみに蛍光灯の光は500ルクスであり、会社や自宅の
照明での代替は無理なのです。その点日中の太陽光であれば、曇ってい
ても5000ルクスはあるので、太陽光を浴びることが必要なのです。
 なぜ、2500ルクス以上の照度の光を浴びることが必要なのでしょ
うか。
 網膜に与えられた光の刺激が脳に伝わって、それがセロトニン神経を
活性化させるからです。晴れている日に外に出て普通に歩くだけでも十
分光は取り入れることができますが、サングラスをかけるのは効果的で
はないのです。肝心の目を覆ってしまうと、目の網膜に与えられる光の
刺激が弱くなるので、好ましくないからです。
 それでは、太陽の光を浴びる時間帯はいつがベストでしょうか。
 それは朝がベストなのです。それは次の2つの理由によるものです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
     1.日中に比べて朝は太陽の照度が強くないこと
     2.副交感神経から交感神経に支配が切り替わる
――――――――――――――――――――――――――――――――
 大昔から人間の一日の行動を見ると、基本的には太陽が昇ると目覚め
て、太陽が沈むと眠りにつくというものです。これはセロトニン神経を
鍛える重要な生活習慣だったといえます。

●リズム運動をすること

 第2は「リズム運動をすること」です。
 リズム運動とは、一定のリズムで筋肉の緊張と弛緩を繰り返す運度で
あり、この条件を満たしていれば、何でもいいのです。ウォーキング、
ジョギング、自転車、ダンスなどです。一番簡単なのは、ウォーキング
です。歩くとき心がけることは、できるだけリズミカルに体を動かすこ
とです。リズムに乗って軽快に歩くと、セロトニンの分泌が盛んになっ
てくるのです。
 しかし、ウォーキングで気をつけるべきことは、ダイエットを目的と
した運動とはぜんぜん違うということです。ダイエットを目的とする運
動は、いかにエネルギーを消費して脂肪を燃焼させるかに重点が置かれ
ますが、セロトニン神経を鍛えるのはそんなに激しい運動でなくてよい
のです。
 一番ベストなのは、朝晴れている日は外に出て適当に歩くことです。
なぜなら、太陽の光を浴びながら、リズム運動ができるからです。

●スキンシップの必要性

 第3は「スキンシップの必要性」です。
 人間が行うスキンシップのなかでセロトニン神経の活性化につながる
のは、人と人が軽く触れ合うことです。これをトレーニングにしたのが
「タッピングタッチ」です。有田秀穂先生はこれを次のように紹介して
います。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 タッピングタッチを開発したのは、心理学者の中川一郎氏です。原則
 的に2人でおこなうもので、相手の背後に立ち、背中や肩、首筋、頭
 を、左右交互にごく軽く叩くようにポンポンとタッチします。正面か
 ら顔を向き合わせるわけではないので、緊張や圧迫を感じることがあ
 りません。叩くリズムは1秒間に1回くらい。ちょうど心臓の拍動と
 同じというのが重要なポイントです。その点からすれば、これもまた
 広い意味でのリズム運動といってよいかもしれません。
──有田秀穂著『ストレスに強い脳、弱い脳』/青春新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
                  ──[ストレスと脳の話/04]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと脳の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

●セロトニン神経はどういう働きをするか

 言葉を話したり、体を動かす、何かを見る──実はセロトニンには直
接肉体を動かす機能がないのです。心や体の活動レベルをコントロール
しているだけです。セロトニン神経の働きをまとめると次の5つになり
ます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
      1.すっきり爽快な意識をつくり出す
      2.平常心を維持する
      3.交感神経を過度に興奮させる
      4.痛みを軽減させる
      5.よい姿勢を維持する
     ──有田秀穂著『ストレスに強い脳、弱い脳』/青春新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
 セロトニンは、大脳皮質の活動を調節してその働きを高いレベルに保
つ働きをします。その結果、1の「すっきり爽快な意識をつくり出す」
ことが可能になるのです。
 人間の心は、内外のさまざまな刺激やストレスを受けますが、セロト
ニンはそれによって大きな感情の振幅を抑えて、平静を保つ機能を果た
すのです。これが2の「平常心を維持する」働きです。
 セロトニンは自律神経をコントロールすることができます。自律神経
には、交感神経と副交感神経の2つがありますが、セロトニンは交感神
経に適度の刺激を与えるのです。これが3の「交感神経を過度に興奮さ
せる」です。以上の1〜3は、有田秀穂氏のいう「図太い心」を育てる
のです。
 セロトニンは、痛みによる神経の伝達を抑制する働きをします。そし
て気分を落ち着かせます。これが4の「痛みを軽減させる」です。
 姿勢を維持するには、首の筋肉、背骨まわりを支える筋肉、下肢の筋
肉、表情を作る筋肉などがありますが、セロトニンはそれらの筋肉に適
度の緊張感を与える働きをします。これが5の「よい姿勢を維持する」
です。

●ストレスと脳内セロトニンの関係

 セロトニンがそのように重要なものであるなら、それを多く作りだす
ことはできないのでしょうか。
 結論からいうと、それは困難なのです。脳内のセロトニンの量は日々
減っていくからです。それには次の2つの理由があるのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
       1.セロトニンは自己受容体であること
       2.ストレスに弱いと量が減少しやすい
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1は「セロトニンは自己受容体であること」です。
 自己受容体とは何でしょうか。
 セロトニン神経は各細胞のセロトニン受容体に向けてセロトニンを送
るのですが、自分自身に対してもセロトニンを分泌しています。脳の神
経系細胞は末端から軸索というケーブルを使って他の神経細胞と繋がっ
ており、データの伝達を行います。この軸索を通して戻ってきたセロト
ニンを受け取るのがセロトニンの自己受容体で、受容体の数が多いとセ
ロトニンの放出を抑えようとする働きがあるのです。
 第2は「ストレスに弱いと量が減少しやすい」です。
 人間の体は、肉体的、精神的なストレスを受けると、脳内の視床下部
のストレス中枢が刺激されるのです。そうすると、セロトニンが多く放
出され、その量が減少してしまうのです。
 しかし、現代社会はストレスがあまりにも多いのです。ストレスのな
い場所はどこにもないのです。しかし、ストレスは主観的なものだとい
うことです。同じ状況でも、それをストレスと感じるかどうかは、人に
よって違います。たとえば、原稿を依頼され、その締め切りが切迫して
きたとき、それをストレスと感じる人もいれば、逆にやる気が高まる人
もいます。
 また、まわりに困っている人がいるとき、それを面倒なことと感じた
り、ストレスになると感じる人もいれば、逆に助けることに喜びという
ものを感じる人もいるのです。どちらになるかを決めるのは、主観的な
受け止め方しだいなのです。このことは、実際にストレスにどう対処す
るかを考える場合にとても重要なことです。要するに、ストレスはエネ
ルギー源にもなれば、その一方で病気の原因にもなるということです。
 しかし、それにも限界があります。いずれにせよ、ストレスに対応す
るセロトニンの分泌量が少ないと、心はネガティブになり、脳の活動は
次第に低下していくのです。その結果、引き起こされるのが鬱病なので
す。鬱病と脳内セロトニン濃度の低下が関係していることは、鬱病で自
殺した人の解剖結果から明らかになっています。
 鬱病になったまま、セロトニン神経を鍛えることを怠ると、セロトニ
ンはますます減っていく一方になります。それではどうすれば、セロト
ニン神経を鍛えることができるのでしょうか。次回にお話しします。
                 ──[ストレスと脳の話/03]
posted by キーヘルス at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと脳の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

●セロトニンとは何か

 駅のプラットフォームなどを歩いているとき、誰かが強くぶつかって
きて、「失礼」とも何もいわず、行ってしまったとします。こういう状
況になれば、誰でもハラは立ちます。
 しかし、そのハラの立ち方が時によってかなり違うことがあります。
いつまでも「イヤなやつだ」という不快感が残るときもあり「まあ、悪
気があったわけではないから」と忘れてしまうときもあると思います。
 このときの気分を医学的にいうと、セロトニンの状態の違いによるも
のなのです。もっと正確にいうと、セロトニンの量がどのくらい脳内に
蓄積されているかによって違ってくるのです。
 脳内にセロトニンがたっぷりあると、図太い心が生じ、少々のことで
は気持は動揺しないのです。しかし、セロトニンが少ないと、ちょっと
したことでハラを立てたり、しかもそれをいつまでも忘れないのです。
 ところで、セロトニンとは何でしょうか。ウィキペディアでは、セロ
トニンを次のように定義しています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 セロトニンはヒトを含む動植物に一般的に含まれる化学物質で、トリ
 プトファンから生合成される。人体中には約10ミリグラムのセロト
 ニンが存在しており、そのうちの90%は小腸の粘膜にあるクロム親
 和細胞(EC細胞とも呼ばれる)内にある。クロム親和細胞はセロト
 ニンを合成する能力を持っており、ここで合成されたセロトニンは腸
 などの筋肉に作用し、消化管の運動に大きく関係している。ここで合
 成されたセロトニンの一部(総量の約8%)は血小板に取り込まれ、
 血中で必要に応じて用いられる。残りの2%のセロトニンは中枢神経
 系にあり、これらが人間の精神活動に大きく影響している。
                       ──ウィキペディア
――――――――――――――――――――――――――――――――
 これから問題にするセロトニンは、中枢神経系にある約2%のセロト
ニンのことです。セロトニンを分泌するセロトニン神経は、脳幹という
場所に存在する脳内神経です。
 脳内には合計で約150億個の神経細胞があるといわれていますが、
そのうちの数万個がセロトニン神経に当たります。脳幹というのは脳の
中枢部のことであり、その中央の部分にセロトニン神経はあるのです。

●大脳について知る必要がある

 セロトニン神経を理解するには脳についての知識が必要になります。
ごく簡単にエッセンスについて説明します。
 大脳について知っておくべき重要な部分は、次の5つです。以下、こ
れについて簡単に説明します。
――――――――――――――――――――――――――――――――
            1.大脳皮質
            2.大脳辺縁系
            3.前頭前野
            4.視床下部
            5.脳幹
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「大脳皮質」とは、脳の外側をおおっている部分であり、言語や知能
をつかさどっています。人間が動物に比べて高度な知能を持っているの
は、大脳皮質が発達しているからなのです。
 「大脳辺縁系」は、大脳皮質の奥にある部分であり、感情を司ってい
ます。喜怒哀楽や快・不快などの感情や情動はここから発生しているの
です。
 「前頭前野」とは、大脳皮質にあり、人間として社会生活を送るのに
不可欠な働きをする部分です。集中力や意欲もこれに関わっています。
 「視床下部」とは、大脳辺縁系の奥にある構造であり、食欲や性欲な
ど生存に欠かせない行動に関連しています。
 「脳幹」とは、脳神経の中枢部であり、呼吸、血液循環など生命の維
持に不可欠な機能を司り、脳や体全体の活動レベルを調節する働きをし
ます。進化の仮定でいうと、最も古くから存在する部分であることから
「最古の脳」といわれています。セロトニンは脳幹の縫線核という部分
に当たります。いわば脳のへその部分にセロトニン神経はあるのです。
 「脳幹」について概要をまとめておきます。脳幹の定義は次のように
なっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 脳幹は中枢神経系を構成する器官集合体の一つ。延髄、橋、中脳、間
 脳、を合わせて脳幹と呼ぶ。狭義の「脳幹」では間脳すなわち視床お
 よび視床下部を除外するが、この意味をより明確に表すため下位脳幹
 という用語が用いられる。また、脳幹・(間脳)・小脳・大脳を合わ
 せて脳と呼ぶ。脳幹は多種多様な神経核から構成されており、その機
 能も当然ながら多様であり、この小さな部分に多数の生命維持機能を
 含む。                   ──ウィキペディア
――――――――――――――――――――――――――――――――
                  ──[ストレスと脳の話/02]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと脳の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

●「ストレス」とは何か

 「ストレス」はあらゆる病気の原因になります。ところで、ストレス
とは何でしょうか。ストレスには次の3つの種類があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
           1.物理的ストレス
           2.精神的ストレス
           3.化学的ストレス
――――――――――――――――――――――――――――――――
 物理的ストレスというのは、人間が生きているだけで感じてしまうス
トレスのことです。暑さ、寒さ、冷たさなど肌で感じてしまうものは、
物理的ストレスとして分けられます。騒音などもその一つです。
 精神的ストレスは、別名心理的ストレスともいい、現代社会において
はこのストレスが一番多いと考えられています。仕事、家事、人間関係
などの自分が苦手とする分野に対して、長時間その環境にいることで、
体が自然と拒否してしまい、精神的ストレスに陥ってしまいます。物理
的ストレスが誘発してしまう恐れもあり、油断できないといえます。
 化学的ストレスとは何でしょうか。聞きなれない名前ですが簡単に説
明すれば、「薬、お酒、栄養不足」から来るストレスを化学的ストレス
といっているのです。お酒はストレスを発散させるものとして、昔から
親しまれていますが、「飲みすぎては体に毒」という言葉があるように
体にストレスとして負担を掛けていきます。また、薬は現代の医療にお
いて、欠かせないものですが必ず副作用というものがあり、これがスト
レスになるのです。
 ストレスは個人差というものがあります。ストレスに強い人と弱い人
はいるのです。そこで自分のストレス度というものを知っておくと、参
考になると思います。ストレス度診断は多くのサイトで無料でやってく
れますが、40の質問に答えるだけでチェックできるメディシナル研究
所の「ストレス度チェック!」をぜひ受けてみてください。
――――――――――――――――――――――――――――――――
        http://www.genic-net.com/stress/
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ストレスに強いかどうかは生まれつきの性格や経験によって左右され
ると考えられてきたのですが、最近の脳科学の研究によって、そうでは
ないことがわかってきたのです。ストレスに対する耐性の違いは脳の活
性化と深くかかわっているのです。

●だるまに象徴される「図太い心」

 ストレスに対する耐性──東邦大学医学部統合生理学教授の有田秀穂
氏は、これを「図太い心」と名づけ、だるまを例にとって説明していま
す。だるまが「図太い心」を体現しているというのです。
 第1は「だるまには手がない」ということです。
 手がないということは、いやなものを払いのけたり、ものごとをうま
くコントロールできない状況をあらわしています。だるまに手がないこ
とは、ストレスや悩みに対して、無駄な抵抗をしないことを意味してい
るのです。
 第2は「だるまには足がない」ということです。
 足がないということは「逃げる」ことができないことを意味します。
手がないので戦うことをせず、足がないので逃げられないのです。ただ
そこにじっとたたずんで耐えるだけです。
 第3は「七転び八起き」できるということです。
 だるまは手足がないので、叩かれたり、押されたりするとすぐ倒れて
しまいます。しかし、いったんは倒れても、すぐ起き上がります。「七
転び八起き」です。仕事でミスして上司に叱られ落ち込んでいたが、次
の日は何事もなかったように出勤してくる──これは倒れても元に戻る
ことができる人です。
 第4は「片目が描かれている」ということです。
 大願成就を祈るだるまには、はじめから片目が描かれています。あの
目こそ「図太い心」の象徴なのです。これは人間の生き方の象徴です。
だるまの目について、有田教授は次のように述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 大願が成就すると、ダルマのもう片方の目に目玉が入ります。信念を
 もち続け困難や障害にあっても「七転び八起き」でやっていくと、最
 後には願いが叶う──そんな象徴として、私たちは願をかけて、神棚
 や目立つ場所にダルマを飾るわけです。願いというのは人によって、
 お金持ちになりたい、いい成績をとりたい、美しくなりたい、試合に
 勝ちたいなどさまざまでしょう。そうした夢や希望を思い描いて、私
 たちは努力を積み重ねます。そして、努力が実を結んで夢や希望が叶
 い、お金持ちになったり試合に勝ったりといった報酬が私たちにもた
 らされると、それに合わせてもう片方の目が開かれるわけです。そう
 して見ると、願いごとが叶ったときに入れる片目は、「生きる目標」
 の象徴と呼んでいいでしょう。         ──有田秀穂著                 
            『ストレスに強い脳、弱い脳』/青春新書
――――――――――――――――――――――――――――――――
                  ──[ストレスと脳の話/01]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスと脳の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

●臨床心理士の職業について

 鬱の話の最後として、臨床心理士について考えます。
 鬱の診療に当たる「臨床心理士」──臨床心理士の受験資格は、臨床
心理系の指定大学院を修了していることが基本要件となっています。臨
床心理士は、心理職としての専門的な技法をマスターし、心の問題を抱
えている人への援助を行うのが基本的な仕事です。「心理カウンセラー」
「セラピスト」とも呼ばれています。
 現在有資格者は2万人ほどいますが、病院の精神科や心療内科、精神
保健福祉センターなどの医療保健分野、それに教育分野でのスクールカ
ウンセラーなどの幅広い領域で活躍しています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
       ≪臨床心理士が働いている領域≫
        保健・医療  ・・・・・ 28.3%
        教育     ・・・・・ 23.7%
        大学・研究所 ・・・・・ 17.4%
        福祉     ・・・・・ 12.3%
        その他    ・・・・・ 18.3%
                ──日本臨床心理士会
――――――――――――――――――――――――――――――――
 しかし、臨床心理士の雇用状況は厳しいのです。2007年に日本臨
床心理士会が行った調査によると「常勤のみ」で働いている人は31.
8%しかいないのです。ほとんどが「常勤+非常勤」や「非常勤のみ」
なのです。
 収入については、「300万円台」が最も多く、19.8 %、「20
0万円台」が17.0 %で続き、「400万円台」が14.1 %になっ
ています。それに雇用が不安定でいつ職を失うかわからないのです。
 全国一般労働組合全国協議会東京東部労働組合の須田光照氏は次のよ
うに述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 業務委託契約であれば、臨床心理士が自分の責任・管理の下で業務を
 行うため、施設は最低賃金や労働基準法を守る必要がなくなる。しか
 し実際には、勤務時間や場所、業務に対する諾否の自由が制限されて
 いるなど、とても業務委託契約とはいえないケースが多い。雇用関係
 にありながら、最低賃金等の保証をされていない状況にかれている臨
 床心理士が少なくない。    ──『週刊東洋経済』7/24より
――――――――――――――――――――――――――――――――

●「3A」でストレスのサインに気づいたら「4R」

 鬱は過度のストレスから生ずるといわれています。実は「過度のスト
レスのサイン『3A』」というものがあるのです。次の3Aに気が付い
たら、医師と相談することが必要です。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◎第1のA ・・・・・・・・・・ Alcohol/アルコール
 ・酒の飲み方がいつもと違うときは要注意です。以前にはなかった症
  状で、悪酔いや二日酔いをしたり、飲んだ翌日に遅刻をしたり、休
  んだりする。
 ◎第2のA ・・・・・・・・・・ Absenteeism/勤怠の乱れ
 ・最初は遅刻が増えて、休みが多くなり、しまいに無断欠勤までする
  ようになるという状態が続くなら、要注意である。
 ◎第3のA ・・・・・・・・・・ Accident/事故
 ・今までミスなくこなせていた業務でのミスが目立つようになり、実
  際にケガをしたりするようになる。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 それでは、そういう過度のストレスが生じたときはどう対処すればよ
いかについて考えます。それには、次の「4R」を実施するべきです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◎Recreation/レクリエーション
 ・気分展開を図ることは大切である。気の合う人と会って、談笑する
 ◎Rest/レスト
 ・意図的にしっかりと身体を休めることが必要。本当の睡眠が不可欠
 ◎Relaxation/リラクゼーション
 ・神経を休める行動が必要である。歌を歌う。森をゆっくり歩くこと
 ◎Retrest/リトリート
 ・リゾート地などを選んで、ゆっくりと過ごす転地療法が必要である
――――――――――――――――――――――――――――――――
 厚労省によると、治療中の鬱病患者(躁うつ病含む気分障害)は、1
996年の43万人から、2008年には104万人と急拡大していま
す。昔と違って、精神科を受診することへの抵抗感が薄くなり、そうい
う意味で患者が増えた傾向はあるものの、今までの鬱病とは特徴が異な
る新しいタイプの鬱病が若い人を中心に増えたことによって患者が増え
た一面もあります。周りにいる人が早く気が付くことが大切です。
                      ──[鬱の話/15]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

●「認知行動療法」が注目されている

 「認知行動療法」といわれる鬱病の治療法があります。この療法に関
して新聞に次の記事が出ていました。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 うつ病などの治療で薬だけに頼らない「認知行動療法」が注目されて
 いる。これまで効果を疑問視する意見もあったが、薬物療法と併用す
 ると効果的というエビデンス(科学的な証拠)も出そろってきた。4
 月から一部で健康保険も適用になった。ただ、診察に時間がかかる割
 に診療報酬が低く、医師の教育が行き届かないなど、医療現場に浸透
 するには課題も多い。
           ──2010年4月9日付、日本経済新聞より
――――――――――――――――――――――――――――――――
 「認知行動療法」は精神療法のひとつで、考え方や行動のクセを改め
て、落ち込みやすいといった気分を変える療法です。鬱病の患者は、自
分の世界や将来に関して、悲観的、否定的なものの見方をしがちなので
す。
 何かがうまくいかないと、「自分はダメな人間だ」とか、「生きてい
く価値のない人間だ」というネガティブな考え方──認知を抱き、それ
が気分や行動に大きな影響を及ぼすのです。
 認知行動療法では、これを「認知の歪み」としてとらえ、患者にそう
いう認知の歪みがあることを把握してもらい、それが妥当性を欠いたも
のであることを患者に気付いてもらうのです。
 そして、面談や作業などを通じて、歪んだ認知を現実性のある妥当な
ものへと修正し、行動も変えて行くのです。主に軽症から中等症のうつ
病患者が対象で、精神科医や心療内科医、臨床心理士らが面談をしなが
ら進めるのが一般的な治療方法です。英国では、軽症鬱病の患者に関し
ては、薬物療法ではなく、最初に認知行動療法を用いることが治療ガイ
ドラインで定められています。千葉大学大学院医学研究院の清水栄司教
授は次のように述べています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 欧米では認知行動療法が、薬物療法と並んで、欝病治療の柱となって
 いる。治療効果についてのエビデンス(科学的根拠)が出揃ってきて
 いる。            ──「週刊東洋経済」7/24より               ――――――――――――――――――――――――――――――――

●光トポグラフィー検査で鬱病か否かがわかる

 光トポグラフィー検査というものがあります。赤外線よりもやや波長
の短い近赤外光を頭蓋内に照射し、その反射光を計測して、大脳皮質の
血液量の変化を見るものです。
 これによって脳の活動状態がわかるのです。健常者と、鬱病、双極性
障害、統合失調症では脳の活動状態が違うので、本当に鬱病かどうかの
判断に使えるのです。
 2009年4月10日付の日本経済新聞・夕刊に、光トポグラフィー
検査による鬱症状の診断について次の記事がありました。この検査法は
2009年4月から先進医療として認められているのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 うつ病患者が急増しているが、診断は問診に頼っているため誤診も少
 なくないようだ。最新鋭の検査装置を使って脳の血流を調べ、精神疾
 患かどうかを診る試みが、4月から先進医療として認められた。誤診
 を回避したり治療方針が立てやすくなったりなどの利点があり、将来
 心の病の診断は大きく様変わりしそうだ。
──2009年4月10日付の日本経済新聞・夕刊
――――――――――――――――――――――――――――――――
 先進医療というのは、高度な医療技術を研究と診療の中間として位置
付け、保険適用について検討する制度で,2009年末時点で120種
類の技術が指定されています。この先進医療のひとつとして,「光トポ
グラフィー検査を用いた欝症状の鑑別診断補助」が2009年4月に精
神医療分野として初めて承認を受けたのです。保険診療と併用でき,検
査料は1万3000円程度です。
 こんなケースがあります。42歳の男性ですが、5年ほど前から微熱
と倦怠感が続くので、心療内科を受診したところ「鬱病」と診断された
のです。しかし、いくら治療を続けても改善しないので、東大病院を紹
介され、光トポグラフィー検査を受けたのです。
 検査によると、そこに見られたのは鬱病ではなく「双極性障害(躁鬱
病)」だったというのです。双極性障害の患者は、躁状態と欝状態を繰
り返すのですが、受診するのはほとんどが欝状態のときなのです。その
ため、鬱病と誤診されてしまうことが多いのです。
 誤診され、抗欝剤を処方された場合、「躁転」して病状が悪化すると
きが多いのです。したがって、鬱病が疑われたら、光トポグラフィー検
査を受診することが望ましいのです。
 この検査で進んでいるのは東大病院であり、この3月から「4日間の
短期入院プログラム」(心の検査入院)を実施しています。対象者とし
ては、鬱病を治療しているが、なかなか改善しない人、何度も発症を繰
り返して治らない人です。費用は3割負担で7万円程度です。
                       ──[鬱の話/14]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

●実現しなかった「健診でうつ発見」の長妻プラン

 2010年4月20日付の読売新聞に次の記事が掲載されたのです。
鬱病対策に関するニュースです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 政府は職場でのストレスなどを原因としたうつ病など精神疾患の広が
 りに対処するため、企業や事業所が実施する健康診断に精神疾患を早
 期に発見するための項目を盛り込む方針を固めた。また、企業などの
 メンタルヘルス(精神衛生)対策を指導する国の専門職員の研修時間
 を2倍以上に増やすなど、精神疾患対策に本格的に取り組む。対策は
 厚生労働省の「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」が今月中に
 もまとめる提言に盛り込まれる予定で政府は総合的な自殺防止対策の
 一環として2011年度からの実施を目指す。
            ──2010年4月20日付、読売新聞より      http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=23768
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ところが、7月下旬になって、職場の定期検診で鬱病をチェックする
対策は実施しないことに決まったのです。そこに何があったのでしょう
か。
 長妻厚労相が発案した、定期健診におけるメンタルヘルス対策の検討
は最初から難航したのです。5月31日に厚労省は、「職場におけるメ
ンタルヘルス対策検討会」──相澤好治・北里大学医学部長が座長──
というPTを立ち上げたのです。
 しかし、PTでは、最初から否定的な意見が相次いだのです。懸念の
多くは労働者の不利益になるというものです。健診のさいのチェックで
鬱病と判断されると、中小零細企業の場合は、解雇されるか勧奨退職に
追い込まれることが少なくないのです。
 PTの委員の一人である五十嵐千代氏(東京工科大学産業保健実践セ
ンター長)は次の指摘をしています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 年一回の健診時にメンタルヘルスチェックで鬱病患者を見つけ出すの
 は極めて難しい。それよりも、相談窓口を充実させ、保健師などがい
 つでも労働者の相談に乗れる体制が重要だ。    
                ──「週刊東洋経済」7/24より
――――――――――――――――――――――――――――――――
 結局、健診にさいしては鬱病や精神疾患に関する質問ではなく、「自
覚症状」としての睡眠や食欲、倦怠感などについて把握するという記述
が報告書の中に盛り込まれたのです。しかし、こうした方策によって、
メンタルヘルスの不調が把握されても、有効な対策につなげるための専
門人材の不足が大きな障壁になっています。

●失業率と自殺率は一致する傾向がある

 問題は、鬱病の疑いが出た場合、適切な診断と投薬が行われるかどう
かなのです。専門医が決定的に不足しているからです。
 内科および精神科を専門とする斎尾武郎医師は、次のように述べてい
ます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 不適切な診療により、おびただしい数の抗精神薬を投与されている患
 者を診てきた。過剰に薬を投与されても、自殺衝動が止められないう
 つ病患者はたくさんいるのではないか。精神科医療の質が問題だ。過
 剰な投薬をやめ、生活の乱れを直すことが必要。だから、半年や1年
 の休職で病気を治すのは至難の業だ。       
                ──「週刊東洋経済」7/24より
――――――――――――――――――――――――――――――――
 2007年における厚労省の「労働者健康状況調査」によると、職場
で働く労働者に「強い不安、悩み、ストレスがあるかどうか」を聞くと
結果は次のようになったのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ≪強い不安、悩み、ストレスがあるかどうか≫
          ある ・・・・・・・・・・ 58.0%
          ない ・・・・・・・・・・ 42.0%
 ≪悩みの内訳/複数回答≫
     職場の人間関係 ・・・・・・・・・・ 38.4%
        仕事の質 ・・・・・・・・・・ 34.8%
        仕事の量 ・・・・・・・・・・ 30.6%
      会社の将来性 ・・・・・・・・・・ 22.7%
      仕事への適性 ・・・・・・・・・・ 22.5%
            「労働者健康状況調査」/2007より
――――――――――――――――――――――――――――――――
 失業率と自殺率は一致する傾向があります。失業者が生まれるような
経済状況が自殺率の増加にも反映していると思われます。これまで長期
安定的に雇用を支えてきた日本的経営が崩れ、成果主義が導入されたこ
とによって強いストレスを生む職場環境になっていることに原因の一端
があります。
 しかし、現在のところ、大企業でもメンタルヘルス対策をきちんとと
っているところは少なく、中小零細企業にいたっては、まったく対応で
きていないところがほとんどです。       ──[鬱の話/13]
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

●「新型うつ」には4つのタイプがある

 最近いままでの鬱病とは異なる新しいタイプの鬱病が流行していると
いわれています。4つほどあります。これらの鬱病については、あえて
「うつ」と平仮名で書くことにします。
――――――――――――――――――――――――――――――――
            1.逃避型うつ
            2.未熟型うつ
            3.現代型うつ
            4.非定型うつ
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1は「逃避型うつ」です。
 困難な状況に直面した際に問題解決をすぐに諦め、不安、苦悩のない
抑うつ状態に逃避しているようにみえるタイプの鬱病です。過保護な母
親から甘やかされて育ち、友人関係もそつなくこなし、知的水準も高い
ため、葛藤の少ない人生を送ってきた人に多いのです。自責的になるこ
とは少なく、仕事に対しては限局的に意欲を失い、遊びには比較的活発
なのが普通です。
 第2は「未熟型うつ」です。
 本人の要求がかなえられない状況でうつ状態になると、他者に依存す
るのです。そして依存がかなえられないと攻撃的になります。人格的成
熟に対応して「未熟」と呼称しています。病前性格は依存的でわがまま、
自己中心的、自己顕示的、自己の能力を過大評価する傾向があります。
日内変動、早朝覚醒、食欲低下も認められます。内因性うつ病に含まれ
るとみなされています。
 第3は「現代型うつ」です。
 比較的若いサラリーマンに典型的に見られる軽症の内因性鬱病です。
組織への一体感や忠誠心を拒否し、同僚との連帯感も乏しく、仕事熱心
ではないのです。負荷が過大になり仕事をこなすと、さらに負荷が増大
する状況で症状が顕著になります。他人に迷惑がかかるという罪悪感、
自責感に乏しい印象があり趣味などの個性を発揮する領域で強迫傾向が
認められます。
 第4は「非定型うつ」です。
 コロンビア大学研究グループは、鬱病患者の中でモノアミン酸化酵素
阻害薬がよく効く患者群を報告してきています。状況によって元気にな
ったり、落ち込んだりして、気分の浮き沈みが激しいのが最大の特徴で
あり、それが基本となる症状です。過眠・過食、とくに気分が落ち込ん
でいるときに、いくら寝ても、食べても満足しないという状態がよく起
こります。睡眠のリズムが乱れ、日常生活に支障が出てきています。

●なぜ「新型うつ」が増えるのか

 「新型うつ」などと称して、典型的な鬱病とは異なった新しいタイプ
の鬱病が話題になっています。それは鬱病かそうでないかの見分けのつ
かない鬱病です。「仕事中はうつ、会社の外では元気」というのが、ひ
とつの典型的な症状です。どうして、このようなタイプの鬱病が増える
のかについては、次の4つの理由があります。
――――――――――――――――――――――――――――――――
         1.鬱病の概念が広がっている
         2.抗鬱剤が発展し売上げ向上
         3.ストレスの過大な現代社会
         4.心療内科クリニックが増加
――――――――――――――――――――――――――――――――
 第1に鬱病の概念が広がったのは、DSM──米国精神医学会によっ
て定められたマニュアルであり、さまざまな病理の診断基準を示したも
の──これの誤訳というか、拡大解釈説が患者を増やしたといわれてい
るのです。
 第2に、昔からある病気が治療できるような治療薬ができると、その
病気が増えるといわれます。現在、抗鬱剤の売り上げが向上しているの
で、新しいタイプの鬱病が増えています。使いやすい抗鬱薬が増えたの
で、潜在的な鬱病患者が掘り起こされたのではないかともいわれていま
す。
 第3に現代社会の持つ必然性です。現代社会はストレスの多い状況に
あります。そういう時代には必然的に鬱病は増えるものです。「鬱病は
心のかぜ」というキャッチフレーズとともに「自称うつ」の患者が現在
増えつつあります。
 第4に最近心療内科クリニックが増加していることです。医師も商売
であり患者が多い科の医師になろうとします。最近の医師は、医師であ
りながら血を見ることを嫌い、生死に向き合うことを嫌がる人が少なく
ないのです。
 その点精神科は血も見ないし、生死と向き合う場面も少ないので、な
りたがる医師が多いのです。それも精神科というのは抵抗がありますが
「心療内科クリニック」というのであれぱ、抵抗感はないのです。患者
も来院しやすいし患者も多くので、流行るのです。
 今や人気のある精神科のクリニックは予約が多すぎて2年待ちなどい
うところもあります。現代では、失恋して落ち込んでいる人まで鬱病に
されてしまうし、とくに若い人を中心に「自称うつ」が増えているので
す。そういう時代とはいえ、この風潮は問題のあることであるであると
思います。                 ──[鬱の話/12]
                          
posted by キーヘルス at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鬱の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。